車の実燃費(10・15モードとJC08モード)

車を選ぶ際に重要なポイントの1つとして、"燃費"があります。

燃費が悪いと毎回のガソリン代が高くつきますので、維持費という面からみても重要な部分です。

しかし、インターネットや車の雑誌なんかを眺めていると、10・15モードという表記があったり、最近ではJC08モードという表記があったり、初めて車を選ぶ方は困ってしまうと思います(^^;)

さて、この10・15モードとJC08モードですが、それぞれ違った基準で車の燃費を測定しています。

従来は10・15モードで測定した燃費しか表記していませんでしたが、10・15モードというのは、テスト時の加速にかける時間が極めて長かったり、測定するスピードが一般道よりも遅いなど、実際の走行状況との違いが大きく、正しく燃費が表示できていないという問題点がありました。

車を運転したことのある方はわかると思いますが、実際街中を走行してみると、カタログ表示されている燃費と実燃費とでは、実燃費の方が60〜80%程度燃費が悪くなるという経験をしたことがあると思います。

そこで、より実燃費に近い表記をするために、測定基準を新たに見直したJC08モードが登場しました。

10・15モードとJC08モードの違い

項目 10・15モード JC08モード
測定開始
エンジンが暖まった状態から
エンジンが冷えた状態から
平均速度
22.7km/h
24.4km/h
最高速度
70km/h
81.6km/h
所要時間
660秒
1204秒
走行距離
4.165km
8.172km

上の表をみてみると、JC08モードの方が、所要時間が2倍程度延びており、すべての項目において、10・15モードより厳しい基準になっているのが、わかると思います。

JC08モードの方が測定基準が厳しいので、通常カタログ表記されている10・15モードより燃費は下がる傾向にあります。

従来の10・15モードでは、実燃費との差が大きく違っておりましたので、2011年4月1日以降に発売される車は、すべてJC08モードの燃費表示が義務付けられました。

しかし、JC08モードであっても、やはり実燃費よりはいい数字がでてしまいますので、本当の実燃費を知りたければ、インターネットの口コミなどを見て、実際にその車に乗っている人の意見が1番参考になります。

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2017 Freeb Inc.