車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 車種別!車の人気ランキング > SUVの人気ランキング!

SUV - 車の人気ランキング!【2017年】最新!

  • SUVは若者を中心に絶大な人気がある!ファミリーレジャーにも最適!
  • アクティブでアグレッシブなボディデザインと、居住性と積載性を両立させた実用的な車
  • オフロード車から生まれたSUVだが、最近のSUVでは舗装された道路を快適に走ることができるように設計されている!
  • オフロード車が原型なので、ほとんどの車種で4WD(四輪駆動)が設定されており、悪路や雪道でも安定した走りを実現できる!
  • 個性的で趣味性の高いモデルからラグジュアリーなモデルまで、多彩な車種がラインナップされている!
  • 一般的な5人乗りから7人乗りまで幅広いタイプsから選ぶことができる!

現在、車を購入する方の約6割の方が、中古車を購入しています!最近の中古車は性能がよく壊れず保証もついているので、お買い得感が強い車が増えているためです!新車・中古車をご検討中の方は、中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、一度見積もりをとってみましょう!
既に車をお持ちの方はいくらで売れるのか、試しに買取査定をしてみましょう→「 中古車買取実績No.1ガリバー

SUV人気ランキング【1位~10位】

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  ハスラー ヴェゼル エクストレイル(新型) ハリアー(新型) フォレスター ランドクルーザープラド ジムニー フレアクロスオーバー CX-5 CX-3
車名 HUSTLER ヴェゼル エクストレイル ハリアー フォレスター ランドクルーザープラド ジムニー フレアクロスオーバー CX-5 CX-3
メーカー スズキ ホンダ 日産 トヨタ スバル トヨタ スズキ スズキ マツダ マツダ
室内長(mm) 2160 1930 2555 1965 2095 2520 1660   1910 1810
室内幅(mm) 1295 1485 1535 1480 1540 1565 1220   1530 1435
室内高(mm) 1250 1265 1270 1220 1280 1240 1210   1280 1210
総排気量 658cc 1496cc 1997cc 2493cc 1998cc 2764cc 658cc cc 2488cc 1498cc
車両重量 750kg 1180kg 1440kg 1560kg 1450kg 2040kg 980kg kg 1470kg 1240kg
乗車定員 4人 5人 5/7人 5人 5人 5/7人 4人 4人 5人 5人
最小回転半径 4.6m 5.3m 5.6m 5.3m 5.3m 5.8m 4.8m m 5.5m 5.3m
JC08モード燃費 32.0km/L 27.0km/L 20.6km/L 21.8km/L 16.0km/L 11.8km/L 14.8km/L km/L 18.4km/L 25.0km/L
エコカー減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 40%減税 100%減税 - 100%減税 100%減税 100%減税
車体価格帯 107万8000円

171万7000円
193万1000円

274万6000円
223万8000円

306万5000円
288万円

459万1000円
214万9000円

312万8000円
350万4000円

513万3000円
129万6000円

162万5000円
万円

万円
244万6000円

348万8000円
237万6000円

302万4000円
評価 ハスラーの評価・レビュー ヴェゼルの評価・レビュー エクストレイル(新型)の評価・レビュー ハリアー(新型)の評価・レビュー フォレスターの評価・レビュー ランドクルーザープラドの評価・レビュー ジムニーの評価・レビュー フレアクロスオーバーの評価・レビュー CX-5の評価・レビュー CX-3の評価・レビュー
中古車検索

コンパクトサイズが台頭した2016年のSUVの車人気ランキング

一時期、クロスオーバーSUVが爆発的人気を集めましたが、2016年度の全タイプ人気ランキングを見るとランクインしている車種は少なくなり、ホンダのヴェゼルが健闘を見せているだけの状況となっています。

フルサイズのクロスオーバーSUVは販売価格が高いこともあってランクインしにくい車種であることは確かですが、ボディサイズが大きい割にユーティリティ性が低く、都市部のオンロードが主体の場合は走行性能をフルに発揮することができません。

見た目の存在感を求める人には最適の車種ですが、スポーツカーのようにコアなファンに行き渡ると一気に市場が縮小するという現象がクロスオーバーSUVでも起きているといえます。その状況下で各メーカーはSUV市場に新しい潮流を作り出しました。それがコンパクトサイズのクロスオーバーSUVです。

デザイン性重視のコンパクトSUVが人気ランキング上位を占める

ジュークから始まったSUVのスタイリッシュ性

コンパクトタイプのSUVは以前にもホンダのCR-VやトヨタのRAV4などが販売されていましたが、現在のクロスオーバーSUVと異なるのは以前のタイプがコンパクトさの中にユーティリティ性を重視していたことに対し、現在のタイプはスタイリングを優先していることです。

その先鞭となったのが日産のジュークです。マーチやキューブと同じBプラットフォームが採用されており、全長4165mmに対して全幅は1770mm、全高1570mmのワイド&ロー設計で、ウインカーなどのサイドランプ類はフェンダーとボンネットの上部、サイドウインドウ面積を小さくしてリアフェンダーを膨らませ、塊感を強調するというアバンギャルドなエクステリアが大きな特徴となっています。

オンロード志向が高まったコンパクトSUV

しかし車内全長はマーチより短い1835mmしかなく、駆動方式も基本的には前輪駆動で排気量1.5Lの自然吸気エンジンでもタイヤサイズは215/55R17・94Vという高性能オンロードタイヤを装着、SUVでありながらほとんどオフロード走行には向いていない仕様となっています。

四輪駆動を装備している16GT FOURもありますが、そのシステムもトルクベクトルを採用してコーナリングの際に安定感を与える機能が主体となっています。

デザインを優先してオンロード性能に特化したジュークは発売翌年となる2011年度は約34,000台を販売、新車登録台数ランキングでも18位に入る健闘を見せましたが、2016年度はフルモデルチェンジが行われていないこともあってSUV人気度ランキングでは下位に甘んじています。

ユーティリティ性と快適性で差をつけたホンダのコンパクトSUV

ジューク以後、各メーカーからコンパクトSUVが販売されており、その中で好調な販売成績を上げているのがヴェゼルです。SUVでは2014年度から2016年度まで3年連続新車販売台数第1位を獲得しています。

フィットと共通のプラットフォームを採用していますが、エクステリアにフィットの面影はどこにも感じられず、ベルトラインから下の塊感にSUVのイメージを与え、フロントウインドウからリアエンドまではクーペスタイルの流麗なラインを作り出して洗練されたエクステリアになっています。

フィットと共通のメリットはガソリンタンクを車体中央下部に配置するセンタータンクレイアウトによって、車内空間が拡大されることです。SUVでありながら5人乗車時でも広いラゲッジルームを確保、後部席背もたれを前倒させ、さらに助手席背もたれを後倒させると全長183cmのサーフボードも搭載することが可能です。

走行面では振幅感応型ダンパーや軽量高剛性ボディを採用して路面から伝わるさまざまな振動を軽減する設計となっており、デザイン性だけでなくユーティリティ性や快適性もコンパクトSUVではトップクラスとなっています。これがSUV販売台数NO.1の大きな要因といえます。

人気のあるコンパクトSUVが市場に充実した2016年

オリジナル部分を多用しているマツダのコンパクトSUV

ヴェゼルの対抗車種として販売されたのがマツダのCX-3です。コンパクト2BOXハッチバックのデミオと共通のプラットフォームを採用していますが、ダンパーをアクセラタイプに変更、超高張力鋼板の使用率を上げて剛性を高めるなどCX-3専用に開発された部分が多くなってます。

JC08モード23.0km/Lを達成したクリーンディーゼル搭載車という特徴に加え、2016年のマイナーチェンジではコーナーリング性能を格段に向上させたG-ベクタリングコントロールを全グレードに標準装備しています。

2017年度のSUV人気車となる予感を与えるC-HR

2016年末にはトヨタからC-HRが発売されました。4代目プリウスと同じ新世代プラットフォームのTNGAを採用、コンパクトSUVの中では比較的大きいボディサイズとなっています。トヨタはコンパクトSUVの購入者がデザイン優先で選択していることに着目、そのフォルムはコンセプトカーをそのまま量産車に流用したような先鋭的デザインとなっています。

リアフェンダーを張り出してキャビンを絞り込んだエクステリアは必然的に後部席の狭さにつながりますが、あえて後部居住性を犠牲にしてもデザインを優先したことがC-HR最大の特徴となっています。11月の登場から早くも予約が殺到、2017年度はSUV人気ランキングにおいて中心的存在となることは間違いありません。

SUVの人気トレンド

SUVとはSport Utility Vehicleの略で、「スポーツをするための利便性が高い車種」という意味を持ちます。アメリカで最初に生まれた言葉で、スポーツの内容が主にアウトドアであることから、悪路走破性の高い車種を指します。広義で考えればアウトドアの荷物が積めればいいのですから商用キャブオーバー型でも構わないのですが、一応、アメリカに習い、このランキングではキャビンとボンネットを分けてボディ剛性を高めた2BOXタイプを取り上げています。

初期のSUVは質実剛健をモットーとし、荷物が積めて悪路走破性が高ければ十分な資格を持っていました。しかしトヨタのハリアーが1997年に登場して以来、SUVは高級乗用車に負けない快適装備を持ち、オンロードでも軽快な走りを実現するクロスオーバータイプが一気にランキングの上位を占めるようになりました。

現在、クロスオーバーSUVはレジャービークルとして定着しており、軽自動車やミニバンに次ぐ人気カテゴリーとなっています。最近の傾向は以前のようにハリアーやランドクルーザーのような大きなSUVがランキング上位から姿を消しつつあり、一回り小ぶりなホンダのヴェゼルやマツダのCX-3などが健闘していることです。

SUVにも経済性や安全性が求められる時代に!

どちらも高い悪路走破性を持ちながら燃費性能も良いことが大きな特徴で、ヴェゼルはハイブリッドシステムを搭載してJC08モード27.0km/Lを達成、CX-3は独創的なSKYACTIVテクノロジーの1.5Lディーゼルエンジンによって25.0km/Lを記録するなど、経済性でも突出しています。またコンパクトSUVよりさらに小さい軽サイズのハスラーもランクインしており、SUVにも高い経済性が求められる時代になっています。

SUVはメーカー間の激戦区でもあり、三菱を除いて各メーカーがひしめきあっています。その中で安定した支持を得ているのが日本の自動車メーカーでもっとも規模の小さいスバルのXVフォレスターです。スバル独自の長い歴史を持つ4WDと水平対向エンジンはSUVに最適ですが、最近では先進安全装置のアイサイトと強いボディ剛性による安全性が人気を後押ししています。

SUVを中古車で購入する場合、前オーナーがどのような乗り方をしていたのか分からないので、車の隅々まできちんと調べることが必要になります。中には荒っぽい乗り方をしてフレームが歪んだり、荷室に濡れたままの器具を長く搭載してサビを発生させたりするケースもあります。このようなトラブルを避けるためにも販売店は ガリバー など大手の信頼できるところを選んだ方が無難です。

SUVのランキング表の見方

こちらのページでは、SUVを売れている順にランキングしています!
燃費価格エコカー減税」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から月の販売台数が多い順(人気順)となっております。

1)室内長・室内幅・室内高は、室内空間の広さを表します。
2)最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
3)JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
4)エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
5)価格帯では、グレード別の車体価格の幅がわかります。
車体価格ですので実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

現在、車を購入する方の約6割の方が、中古車を購入しています!最近の中古車は性能がよく壊れず保証もついているので、お買い得感が強い車が増えているためです!新車・中古車をご検討中の方は、中古車販売最大手の「 中古車全車保証付のガリバー 」で、一度見積もりをとってみましょう!
既に車をお持ちの方はいくらで売れるのか、試しに買取査定をしてみましょう→「 中古車買取実績No.1ガリバー

車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 車種別!車の人気ランキング > SUVの人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >