ディーラーか車販売店か

車を新車で買うにしろ中古車で買うにしろ、車屋さんで購入することが一般的です。

車屋さんには、ディーラー街の車販売店があります。街の車販売店というのは、民間会社や個人経営の車屋さんのことです。

ディーラー=新車、街の車販売店=中古車というイメージがありますが、ディーラー系の中古車屋さんもありますし、街の車販売店でも新車は買えます。

ディーラーと街の車販売店ではどう違うのか、解説したいと思いますm(_ _)m

新車を購入する場合

車を新車で購入する場合は、ディーラーで購入することが一般的ですが、街の車販売店でも購入することができます。どちらで購入しても、メーカーオプションや販売店オプションをつけることができます。

通常、ディーラーで車を購入すると、ディーラーは自動車メーカーに車を発注します。

一方街の車販売店で新車を購入すると、販売店からディーラーに車を注文し、ディーラーから自動車メーカーに車を発注しますので、間に必ずディーラーが入ることになります。結局どこで買っても同じ流れになります。

価格的には、街の車販売店で購入する方が安くなることが多いです。なぜなら安くしないと、みんなディーラーで新車を購入するからです(^^;)

ディーラー以外のお店の場合は、ディーラーで仕入れてそれをお客に販売しています。業販といって普通の人よりも安く仕入れることができます。

その価格はお店によって違いますが、普通に買うよりも安いです。ですから私たち購入者は、ディーラーで買うよりも安く買えるのです。

また、新車購入後の保証ですが、新車保証書の販売店欄にはディーラー印が捺印されているので、街の車販売店で新車を購入しても、ディーラーと同じ保証が受けられます。

販売後のクレームやリコールの対処なども、街の車販売店が窓口とはなりますが、実際に対処するのは販売したディーラーになります。

修理やメンテナンスなどのアフターサービスは、ディーラーであればなんでもできますが、街の車販売店では、難しいものになればディーラーに持ち込むことがあり、時間がかかる場合があります。

以上のように、新車を購入する場合、ディーラーで購入しても車販売店で購入しても、それほど大きな違いはありません。ただし、街の車販売店は、接客やお店の質にバラつきがあり、それを見極めるのが非常に難しいという特徴があります。

ですので、私なら新車で購入するのであれば、無難なディーラーで購入します。

中古車を購入する場合

車を中古車で購入する場合は、中古車屋さんに行きますが、中古車屋さんには、ディーラー系の中古車屋さんと、街の中古車屋さんがあります。

価格面でいうと、街の中古車屋さんの方が安い場合が多いです。ただし、その分納車前のメンテナンスやアフターサービスなどが、ディーラー系の中古車屋さんに比べて弱い場合が多いです。

ディーラー系の中古車屋さんは、価格面でいうと少し高く設定されていますが、しっかりとメンテナンスされており保証も手厚いので、信頼性の高い中古車が購入できます。

街の中古車屋さんでも、信頼のおける良いお店もあるのですが、中には心無い業者がおり、事故車だったり程度の悪い車だったりすることもあります。知らないお店の場合、このあたりの見極めは非常に難しいです。

ですので、価格が少し高くても信頼できる中古車を購入したいならディーラー系の中古車屋さんで購入する。価格重視で安く中古車を購入したい場合や、既にそのお店を知っていて、信頼できるなら街の中古車屋さんで購入するのがよいでしょう!

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定

運営元:Freeb株式会社 お問い合わせ
当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 車の選び方・購入ガイド! Since 2011/12/27-