ディーラーとは?街の車販売店との違い

車を新車で買うにしろ中古車で買うにしろ、車屋さんで購入することが一般的です。

安くて保証のしっかりした中古車はこちら

車屋さんには、ディーラー街の車販売店があります。街の車販売店というのは、民間会社や個人経営の車屋さんのことです。

ディーラー=新車、街の車販売店=中古車というイメージがありますが、ディーラー系の中古車屋さんもありますし、街の車販売店でも新車は買えます。

それではディーラーと街の車販売店ではどう違うのか、詳しく解説したいと思います。

ディーラーと車販売店の違い

新車の購入先としては、ディーラーと販売店の2つがあります。まずは、それぞれの違いや特徴などについてご説明します。

ディーラーとは

ディーラー

ディーラー(自動車ディーラー・カーディーラー)とは、特定の自動車メーカーと「特約店契約」を結んだお店のことです。

「トヨタ」「ホンダ」「日産」などのように、一つのメーカーだけの看板を掲げている点が特徴となっています。

たとえばトヨタなら、「トヨタ」のほかにも「トヨペット」「トヨタカローラ」「Netz(ネッツ)」「レクサス」などのお店がありますが、これらはいずれもトヨタのディーラーです。

ディーラーは、製品を直接メーカーから仕入れて販売します。また、販売だけではなく点検や整備などのアフターサービスも行ないます。

ディーラーのメリット

安心感がある

ディーラーは、自動車メーカーと直接取引をする販売店であることから、顧客にとって安心感がある点が大きなメリットです。

もちろん、扱っている製品はすべてメーカーの純正品となります。

サービスの質が一定

メーカーと特約店契約を結んでいるディーラーでは、どの店舗もメーカーの基準に沿ったサービスを提供しています。

そのため、スタッフの対応や点検整備の質などが一定であり、お店によって当たりはずれが少ない点もメリットです。

ディーラーのデメリット

他社の車は扱っていない

ディーラーは特定の自動車メーカーと取引するお店ですので、その他のメーカーの製品は一切扱っていません。

そのため、「このメーカーの車がほしい!」という人には向いていますが、複数のメーカーの中から車を選びたい人には不向きです。

値引きに限界がある

ディーラーで新車を購入する際、交渉によってメーカーの希望小売価格からいくらか値引きされることが一般的です。

しかし、あまり気前よく値引きしてしまうと、メーカーからディーラーに入るマージンが少なくなるため、値引き額には限度があります。

つけるオプションなどにもよりますが、車両本体の値引きは10〜20%が平均的です。

販売店(サブディーラー)とは

サブディーラー

※中古車販売店ベストプランニング公式サイトより引用

車の販売店とは、特定の自動車メーカーと特約店契約を結んでいないお店のことです。

メーカーの正規ディーラーではないという意味から、「サブディーラー」と呼ばれることもあります。

こうした販売店では、さまざまなメーカーの車を取り扱っていますので、複数のメーカー名の看板が掲げられている点が特徴です。

また、メーカーから直接仕入れするディーラーと異なり、販売店ではディーラーを経由して車を仕入れています。

販売店のメリット

価格が安い

販売店の大きなメリットが、ディーラーよりも車の価格が安いことです。

普通に考えると、メーカーと直接取引しているディーラーのほうが車体価格は安いイメージがあるのですが、実際は販売店のほうが安く販売しています。

その理由の一つは、販売店が「業販価格」という特別価格で新車を仕入れているからです。特に営業成績のいい販売店ほど、業販価格は安くなります。

そしてもう一つの理由が、「ディーラーより安くしないと車が売れないから」です。

ディーラーと同じ価格で売っていては、誰も販売店で買おうと思わないため、販売店では利益を多少削ってでも安く販売します。

複数のメーカーから選べる

販売店ではさまざまなメーカーの車を取り扱っているため、幅広い選択肢の中から自分に合った車を選べる点もメリットです。

スタッフも特定のメーカーの車を強くすすめることはありませんので、車選びの相談でも中立的なアドバイスをもらえます。

販売店のデメリット

サービスの質にバラつきがある

販売店は、ディーラーのように特定のメーカーの基準に沿って営業しているわけではないため、スタッフの知識量や接客の質はお店によってさまざまです。

特に車にあまりくわしくない方は、できるだけ優秀なスタッフのいる、評判のいい販売店を選ぶことをおすすめします。

整備や修理ができない場合がある

販売店でも、自社の整備工場で点検整備を行なうところが多いのですが、最近は電子制御の技術が使われた車が多いため、修理の内容によってはディーラーの工場でしか取り扱えないこともあります。

また、購入後の保証制度も店舗によりさまざまですので、事前にしっかり確認が必要です。

ディーラー系中古車販売店と、中古車販売店の違い

中古車の購入先も、ディーラー系と非ディーラー系の2つに大きく分かれます。それぞれの違いと特徴について見ていきましょう。

ディーラー系中古車販売店とは

カーロッツ

※カーロッツ浜松公式サイトより引用

ディーラーというと、上でご説明したように「新車を売るお店」というイメージがありますが、実際は中古車も販売しています。

たとえば、トヨタの「カーロッツ」や、ホンダの「オートテラス」、日産の「カーミナル」などが有名です。

ディーラーの店舗に併設されているほか、単独の店舗として営業しているところもありますし、最近はインターネットから在庫を検索できるお店も増えています。

こうしたディーラー系中古車販売店で売られている車の多くは、新車を売った際に下取りした車です。

そのため、必ずしも特約店契約を結んでいるメーカーの車だけとは限らず、他社の車も売られていることがあります。

ディーラー系中古車販売店のメリット

メンテナンスや保証が充実している

ディーラー系中古車販売店の大きなメリットの一つが、充実したアフターサービスです。

中古車は新車と違い、購入後の故障やトラブルが不安材料ですので、特に保証制度は重要です。

そこで、最近のディーラー系中古車販売店では保険会社と提携し、手厚い保証サービスを用意しています。

たとえば、トヨタの「ロングラン保証」や、ホンダの「ホッと保証」では、購入後1年間、走行距離無制限で、消耗品やオイル類を除いたほぼすべての部品を無料で交換してもらえます。

さらに少し費用を足せば、保証期間を2年、3年と延長することも可能です。

また、何かあった場合もディーラーならではの設備の整った工場で、質の高い整備や修理を受けられます。

品質のいい中古車が多い

ディーラー系中古車販売店では、扱われている中古車が高品質である点も魅力です。

そもそも車の状態が良くないと、充実した保証サービスをつけることはできません。

保証がしっかりしているということは、つまり走行距離が比較的少なく、事故歴などのない車が中心ということでもあるのです。

ディーラー系中古車販売店の場合、下取り車だけではなく、ディーラーで使われていた展示車や試乗車などが入ってきやすいことも関係しています。

車の使用履歴がわかりやすい

ディーラーに入ってくる車は、使用者の履歴が比較的わかりやすい点も安心です。

一般の中古車販売店の場合、主にオートオークションで仕入れた車を販売しているため、車の正確な履歴がわかりにくいことがあります。

その点、ディーラーでは自社で新車販売した車を下取りするケースが多いため、どんな人が乗っていたのか、修理歴はあるのか、などの情報を把握しやすく、問題のない車だけを中古車として販売することが可能です。

ディーラー系中古車販売店のデメリット

価格が高い

ディーラー系中古車販売店ではアフターサービスが充実している分、車の価格は非ディーラー系に比べると高い傾向にあります。

多少高くても、安心できる中古車を選びたい方におすすめです。

他社の車の品ぞろえが少ない

ディーラー系中古車販売店では、他メーカーの車も販売されていることがありますが、やはり自社の車のほうが種類は豊富です。

そのため、メーカーにこだわらず中古車選びをしたい方には向いていないかもしれません。

街の中古車販売店とは

ガリバー

街の中古車販売店とは、ディーラー系ではない一般の中古車販売店のことです。

「ガリバー」や「ビッグモーター」のような大手から、個人で経営しているような小さなお店まで、全国各地に多数の中古車販売店があります。

特に大手では、販売だけではなく買取も行なうことが多いです。

街の中古車販売店のメリット

価格が安い

街の中古車販売店では、ディーラー系に比べると車の価格は低めに設定されていますので、コスト重視の方に向いています。

色々なメーカーの車がそろっている

街の中古車販売店では、ディーラー系と違って特定のメーカーにかたよらず人気車種を取りそろえているため、選択肢が豊富である点もメリットです。

街の中古車販売店のデメリット

アフターサービスが充実しているとは限らない

ディーラー系と異なり、街の中古車販売店はサービスの質が一定ではないため、購入後の保証制度もお店によりさまざまです。

保証があっても「購入後3ヶ月間」など、期間が短すぎたり、走行距離に制限があったりすることもあります。

ただし、最近は「最長10年保証」を用意するガリバーのようなお店も出てきているため、一概に「非ディーラーだから保証が弱い」とはいえません。各店のサービスをしっかり比較検討することが大切です。

車の使用履歴がわかりにくい

街の中古車販売店では、ディーラー系と違って車をオークションで仕入れるため、使用履歴が正確にわからないことがあります。

中古車販売店がメーターの改ざんをしたり、事故車であることを隠したりするケースは少ないのですが、オークションに出品される以前にそのようなことが行なわれている可能性はゼロではありません。

ただし、買取も行なっている販売店であれば、自分たちで買い取った車を中心に販売していますので、その点はやや安心です。

以上の基礎知識を踏まえて、車を買うならディーラーと販売店のどちらがいいのかを、新車と中古車別に解説していきます。

新車を購入する場合はディーラーと車販売店どちら?

車を新車で購入する場合は、ディーラーで購入することが一般的ですが、街の車販売店でも購入することができます。

どちらで購入しても、メーカーオプションや販売店オプションをつけることができます。

通常、ディーラーで車を購入すると、ディーラーは自動車メーカーに車を発注します。

一方街の車販売店で新車を購入すると、販売店からディーラーに車を注文し、ディーラーから自動車メーカーに車を発注しますので、間に必ずディーラーが入ることになります。結局どこで買っても同じ流れになります。

価格的には、街の車販売店で購入する方が安くなることが多いです。なぜなら安くしないと、みんなディーラーで新車を購入するからです(^^;)

ディーラー以外のお店の場合は、ディーラーで仕入れてそれをお客さんに販売しています。

車販売店は「業販」といって、ディーラーで新車を購入する場合でも、一般の方よりもかなり安く仕入れることができます。

その価格はお店によって違いますが、普通に買うよりもかなり安いです。ですから私たち購入者は、ディーラーで買うよりも安く買えるのです。

また、新車購入後の保証ですが、新車保証書の販売店欄にはディーラー印が捺印されているので、街の車販売店で新車を購入しても、ディーラーと同じ保証が受けられます。

販売後のクレームやリコールの対処なども、街の車販売店が窓口とはなりますが、実際に対処するのは販売したディーラーになります。

修理やメンテナンスなどのアフターサービスは、ディーラーであればなんでもできますが、街の車販売店では、難しいものになればディーラーに持ち込むことがあり、時間がかかる場合があります。

特に最近では車もコンピューター制御が一般的になり、ディーラーにあるシステムでないと修理できないことも多いです。

ただし、街の車販売店でも、ディーラーに置いてあるシステムを完備しているところもあります。

以上のように、新車を購入する場合、ディーラーで購入しても車販売店で購入しても、それほど大きな違いはありません。

ただし、街の車販売店は、接客やお店の質にバラつきがあり、それを見極めるのが非常に難しいという特徴があります。

ですので、私なら新車で購入するのであれば、無難なディーラーで購入します。

中古車を購入する場合はディーラーと車販売店どちら?

車を中古車で購入する場合は、中古車屋さんに行きますが、中古車屋さんには、ディーラー系の中古車屋さんと、街の中古車屋さんがあります。

価格面、信頼性、アフターサービスを比較してみます。

  ディーラー系中古車販売店 街の中古車販売店
価格 高い 安い
信頼性 高い バラバラ
アフターサービス 手厚い バラバラ

価格面でいうと、街の中古車屋さんの方が安い場合が多いです。

ディーラー系の中古車屋さんは、価格面でいうと少し高く設定されていますが、しっかりとメンテナンスされており保証も手厚いので、その分価格が高くなります。

かといって街の中古車屋さんがきちんと整備されていないかというとそうではなく、信頼のおける良いお店もあるのですが、中には心無い業者がおり、事故車だったり程度の悪い車だったりすることもあります。

知らないお店の場合、このあたりの見極めが非常に難しいのです。

そのため、ディーラー系中古車屋さんでは、価格は高いですが、ディーラーの名前を出しているだけあって、信頼性が高く、アフターサービスも自社メーカーのものであれば、非常に得意です。

街の中古車屋さんの場合では、価格は安いですが、信頼性やアフターサービスはお店によってバラバラです。そのため、ある程度のリスクがあることは知っておくことが大切です。

ただ、現在新車を購入する人より中古車を購入する人の方が多く、ガリバー のような大手では、"修復歴なし、100日以内返品サービス、最長10年保証"など、ディーラー系を超える保証を提供できるお店もでてきており、中古車の質が格段に良くなっているという現状もあります。

特に最近の車はほとんど壊れなくなってきていますので、中古車でも通常整備で何の問題もなく使えるケースが多いのです。(輸入車は割と壊れます^^;)

ですので、価格が少し高くても1番安心できる中古車を購入したいならディーラー系の中古車屋さんで購入する。

価格重視で安く中古車を購入したい場合や、既にそのお店を知っていたり、大手で保証が手厚い販売店であれば、街の中古車屋さんで購入するのもよいでしょう。

ディーラーと車販売店、結局どっちで買うべき?

商談

ここまでご紹介してきたように、ディーラーと一般の販売店には、それぞれ良い点もあればそうでない点もあります。

「結局、どっちで買えばいいの?」と悩める方のために、いくつかヒントを挙げてみますので、購入時の参考にしてみてください。

価格より安心感を重視する人は、ディーラーで決まり!

新車でも中古車でも、ディーラーは「価格は安くはないが、車の品質が良く、点検整備も安心して任せられる」という特徴があります。

特に新車の場合、サブディーラーのほうが安いとはいっても何十万円も違ってくることはまずないため、購入後のメンテナンスなどを考えても、ディーラーで買ったほうが何かと安心かもしれません。

価格重視&車にくわしい人は、販売店で新車購入もOK!

新車は基本的にディーラー購入が無難ですが、「少しでも安く買いたい」という方で、車の知識が豊富な方は、販売店を利用するのもいいと思います。

販売店はディーラーと違って、スタッフの知識や接客の質に差があるため、「スタッフのアドバイスを受けなくても、自分でいい車を選べる」という自信がある方に向いています。

値引き交渉が苦手な人は、販売店で新車を買ったほうがいいかも?

ディーラーで新車購入する場合、少しでも安く買うには値引き交渉のテクニックが必要になります。

あれこれ駆け引きをして、ディーラーに限界まで価格を下げてもらうのは意外と大変です。

そこで、性格的に交渉が苦手という方は、最初からディーラーより安く販売されていることの多いサブディーラーを利用したほうが、精神的な負担が少なく済む可能性があります。

自分に合った中古車がわからない人は、街の中古車屋さんで!

中古車を買う場合、最初から買いたい車(メーカー)が決まっているのであれば、そのメーカーのディーラー系中古車販売店を利用するのもいいのですが、まだ決まっていないのなら、街の中古車屋さんのほうがおすすめです。

さまざまなメーカーの車を多くそろえていますので、ディーラー系より選択肢が豊富ですし、スタッフも中立的な立場からアドバイスをしてくれます。

ただし、街の中古車屋さんはお店によってサービスの質に差があるため、できるだけアフターサービスがしっかりしていて、安心できる中古車を扱っているところを選ぶことが大切です。

たとえば買取も行なっているお店なら、自社で仕入れしている分、車の質に安心感があります。

ディーラーとはまとめ

車を買うなら、ディーラーと販売店のどちらがいいのかについてご説明しました。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、結局は「自分が何を重視するのか」によって違ってくる、ということになります。

いずれにしても、見積もりをもらうだけなら無料ですので、あちこち下見に行ったりネットで探したりして、いい車があれば見積もりをとりましょう。

特に中古車は台数が多く、年式や状態などによっても価格がピンキリのため、ネットの中古車見積もりサービスを利用するなどして、おおよその相場を把握することも大切です。

また、買取も行なっている中古車販売店なら、古い車の買取も一緒に依頼することでスムーズに乗り換えできます。その際は、なるべく高く買い取ってくれるお店を選びましょう。

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定
車人気ランキング

ページの1番上へ戻る

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2018 Freeb Inc.