車の購入時にかかる税金以外の諸費用

車を購入する際にはさまざまな諸費用がかかりますが、車にかかる税金以外にかかる諸費用には、下記のようなものがあります。

車にかかる税金以外の諸費用

  • 車庫証明費用
  • 納車費用
  • 納車整備費用
  • 検査登録(届出)手続き代行費用
  • 下取り車手続代行費用
  • ナンバー変更手続き代行費用
  • リサイクル法関連費用

それぞれについて、詳しくご説明したいと思います(^^)

車庫証明費用

新車・中古車を購入すると、陸運局での登録をするために「車庫証明書」が必要になります。(軽自動車の場合は車庫証明ではなく保管場所届出が必要となりますが、地域によっては保管場所届出が不要な場合もあります)

この車庫証明書の取得手続きを代行してもらうと、約2,600円の印紙代(都道府県によって異なる)とは別に、代行費用として請求されます。代行費用ですので、購入者が自分で行えば費用はかかりません。

費用の相場は5,000〜20,000円程度です。

納車費用

購入した車を販売店から購入者の自宅まで届けてもらうための費用です。 購入者が自分でお店まで車を取りに行けば、この費用はかかりません。

費用の相場は5,000円〜15,000円程度です。

納車整備費用

新車であれ中古車であれ、お店には自動車を販売する責任がありますので、各部の調整や点検を行います。また、洗車・内装のクリーニング・ワックスがけなども行います。

費用の相場は5,000円〜15,000円程度です。

検査登録(届出)手続き代行費用

新車は陸運局でナンバーを取得するために検査登録をする必要があり、この登録をディーラーに代行してもらうための費用と、登録するために必要となる車庫証明書の取得を代行してもらうための費用です。

代行料ですので、検査登録を購入者が自分で行えば費用はかかりません。(検査登録費用約3,000円は必要です)

費用の相場は、15,000〜30,000円程度です。

下取り車手続代行費用

下取り車がある場合、下取り車のナンバー付け替え手続きの代行費用です。金額は販売店と陸運支局の距離によって変わり、販売店ごとの差も大きいです。下取り者手続き代行費用をとらないお店もあります。

費用の相場は5,000円〜15,000円程度です。

ナンバー変更手続き代行費用

車検切れの車や他地域のナンバーが付いている車を購入した場合、車を陸運局までもっていき、新しいナンバーを取得するための代行費用です。代行料ですので、購入者が自分で行えば費用はかかりません。

費用の相場は、5,000円〜15,000円程度です。

リサイクル法関連費用

2005 年より導入されたエアコンのフロンガスやエアバッグなどを処理するための費用です。

すでにリサイクル料金を販売店が支払っている場合、リサイクル預託金相当額として請求されます。車によっては車両本体価格に含まれている場合もあります。

費用の相場は車種により違いますが、10,000〜25,000円程度です。

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定
車選びコンサルティング

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2017 Freeb Inc.