車の維持費から選ぶ

車というのは所有しているだけでいろいろな「税金」がかかります。

また公道を走るためには、車検もあれば自賠責保険・任意保険にも加入しなければなりません。

たくさん距離を走る人は、ガソリン代も気になるところです。車は消耗品の塊ですから、定期的なオイル交換やタイヤ交換もしなければなりません。

軽自動車・コンパクトカー・普通車の維持費比較!

今回は例として、軽自動車=ワゴンR、コンパクトカー=フィット(1300cc)、普通車=セレナということで、1年間にどれくらいの維持費がかかるのか比較しています。

ワゴンR フィット セレナ
ワゴンR フィット セレナ
1年間の軽自動車・コンパクトカー・普通車の維持費比較
項目 軽自動車 コンパクトカー 普通車
自動車税 7200円 34500円 39500円
重量税 3800円 15000円 30000円
車検費用 40000円 50000円 60000円
自賠責保険料 13600円 15110円 15110円
任意保険料 140000円 180000円 210000円
以下、1年間10000km走行した場合の費用
ガソリン代 100000円 80000円 125000円
オイル交換代 6000円 7000円 7000円
タイヤ代 9000円 10500円 19000円
合計 319600円 392110円 505610円

※ 車検費用と重量税は2年毎に支払いますので、1年分を÷2で計算しています。
※ 車検費用と任意保険料は、プランや条件によって料金が異なりますので、平均的な金額で計算しています。
※ 任意保険料は、新規で契約する場合で、年齢制限なし・6等級(新規)で計算しています。
※ タイヤ代(工賃込み)は、3年間で1回、前後4本交換した場合の費用÷3で計算しています。

いかがでしょうか?

軽自動車・コンパクトカー・普通車で維持費がどれくらい違ってくるのか、だいたいの目安はわかったと思います。

やはり軽自動車が最も安く、特に自動車税や重量税などの税金関係が抜きん出て安いです。そりゃ今の日本の不景気の中で、3台に1台が軽自動車になるわけです(^^;)

車を維持費から選ぶとすると、まずは普通車は高いので論外として、残るは軽自動車とコンパクトカーです。

上の表によると、軽自動車とコンパクトカーの維持費の違いは、年間10万円以内だということがわかります。

コンパクトカーには、車種によって非常に燃費がよいハイブリッド車もありますので、1年間に1万km以上走る人では、ガソリン代が非常に安くなり、軽自動車の維持費とほとんど変わらないようになることも考えられます。

軽自動車は4人乗りですが、コンパクトカーは5人以上を乗せることができますし、排気量が大きい分、軽自動車よりも走行性能が優れています。

まとめますと、とにかく維持費を安く!という方は軽自動車。維持費はそこそこ安い方がいいけど、4人以上人を乗せたいとか、ある程度の走行性能が欲しいという方は、燃費のいいコンパクトカーを選ぶとよいでしょう!

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1ガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定

同じカテゴリーでも車種によって維持費が変わる!

オイル

維持費で選ぶなら、軽自動車やコンパクトカーが最適な車種となりますが、それぞれのカテゴリーの中でも維持費に違いの出る車種があります。

もっとも顕著な例となるのが、自然吸気エンジンとターボチャージャー装着エンジンです。

ターボ装着エンジンは、排気ガスの運動エネルギーによってターボチャージャーのタービンを回転させ、その回転を伝えるシャフトのトルクを利用して空気を圧縮、圧縮した空気をエンジンに送り込んで、より多くの酸素を燃焼させる仕組みになっています。

酸素の量が多くなれば爆発力が高まるので、小さなエンジンでも高出力を得られるため、軽自動車に最適なだけでなく、最近は普通車や小型車のダウンサイジング化にも大きな役割を果たしています。

以前のターボチャージャーは、圧縮した空気との燃焼率からガソリンが多く使われましたが、現在は燃料噴射装置の改良によって、ターボ装着エンジンでも自然吸気エンジンに近い燃費効率を実現できるようになりました。

ダイハツのタントを例にとると、自然吸気エンジンのJC08モードが28.0km/Lであることに対して、ターボ装着モデルは26.0km/Lまで達しており、この差は運転の仕方次第で簡単に埋まるので、ガソリン代に関しては維持費の差がほとんどありません。

ターボ装着車はエンジンオイル代を想定しておく!

ターボ装着モデルの維持費で差がつくのは、オイル代です。自然吸気エンジンであれば5000〜10000kmはオイル交換が不要ですが、ターボ装着エンジンでは、3000〜5000kmでの交換が要求されます。

ターボチャージャーのシャフトは、エンジンオイルが循環しています。

オイルが劣化してドロドロの状態になると、高速で回転するシャフトがスムーズに動作しなくなることから、常に新鮮なオイルが求められ、劣化したオイルを使い続けるとターボチャージャーが焼付けを起こして、最悪ターボチャージャーの交換という事態を招きかねません。

ターボ車のオイル交換は、自然吸気エンジンの2〜3倍の費用が必要と想定しておいてください。

その他の車種としては、軽自動車でも車内が広いキャブオーバー型は、後輪駆動を採用しているので燃費効率が悪くなり、コンパクトカーでもミニバンタイプは、空気抵抗が増えるので同様に低い燃費になります。

軽やコンパクトカーにはSUVも増えていますが、一般的にSUVはソフトコンパウンドの大径タイヤを装着しているので、タイヤ交換の時期が早く、しかもタイヤの価格そのものが割高になります。

維持費で選ぶなら、スタンダードな自然吸気エンジンを搭載した2BOXハッチバックタイプがベストです。

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2017 Freeb Inc.