車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 車種別!車の人気ランキング > ミニバンの人気ランキング!

ミニバン - 車の人気ランキング!【2017年】最新!

  • ミニバンは普通車クラスでは最大の室内空間を誇っており、特にファミリー層には抜群の人気を誇る!
  • ほとんどの車種が3列目シートを備えており、7~8人乗りと大人数を乗せることができる!
  • サーフボード・スノボー・自転車など、荷物が多いレジャーをする方にも最適!
  • 室内が広く窓が大きいので、抜群の開放感!窮屈感がなくロングツーリングにも向いている!
  • ミニバンはメーカー各社の競争が激しい部門なので、240~300万円とリーズナブルな価格設定
  • 人気があるのは5ナンバーサイズのミニバン!

現在、車を購入する方の約6割の方が、中古車を購入しています!最近の中古車は性能がよく壊れず保証もついているので、お買い得感が強い車が増えているためです!新車・中古車をご検討中の方は、中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、一度見積もりをとってみましょう!
既に車をお持ちの方はいくらで売れるのか、試しに買取査定をしてみましょう→「 中古車買取実績No.1ガリバー

ミニバン人気ランキング【1位~10位】

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  シエンタ ヴォクシー(新型) セレナ ノア(新型) ステップワゴン フリード ヴェルファイア エスクァイア アルファード オデッセイ(新型)
車名 シエンタ ヴォクシー セレナ ノア ステップワゴン フリード ヴェルファイア エスクァイア アルファード オデッセイ
メーカー トヨタ トヨタ 日産 トヨタ ホンダ ホンダ トヨタ トヨタ トヨタ ホンダ
室内長(mm) 2535 2930 3060 2930 3220 2625 3210 2930 3210 2935
室内幅(mm) 1470 1540 1480 1540 1500 1440 1590 1540 1590 1625
室内高(mm) 1280 1400 1380 1400 1425 1265 1400 1400 1400 1325
総排気量 1496cc 1986cc 1997cc 1986cc 1496cc 1496cc 3456cc 1986cc 3456cc 2356cc
車両重量 1310kg 1560kg 1610kg 1560kg 1630kg 1290kg 1920kg 1570kg 1920kg 1720kg
乗車定員 6~7人 7~8人 8人 7~8人 7~8人 6~7人 7~8人 7~8人 7~8人 7~8人
最小回転半径 5.2m 5.5m 5.5m 5.5m 5.4m 5.2m 5.6m 5.5m 5.6m 5.4m
JC08モード燃費 27.2km/L 23.8km/L 16.0km/L 23.8km/L 17.0km/L 21.6km/L 19.4km/L 23.8km/L 19.4km/L 14.0km/L
エコカー減税 100%減税 100%減税 40%減税 100%減税 60%減税 80%減税 100%減税 100%減税 100%減税 40%減税
車体価格帯 168万9000円

232万9000円
228万4000円

322万9000円
228万5000円

301万6000円
228万4000円

322万9000円
228万8000円

308万1000円
174万6000円

239万2000円
319万7000円

703万6000円
268万8000円

325万5000円
319万7000円

703万6000円
276万円

373万1000円
評価 シエンタの評価・レビュー ヴォクシーの評価・レビュー セレナの評価・レビュー ノア(新型)の評価・レビュー ステップワゴンの評価・レビュー フリードの評価・レビュー ヴェルファイアの評価・レビュー エスクァイアの評価・レビュー アルファードの評価・レビュー オデッセイ(新型)の評価・レビュー
中古車検索

2016年のミニバン人気ランキングは3メーカーの混戦!

ミニバン市場は小型車・普通車のサイズでもっとも激戦区となっており、2016年度に限らず、ここ数年は激戦傾向が続いています。ミニバン人気ランキングではトヨタのヴォクシーを始めとするバッジエンジニアリングの3兄弟、日産のセレナ、ホンダのステップワゴンが上位グループを占めていますが、2016年度の変化としてはコンパクトミニバンが台頭してきたことです。

ミニバン市場はコンパクトサイズ、5ナンバーサイズ、フルサイズに分類できるので、それぞれについて解説します。

5ナンバーサイズのミニバンはそれぞれのメーカーが持ち味を発揮!

バッジエンジニアリングのミニバンで市場を席巻するトヨタ

激戦区の中でトヨタ、ホンダ、日産が三つ巴を繰り広げているのが5ナンバーサイズミニバンです。トヨタは2014年にフルモデルチェンジしたヴォクシーとノアが全タイプランキングでも上位に入るほど好調で、高級志向のエスクァイアが後に続くという展開を見せています。

これら3車は1つの基本モデルを中心にエクステリアを変更して個性の味付けをした姉妹車で、同じトヨタでも異なる販売チャンネルで競合することが新車販売数につながる要因のひとつになっています。

ホンダは2015年にフルモデルチェンジしたステップワゴンが主力ミニバンとなります。5ナンバーミニバンはステップワゴンによって市場開拓されただけに蓄積されたノウハウは多く、車内空間の広さはトップクラスを誇ります。

この広さを作り出している技術のひとつがガソリンタンクを車体中央下に配置するセンタータンクレイアウトです。通常は後部席後方にレイアウトされるガソリンタンクが移動したことでラゲッジルームの拡大も果たし、後部席を収納すると63Lと80Lのスーツケースを5個積載できるスペースを確保しました。

2016年後半から巻き返した日産のセレナ

3メーカーのミニバンの中でもっとも最新型となるのが2016年にフルモデルチェンジした日産のセレナです。高速道路や自動車専用道路など同一車線上の自動運転装置、オートパイロットで話題を集めましたが、2列目中央シートのアレンジによって3列目シートからのウォークスルーができるなど多彩な使い方ができるスマートマルチセンターシートが好評で、オートパイロット搭載以前からミニバンの人気ランキングでは上位をキープしていた車種です。最新型はピラー類をブラック塗装してフローティングルーフにしたり、フロントマスクをアグレッシブにしたり、とエクステリアも洗練されたデザインになっています。

2016年のコンパクトミニバンはトヨタとホンダが人気を二分

コンパクトミニバンの概念を変えて人気を集めたシエンタ

コンパクトミニバンは5ナンバーミニバンよりも全長、全高ともに200mm前後小さいサイズの3列シートを備えた車種です。6〜7人乗る機会が少ないユーザーに取って5ナンバーサイズ以上のミニバンは不経済であることに加え、ボディサイズが大きいために操縦性能が悪いというデメリットがあります。これを解消するサイズとなったのがコンパクトミニバンで、ほとんどの車種がコンパクト2BOXハッチバックカーをベースに開発されています。

トヨタのシエンタは前方をヴィッツと共通のNBCプラットフォーム、後方は小型FF車専用のMCプラットフォームを使用しています。ミニバンはスクエアボックスというイメージから脱却し、曲線のフォルムと樹脂製モールを多用してトレッキングシューズのような外観にデザインしたことが大きな特徴です。

2016年にフルモデルチェンジして巻き返しを図るフリード

シエンタはガソリンタンクやハイブリッド用バッテリーを2列目シート下にレイアウトしたことによって広い車内空間を確保、2016年度は全タイプ人気ランキングでもトヨタのハイブリッド2車種に次ぐ売れ行きを見せました。

2代目シエンタ登場以前はコンパクトミニバンの第1位であったホンダのフリードは2016年6月にフルモデルチェンジを行い、シエンタの追撃体制に入りました。フロントピラーを細くしてコーナーウインドウを広くするなど細かな改良点に加え、ハイブリッド仕様には世界で初めて量産化に成功した重希土類フリーのネオジム磁石をモーターに使うなど、環境性能も高めています。

2016年のフルサイズミニバンの人気度はトヨタの圧勝

エルグランドの人気復活に期待

フルサイズミニバンは現在、トヨタ以外にランキング内で競い合う車種はなく、アルファードとヴェルファイアが安定してトップを維持している状態が続いています。唯一のライバル車であり、フルサイズミニバンの元祖でもある日産のエルグランドは2010年以降フルモデルチェンジが行われておらず、マイナーチェンジも2014年が最後となっていることからトヨタの2車種からは大きく引き離されています。

しかし5ナンバーサイズのセレナがフルモデルチェンジを行なったことから2017年には統一デザインのエルグランドが登場する予定となっており、トヨタもこれまでのようにフルサイズミニバンで安穏としていられない状況になることが早くも予想されています。

 

マツダは2016年にミニバン市場からの撤退を表明

マツダはフルサイズミニバンでプレマシー、5ナンバーミニバンではビアンテをそれぞれ販売していますが、2016年4月にミニバン市場から撤退する方針を発表しました。その理由はミニバンの開発費をSKYACTIV搭載の現行車へ回すことが優先という内容で、現在販売されている2車は在庫がなくなり次第販売終了になります。

その他のフルサイズミニバンとしては三菱のデリカD:5とスバルのエクシーガ・クロスオーバー7があります。どちらもラグジュアリー系ではなくオフロード走行にも強いクロスオーバーSUVとなっていることが特徴で、トヨタ2車を追従するほどの販売台数を上げているわけではありませんが、コアなファンが多いことから年間を通じて低いながらも安定した販売成績を残しています。

ミニバンの人気トレンド

現在、国産乗用車のカテゴリーで軽自動車に次いで高い人気を集めているのがミニバンです。3ナンバーの普通サイズが含まれるのでミニではなく、商用車ではないのでバンでもありませんが、類似するアメリカのボンネットバンが国産車から見るとあまりに巨大だったことから、その縮小サイズという理由でミニバンと呼ばれるようになりました。

日本の車両区分ではミニバンもステーションワゴンに分類されるので、このランキングでは2BOXタイプでも3列シートを持つタイプに限ってエントリーさせています。結果、ホンダのステーションワゴンタイプのオデッセイがランクインしました。

ミニバン全体のランキングを見ると、ハイブリッド同様にトヨタとホンダが圧倒的に強く、その中で日産が健闘している状況です。日産のセレナはミニバンの売上台数で6年連続第1位の座を獲得したこともありました。5ナンバーの小型車サイズでありながら3列シートを備え、高い燃費効率とシャープなフロントマスクが人気の要因です。

しかしフルモデルチェンジが2010年とすでに経過年数が長いことからセレナの持つ優位性にライバル車が追いついてしまい、現在は肩を並べる状態になっています。また5ナンバーサイズ初のミニバンとなったホンダのステップワゴンも現在は元気がなく、トヨタと日産の後塵を拝する形になっています。

フロントマスクの押出の強さが人気を集める要因のひとつ!

フロントにエンジンをレイアウトし、前輪を駆動させるミニバンで5ナンバーサイズとなると、車内空間を最大限に取った場合、どうしてもボディのフォルムがどの車種も似てしまいます。そこでトヨタはフロントマスクを大胆に変更してユーザーにライバル車との違いをはっきりとアピールしました。

それがランキング上位を占めるノアヴォクシーエスクァイアのバッジエンジニアリングによる3兄弟車です。ボディフォルムや車内装備はほとんど同一ですがフロントマスクが大きく異なっており、比較的おとなしめにデザインされたノアでもラジエターグリルに太いシルバーメッキモールを3本配置、ヴォクシーはロアグリルをフロントフェンダー手前のサイドまで切り込んでカスタム的なデザインとなっており、エスクァイアにいたっては、まるでクジラのヒゲのようなシルバーメッキモールを縦にびっしりと埋め込んだラジエターグリルを採用、一際、異彩を放っています。

ユーザーにとっても5ナンバーサイズのミニバンは性能的に大きな差がないと感じているだけに、このフロントマスクの押出の強さは、現在のミニバンの人気トレンドといえます。

なお、5ナンバーミニバンは前述したように多少、古いモデルでも現行車との性能差や車内空間の違いはありません。ミニバンは丁寧に乗っている人が多いだけに、中古車の購入でも新車購入とそれほど遜色がないといえます。

ミニバンのランキング表の見方

こちらのページでは、ミニバンを売れている順にランキングしています!
燃費価格エコカー減税」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から月の販売台数が多い順(人気順)となっております。

1)室内長・室内幅・室内高は、室内空間の広さを表します。
2)最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
3)JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
4)エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
5)価格帯では、グレード別の車体価格の幅がわかります。
車体価格ですので実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

現在、車を購入する方の約6割の方が、中古車を購入しています!最近の中古車は性能がよく壊れず保証もついているので、お買い得感が強い車が増えているためです!新車・中古車をご検討中の方は、中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、一度見積もりをとってみましょう!
既に車をお持ちの方はいくらで売れるのか、試しに買取査定をしてみましょう→「 中古車買取実績No.1ガリバー

車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 車種別!車の人気ランキング > ミニバンの人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >