車は下取りよりも買取査定の方が高く売れる!

車を購入する際に、販売店の営業マンが必ず「下取り車はありますか?」と聞いてきます。

この質問は車を選んでいる段階で聞かれることもありますし、いざ商談となった後で聞かれることもあります。営業マンは下取り車の有無を知りたいのです。

その理由は...

"下取り車の有無で値引き額を調整したいから”です。

まだちょっと意味がわからないと思いますので、簡単な商談例でご説明したいと思います(^^)

値引き額調整の常套手段!

Aさんは新車を購入しにディーラーに行きました。欲しい新車は車体価格、オプション、税金関係などの諸費用をすべてコミコミで総支払額300万円で購入できます。

下取り車があることは事前に営業マンに伝えてありましたので、ここから下取り価格を50万円+値引き5万円で、総支払額が300万245万円になりました。

営業マンは言います。「下取り車の年式が少し古かったんですが、がんばりました!」....この言葉に騙される方多いです(^^;)

Aさんは、たしかに下取り価格50万円は年式にすれば高いように思えました。実際に相場よりは高い買取価格です。

ではなぜ?

実は下取り価格を高くしている分、値引き額を下げているので、総値引き額としては何も変わらないのです。これが営業マンによる値引き額の調整です。車販売業界では常套手段となっています。

ハッキリ言ってしまうと、営業マンがもっともらしい理屈をつけて、Aさん(客)に金額をごまかして説明しているのです!これは聞き捨てなりませんねヽ(`Д´#)ノ

この営業マンのごまかしを見抜くためには、販売店に行く前にまずは下取り予定の車の買取査定をしておく必要があります。

先に買取査定をしておき、その後、ディーラーに下取り車なしで見積もりをとってもらうのです。

すると、下取り抜きの値引き価格があがってきます。おそらく最初の値引き5万円よりはさらに高く、10〜15万円程度まで拡大しているケースが多いと思います。

この時点でディーラーに、「下取りしてもらった場合どうなりますか?」と聞いてみるのです。

おそらく、下取り価格を40万円前後で言ってくると思います。この時点で、「え?他では45万円だったよ?」って切り返せば、営業マンもタジタジです(笑)

今回のケースの場合、下取りではなく買取査定だと、車の買取価格は45万円程度になります。しかし販売店の値引き額は10〜15万円程度に拡大しますので、総支払額でいうと結局得することになるのです。

車の購入の際は、総支払額をトータルで考えるということが大変重要なのです!

車の買取査定を一括でできる便利なサイトをご紹介しておきます(^^)

ディーラー任せの「下取り」では結果的に高く売れないように値引きと調整されてしまいます。本当に車を高く売りたいなら「買取」という売却方法が1番いいです。こちらではガリバー・アップル・ラビット・ビッグモーターなど大手買取業者最大10社へ一括査定依頼をすることができ大変便利です。業者間で価格競争をさせて、買取価格をさらに吊り上げることも可能です!

こちらの一括査定サイトでは、業界最大手のガリバーをはじめ、ラビット・カーチスなど、最大10社から一括査定がとれます。

もっとも高値を付けた業者の上位3社程度に連絡をとり、実際に車を査定してもらって、最終的な買取価格で比較しましょう!

一般的に、車は下取りよりも買取査定の方が高く売れますが、めんどくさいのでどうしても下取りで売りたいという方は、他社の買取査定の価格を引き合いにだすと、大幅値引きが成功しやすくなります。

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2017 Freeb Inc.