車にかかる維持費徹底比較!

車にかかる税金では、車を購入し所有するとどのような税金がかかってくるのか解説いたしましたが、車の維持費はそれだけではありません。

ガソリン代やオイル交換代などの消耗品関係、自動車保険(自賠責保険料・任意保険料)などさまざまあります。

こちらのページでは、軽自動車・コンパクトカー・普通車のそれぞれで1年間の維持費がどれくらい変わってくるのか、詳しく比較してみたいと思います!

軽自動車・コンパクトカー・普通車の維持費徹底比較!

今回の比較では例として、軽自動車=タント、コンパクトカー=アクア、普通車=セレナを想定して維持費を算出しています。

タント アクア セレナ
タント アクア セレナ

1年間にかかる維持費の内訳

項目 軽自動車 コンパクトカー 普通車
自動車税 10,800円 34,500円 39,500円
重量税 3,800円 7,500円 10,000円
車検費用 40,000円 50,000円 60,000円
自賠責保険料 25,070円 25,830円 25,830円
任意保険料 77,100円 115,200円 126,100円
以下、1年間10000km走行した場合の費用
ガソリン代 54,600円 48,000円 99,960円
オイル交換代 6,000円 7,000円 8,000円
タイヤ代 9,000円 10,500円 19,000円
合計 226,370円 298,530円 388,390円

いかがでしょうか?

1年間の維持費でみると、軽自動車:226,370円、コンパクトカー:298,530円、普通車:388,390円となりました。

単純にボディサイズが大きくなるほど維持費も高くなっています。

それぞれの維持費の金額差は下表の通りです。

維持費の金額差

車種 金額差 車種
軽自動車 約7万円↑ コンパクトカー
コンパクトカー 約9万円↑ 普通車
軽自動車 約16万円↑ 普通車

軽自動車とコンパクトカーでは維持費は年間約7万円の金額差があることがわかります。

コンパクトカーと普通車ではさらに2万円アップの9万円の金額差、軽自動車と普通車では 約16万円もの金額差があります。

軽自動車の維持費はやはり最も安いですね。普通車の中でも大きな車の方が税金が高く燃費も悪くメンテナンス費用もかかるので、より維持費がかかるということがわかります。

月あたりの維持費比較

それぞれの車種の年間維持費がでましたので、12か月で割った1か月分の維持費は下表のとおりです。

項目 軽自動車 コンパクトカー 普通車
年間維持費 226,370円 298,530円 388,390円
月あたり 約18,864円 約24,878円 約32,366円

維持費を月あたりで算出してみると、ご自分の経済状況からみて車が維持できるかどうか判断することができます。

ただ、今回の維持費の算出では駐車場代を含んでおりません。

持ち家や郊外では駐車場代が無料もしくは数千円程度のためあまり考えなくてもよいですが、都心などでは月々数万円かかる場合がありますので、大きな出費になります。

まとめ

今回は軽自動車、コンパクトカー、普通車のそれぞれで年間の維持費と月あたりの維持費を算出し比較してみました。それぞれ相場価格で算出しております。

維持費を少しでも安くしたいと考えた場合に、税金関係は決まっていることですから節約はできません。

オイル交換、タイヤ交換なども安いものを選んで取り付けることで安くできますが、あまり粗悪なものは車の寿命や安全上よくないのでおすすめしません。

やはり最も簡単にできて節約効果が大きいのが自動車保険料(任意保険)です。

車の維持費は自動車保険料の節約で安くなる!

私が自動車保険料を比較して3万円安くした証拠画像と解説でご紹介しておりますが、私は自分の車の保険を購入したお店の提携している代理店型の自動車保険に加入していました。

その時の保険料は年間10,7380円でした。

それが一括比較サイトを利用したところ年間70,990円になりました。

一気に36,390円も安くなったのです!

これは嘘のようですが本当に本当の話なので、 信じられない方は上記URLを一度お読みいただければと思います。

保障内容は同一、もしくは変更後の保険の方が少し良くなったぐらいなのですが、保険料は安くなりました。

こちらの比較サイトです↓

私が保険の更新時にこちらの比較サイトで一括見積もりをしてみた結果、年間の保険料が107,380円⇒70,990円36,390円も安くなりました。3分ほどで終わりますので費用対効果はバツグンです。(私が自動車保険料を比較して3万円安くした証拠画像と解説

人気のある自動車保険を知りたい方はこちら⇒プロFPおすすめ自動車保険人気ランキングベスト3!

自動車保険は車に乗る限り加入し続けるものですので、安いに越したことはありません。

ぜひ自分にとって最も安い自動車保険を見つけてくださいね。

車の維持費、実際いくらかかっている?理想の金額は?

軽自動車・コンパクトカー・普通車の維持費を比較してきましたが、実際に車に乗っている人たちは年間どれくらいの維持費を支払っているのでしょうか?

この気になる疑問について、自動車保険の一括見積もりサイト「保険の窓口インズウェブ」が、アンケート調査を実施しています。

  現在の年間維持費 理想の年間維持費
1位 10万円超〜20万円以下 10万円以下
2位 20万円超〜30万円以下 10万円超〜20万円以下
3位 30万円超〜40万円以下 20万円超〜30万円以下

保険の窓口インズウェブリサーチ「車とコスト」参照

実際の年間維持費でもっとも多かったのは、「10万円超〜20万円以下」です(32.6%)。次いで「20万円超〜30万円以下」が27.8%を占めていることから、車ユーザーの約6割が「10万円超〜30万円以下」の維持費を払っていることがうかがえます。

一方、理想とする年間維持費でもっとも多かったのは「10万円以下」、次いで「10万円超〜20万円以下」です。8割近くの人が、維持費を20万円までに抑えたいと思っていることがわかりました。

つまり、理想と現実には10万円ちかくの差があることになります。

もっとも割高だと感じる車の維持費は?

インズウェブでは、車の維持費の中でもっとも割高だと感じるものについてもアンケートをとっています。

1位 燃料代(31.7%)
2位 税金(25.5%)
3位 車検代(18.3%)
4位 任意保険代(10.9%)
5位 駐車場代(6.8%)
6位 メンテナンス代(1.9%)
7位 高速料金(1.8%)
8位 その他(0.6%)

保険の窓口インズウェブリサーチ「車とコスト」参照

もっとも多くの人が割高と感じているのは、ガソリン代です。車を使う以上、ある程度頻繁に入れなくてはいけないものですから、維持費の中でも「わかりやすく家計を圧迫している」といえるかもしれません。

2位の税金や3位の車検代は、車をもっている以上は仕方ない義務とはいえ、まとまった金額が請求されるだけに痛手と感じる人が多いようです。

4位の任意保険代は、上でもご説明したように、一度保険を見直してみることでかなり安くできる可能性があります。

1位のガソリン代を節約するためには、「不要な荷物は降ろす」「急発進・急停止を避ける」などの基本的なことのほかに、「割引価格で給油できるクレジットカードをつくる」という方法もあります。

また、なるべくこまめにタイヤの空気圧を調整する、エンジンオイルを交換するなど、メンテナンスに気を配ることも大切です。

メンテナンス代が惜しいと感じるかもしれませんが、ちょこちょこ行なって車をいい状態に保ったほうが燃費も向上しますし、結果的に大きな修理代もかかりにくくなります。

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定

ページの1番上へ戻る

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2018 Freeb Inc.