車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 車種別!車の人気ランキング > ワゴンandミドルサイズハッチバックの人気ランキング!

ワゴンandミドルサイズハッチバック - 車の人気ランキング!【2017年】最新!

  • セダン並みの走行性能の高さを確保しながらラゲッジルーム(荷室)を確保しているので実用性に優れる!
  • 小排気量ターボハイブリッドクリーンディーゼルモデルなど豊富な選択肢がある!
  • インテリア(内装)はセダン同様上質な車種が多く、実用性と居住性に優れる!
  • セダンは荷物が入らないから嫌だけどミニバンは大きすぎるという方に最適!

現在、車を購入する方の約6割の方が、中古車を購入しています!最近の中古車は性能がよく壊れず保証もついているので、お買い得感が強い車が増えているためです!新車・中古車をご検討中の方は、中古車販売最大手の「ガリバー 」で、一度見積もりをとってみましょう!
既に車をお持ちの方はいくらで売れるのか、試しに買取査定をしてみましょう→「ガリバー

ワゴンandミドルサイズハッチバック人気ランキング【1位~10位】

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  カローラフィールダー シャトル インプレッサスポーツ レヴォーグ アクセラ(新型) プリウスα フィットシャトル リーフ ct オーリス
車名 カローラフィールダー シャトル インプレッサスポーツ レヴォーグ アクセラ(新型) プリウスα フィットシャトル リーフ CT200h オーリス
メーカー トヨタ ホンダ スバル スバル マツダ トヨタ ホンダ 日産 レクサス トヨタ
室内長(mm) 1945 1925 2085 2005 1845 2690 1905 2080 1765 1830
室内幅(mm) 1430 1450 1520 1490 1505 1520 1415 1460 1470 1485
室内高(mm) 1200 1290 1200 1205 1170 1220 1290 1185 1135 1180
総排気量 1797cc 1496cc 1955cc 1998cc 2188cc 1797cc 1496cc - 1797cc 1797cc
車両重量 1120kg 1130kg 1300kg 1530kg 1240kg 1470kg 1140kg 1430kg 1380kg 1220kg
乗車定員 5人 5人 5人 5人 5人 5/7人 5人 5人 5人 5人
最小回転半径 4.9m 4.9m 5.3m 5.4m 5.3m 5.5m 4.9m 5.2m 5.0m 5.2m
JC08モード燃費 33.8km/L 34.0km/kL 18.2km/L 17.6km/L 21.4km/L 26.2km/L 26.2km/L 280km/1充電 30.4km/L 19.4km/L
エコカー減税 100%減税 100%減税 25%減税 60%減税 100%減税 100%減税 - 100%減税 100%減税 40%減税
車体価格帯 162万5000円

247万4000円
169万5000円

255万7000円
192万2000円

259万2000円
277万5000円

356万4000円
176万円

306万7000円
247万9000円

317万8000円
168万6000円

204万6000円
319万7000円

401万8000円
366万2000円

460万8000円
178万9000円

259万円
評価 カローラフィールダーの評価・レビュー シャトルの評価・レビュー インプレッサスポーツの評価・レビュー レヴォーグの評価・レビュー アクセラ(新型)の評価・レビュー プリウスαの評価・レビュー フィットシャトルの評価・レビュー リーフの評価・レビュー CT200hの評価・レビュー オーリスの評価・レビュー
中古車検索

2016年のワゴン・ミドルサイズハッチバックはマツダとスバルが人気ランキングを二分

欧州では人気のあるステーションワゴンやミドルサイズのハッチバックカーも日本国内では人気薄で、ランキングを形成できないほど車種数が減っています。

かつてはステージアやプリメーラ・ワゴンを販売していた日産は商用バンを乗用ワゴンに改良したウイングロードだけとなり、シビックやアコードなどを開発したホンダに至っては対象車種がありません。その状況下、ステーションワゴンとミドルサイズハッチバックに力を注いでいるのがスバルとマツダです。

インプレッサでミドルサイズハッチバックの人気を集めたスバルの2016年

新世代プラットフォームを採用したミドルサイズハッチバック

スバルブランドを持つ富士重工業は2016年10月に主力車種インプレッサの5代目を発売しました。5ドアハッチバックのスポーツと4ドアセダンの2タイプが設定されていますが、販売台数の内訳はスポーツが約80%と圧倒的に多くなっています。発売後、約1ヶ月で販売目標の約4倍となる11,050台を受注、スバルとしてはこれまでにない異例の売れ行きを示しています。

5代目インプレッサは新世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用しています。クルマのもっとも基礎となる骨格部分を最新の設計にすることで、そのメーカーの持つ技術力を最大限活用できることに加え、コスト削減や安全性の向上も図れます。

各メーカーとも新型プラットフォームの採用に積極的で、マツダはSKYACTIV、トヨタはTNGAを開発して新型車の開発を行なっており、国内メーカーとしてもっとも小さな規模のスバルもこれに加わることになります。

スバルの北米人気がデザインに大きく影響

スバルの車種は水平対向エンジンに4輪駆動を搭載しているので低重心と左右の重量バランスが良いことから操舵性には定評がありました。このメリットが SUBARU GLOBAL PLATFORMによってさらに向上、ステアリングレスポンスの正確で迅速な対応力が強くなっており、ドライバーの修正舵(細かなハンドル操作)を減少させる効果を上げています。また高剛性化や静粛性を高めたことによって同乗者の快適性も進化しています。

スバルは北米人気が強いことからエクステリアはソリッドな塊感を強調、インテリアはシルバーモールを随所に配置してセンタークラスターを大きくするというアメリカンライクなデザインになっています。

好みの分かれる部分ではありますが、スポーツのユーティリティ性は高く、後部席を使用した時の状態でも容量が385Lあり、後方視界を妨げることなく9インチゴルフバッグを3個積載できます。走行性能、ユーティリティ性ともにミドルクラスのハッチバックカーでは人気ランキングの上位となることは確実です。

スバルに次いで2016年に人気を集めたのはアテンザ・ワゴン

ワゴンの造形とマツダの統一デザインが融合したフォルム

ステーションワゴンでもスバルのレヴォーグが高い人気を集めていますが、マツダのフラッグシップモデルとなるアテンザのワゴンも健闘しています。ステーションワゴンはラゲッジルームの空間を確保するためにルーフが延長されてリアエンドまで伸びることから、ボディフォルムは箱型になることが一般的です。

アテンザのセダンはマツダの統一デザイン「魂動 -Soul of Motion-」が採用されており、躍動感のある局面構成とクーペスタイルの流麗なフォルムを備えていますが、そのイメージを崩すことなくワゴン独自の造形美を作り出しました。

インテリアはフラッグシップモデルに相応しくドイツの高級ステーションワゴンに匹敵する内装を備えており、セダンと変わらぬ上質な快適性を確保しています。ワゴン最大の特徴となるラゲッジルームの容量は後部席使用時でも506L、後部席背もたれを前倒させると最大1648Lの空間が生まれます。

ラゲッジルーム内の荷物が外から見られないようにリアゲートと連動して動くカラクリトノカバーがついているなど、随所にワゴンとして配慮された装備がついています。

欧州と日本における人気度要素の違い

マツダの中核モデルとなるアクセラもセダンとハッチバックの2タイプが設定されています。全長がセダンよりも110mm短い4470mmに設計されているため、操縦性でわずかにセダンを上回り、積載能力ではラゲッジルームと乗員空間を同時に使えるため、オールラウンドな性能を持った車種に仕上がっています。

後部席を使用した時のラゲッジルームは364Lの容量を持ち、後部席背もたれは前倒させた時にラゲッジルームとの段差を作らずフラットな空間が生まれるように設計されています。

その他のステーションワゴン、ミドルサイズハッチバックの車種としてはトヨタのオーリスがあります。これらの車種に共通しているのは欧州に輸出していることです。欧州では荷物が積める車種でも俊敏であることが条件となっており、ドライバーが運転を楽しめる走行性能を持っていなければ販売に結びつきません。

逆に日本では荷物(人を含む)を積載(または多人数乗員)できる車種は車内空間が優先され、走行性能が強く問われることはありません。欧州と日本におけるモータリゼーションの違いがステーションワゴンやミドルサイズハッチバックの人気度に大きな影響を与えているといえます。

ワゴンandミドルサイズハッチバックの人気トレンド

このランキングでは主にステーションワゴンと呼ばれるカテゴリーを取り上げています。ステーションワゴンは乗用車と変わらない運転感覚と休日の遠距離ドライブでも荷物をたっぷり積めることからヨーロッパでは高い人気を集めるカテゴリーですが、日本では長い休暇と走行性能を楽しむ国民性(どちらも社会事情や道路事情の影響が大きい部分はありますが)がないことから、あまり人気のないカテゴリーとなっています。

荷物を積んだり人を乗せたりするならミニバンの方が高いユーティリティ性を持っており、走行性能を楽しむならセダンの方がいい、というニーズがあるため、国内メーカーのほとんどが開発コスト削減のためにセダンタイプ、またはハッチバックタイプのリアオーバーハング(後輪車軸中央からテールエンドまでの長さ)だけを伸ばしてステーションワゴンに仕立てています。

そういった車種の中で、ステーションワゴン本来の目的をきちんと内包して開発されているのが、このランキングの常連であるスバルのレヴォーグです。上級車種のレガシィがセダンタイプのB4とSUVタイプのアウトバックに車種を絞り込む目的から、ツーリングワゴンの専用車種として2013年より販売しています。

ヨーロッパ車に負けない性能を持つレヴォーグやアテンザワゴン!

レヴォーグは最終モデルとなった5代目レガシィツーリングワゴンよりも全高を70mm低く、全長とホイールベースを100mm短縮させ、国内における取り回しを考慮した設計に変更されました。走行性能面では1.6Lエンジン搭載車にアクティブトルクスプリット方式、2.0L搭載車にはVTD方式を採用、スバル伝統の4WD(スバルではAWDと呼称)に磨きをかけています。ステーションワゴンとしてはBMWの3ツーリングやアウディのA4アバントに負けない性能を持っているといえます。

またランキング内ではアクセラのハッチバックタイプに遅れを取っていますが、同じマツダのフラッグシップモデルであるアテンザのワゴンもエクステリアからインテリア、走行性能まで何一つ犠牲にすることなくステーションワゴンとしての機能を実現させています。

上記車種を除くと、日本車のステーションワゴンには積載能力があっても走行性能の面で物足りなさが感じられてしまいます。中古車市場では比較的安価なカテゴリーに入るので、購入する際は日本車だけでなくドイツ御三家のツーリングワゴンも選択肢に入れることをお勧めします。ただし輸入車は販売店によって品質の差が激しいので、ガリバー など大手の信用できる販売店からの購入をお勧めします。

ワゴンandミドルサイズハッチバックのランキング表の見方

こちらのページでは、ワゴンandミドルサイズハッチバックを売れている順にランキングしています!
燃費価格エコカー減税」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から月の販売台数が多い順(人気順)となっております。

1)室内長・室内幅・室内高は、室内空間の広さを表します。
2)最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
3)JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
4)エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
5)価格帯では、グレード別の車体価格の幅がわかります。
車体価格ですので実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

現在、車を購入する方の約6割の方が、中古車を購入しています!最近の中古車は性能がよく壊れず保証もついているので、お買い得感が強い車が増えているためです!新車・中古車をご検討中の方は、中古車販売最大手の「ガリバー 」で、一度見積もりをとってみましょう!
既に車をお持ちの方はいくらで売れるのか、試しに買取査定をしてみましょう→「ガリバー

車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 車種別!車の人気ランキング > ワゴンandミドルサイズハッチバックの人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2011-2017 Freeb Inc.