レジャー・遊びにおすすめの人気車9選!

レジャー車画像

車は便利な移動機関であると同時に、レジャーの時間を楽しくしてくれる遊びの道具でもあります。

その両方を兼ね備えている車種が各メーカーから販売されています。この記事ではレジャーや遊びをオンロード派とオフロードSUV派、クロスオーバー派に分けてそれぞれの人気車種を選びました。

ユーザーの趣味にぴったりと合った車種が分かるようになっています。

【オンロード派】レジャー・遊びにおすすめの人気車3車種

快適なドライブを楽しみたい、あるいは行楽地まで快適な空間を確保したいというユーザーにとって必要なのはオンロードの走行性能と車内装備です。

同乗者の年齢や好みなども考慮すればベストな選択ができます。

キュートなデザインが女性のレジャーにぴったりなムーヴキャンバス

ムーヴキャンバス

スペック

新車価格 125.2〜167.9万円
中古車価格 89.8〜149.0万円
燃費(JC08モード) 27.4〜28.6km/L
乗車定員 4名
室内の広さ(長さ×幅×高さ) 2115mm×1345mm×1285mm
最小回転半径 4.4m

おすすめのポイント

女性が1〜2人でドライブするのに最適な車種です。小さな子供のいる家族向けの車種が多い軽自動車の中、女性のカーライフを楽しくするために開発された車種で、運転のしやすさと便利な機能が特徴となっています。

全高1600mm超のトールワゴンで唯一採用されているスライドドアは、乗降をスムーズにすることよりも荷物を乗せやすくするための配慮であることが女性には嬉しいポイントです。

人気の理由

発売と同時に月間目標の4倍となる約2万台を受注したほどの人気車種です。その理由のひとつがエクステリアデザインです。

フォルクスワーゲンのタイプU、通称ワーゲンバスに似たセミ1BOXに丸型ヘッドライトや笑っているような形状のラジエターグリルなど、キュートな雰囲気が毎日のカーライフを楽しくして、休日のレジャー気分を盛り上げてくれます。

インパネ回りやドアトリムには5パターンのカラーパネルが設定されており、ボディ色とのコーディネートを楽しめたり、車内空間をお気に入りの色で彩ることができます。

後部席座面下には「置きラクボックス」が装備されました。引き出し式になっており、座面に置きたくない荷物や安定性のない荷物などの収納に便利です。

旅行先で買ったお土産をサッと置いてスマートに発進でき、女性の颯爽とした姿を体現してくれる車種です。

純粋にドライブの楽しさを実感できるロードスター

ロードスター

スペック

新車価格 255.4〜326.5万円
中古車価格 78.0〜249.8万円
燃費(WLTCモード) 16.8km/L
乗車定員 2名
室内の広さ(長さ×幅×高さ) 940mm×1425mm×1055mm
最小回転半径 4.7m

おすすめのポイント

マツダはロードスターを軽量化するまでの開発苦労話をあれこれと記していますが、そんな難しい話に耳を傾けなくても単純にオープンカーの気持ち良さを味わえる車種です。

排気量はわずか1.5Lで自然吸気のエンジンを搭載、トランスミッションには2ペダルで操作できる6速ATも設定されています。性別や年齢を問わず、純粋にドライブする楽しみを実感したいユーザーにおすすめできる車種です。

人気の理由

開発苦労話は単純にオープンカーを楽しみたいユーザーには無縁でも、ライトウェイトスポーツカーを望んで購入するユーザーには所有する満足感、優越感を与えてくれます。

これがロードスター人気の最大の要因です。わずか1t前後の車重や爽快な加速を実現するリニアなアクセルレスポンスと言っても都市圏の走行でほとんど役に立たず、ルーフトップをオープンにした時、隣に大型トラックが停車すると最悪な状況になります。

それでもコクピットに座っているだけで幸せな気分になれるのがロードスターです。

レジャー本来の目的、余暇の時間を使って自分をリフレッシュするのにロードスターは最適な車種です。

春や秋のよく晴れた日、ルーフを開けて自然の陽光と風を直接感じることができるドライブは一般の車種で味わうことができない異次元の世界です。男性でも女性でも、独身のうちに1度は購入しておきたい車種です。

長距離ドライブでも疲れ知らずのアルファード

アルファード

スペック

新車価格 335.4〜735.8万円
中古車価格 68.9〜325.5万円
燃費(JC08モード) 10.6〜19.4km/L
乗車定員 7〜8名
室内の広さ(長さ×幅×高さ) 3210mm×1590mm×1400mm
最小回転半径 5.6〜5.8m

おすすめのポイント

家族全員または友人同士多人数で行楽地に出かけるユーザーにぴったりの車種です。トヨタのミニバンでフラッグシップとなるフルサイズのボディを持っているだけに室内には快適装備が満載、荷室も広く9.5インチのゴルフバッグを縦に積むことができます。

行楽帰りで渋滞にハマっても同乗者が疲れた身体を休めることができ、ドライバーも安心して運転できる最先端の予防安全装置が装備されています。

人気の要因

室内の快適装備が国産車では最高レベルであることが人気の要因となっています。最上級グレードのExecutive Loungeには助手席と2列目席に電動オットマンを装備、大型アームレストと格納式のテーブルがついており、旅客機のビジネスクラス並の快適さを味わえます。

アクセサリーコンセントは一般的なAC100VやUSB端子の他、HDMIやVTR入力まであり、行楽地で撮影した動画を帰りの車内ですぐに見られるなど自宅のリビングにいる気分にさせてくれます。

またグレードによっては前部席と2列目席に寒い冬でもすぐに温まるヒーター、暑い夏には爽やかな風が吹くベンチレーションを内蔵していたり室内の前後左右をそれぞれ最適にするフルオートエアコンなども装備されています。

1〜2人で都市圏の移動には不経済な車種ですが、大人数で長距離を移動するには最適な車種です。

【オフロードSUV派】レジャー・遊びにおすすめの人気車3車種!

オフロードの楽しさは自然の中、未舗装道路を走る適度な緊張感と車を操っているという満足感です。

そのためにはオフロードに適した信頼できる性能と運転スキルに見合った車選びが大切です。

悪路走破性と快適性を高めたジムニー

ジムニー

スペック

新車価格 145.8〜174.4万円
中古車価格 37.5〜109.8万円
燃費(WLTCモード) 13.2〜16.2km/L
乗車定員 4名
室内の広さ(長さ×幅×高さ) 1795mm×1300mm×1200mm
最小回転半径 4.8m

おすすめのポイント

軽自動車サイズでありながら悪路走破性は国産車の中でトップクラスの性能を持ち、ヘビーデューティーなオフロード派から圧倒的支持を受けている車種です。

堅牢なラダーフレームと荒れた路面でも確実に路面を捉えるパートタイム4WDというクロスカントリー車の伝統を引き継いでおり、深い砂浜の海岸でも細い未舗装の山道でも力強く走行します。ワイルドな自然の中でレジャーの時間を過ごしたいユーザーに最適の車種です。

人気の理由

ジムニーは2018年6月にフルモデルチェンジを実施、4代目となりました。発売からわずか1ヶ月で年間販売台数目標の1/3に相当する約5000台を販売、さらにバックオーダーを抱えており、納車まで数ヶ月を要するほどの人気車種となっています。

その要因はフロントとキャビンをはっきり分けたボックス型のエクステリアがメルセデス・ベンツGクラスを思わせる質実剛健のフォルムをしており、都市圏でも似合うSUVであることや先代に比べて室内装備の快適性が向上したことなどが上げられます。

ラダーフレームはクロスメンバーやXメンバーが追加されてさらに強固になり、悪路でステアリングが取られた時に起こるキックバックを軽減するステアリングダンパーが設置されています。悪路を思う存分攻めてもしっかりと応えてくれる車種に仕上がっています。

オフロード走行に適したフルサイズミニバンのデリカD:5

デリカD:5

スペック

新車価格 240.8〜405.5万円
中古車価格 136.0〜269.9万円
燃費(JC08モード) 10.6〜13.0km/L
乗車定員 7〜8名
室内の広さ(長さ×幅×高さ) 2915mm×1505mm×1310mm
最小回転半径 5.6〜5.7m

おすすめのポイント

オフロードに強いSUVの特徴を持ったミニバンです。ミニバンは一般的に車内空間が広いため、オフロードの強い突き上げを受け続けるとモノコックにダメージを受けますが、デリカD:5はモノコックを守るリブボーンフレームとアンダーフロアに大型のクロスメンバーを採用、ボディ全体が強固になっています。

オンロードからオフロードへ移行した時でも乗員の快適性を損ないオールラウンダーのミニバンに仕上がっています。

人気の理由

オフロードに強い点はボディの補強だけではありません。エクステリアも悪路走行に最適化したデザインで、最低地上高は210mm、アプローチアングルは23.5度、デパーチャーアングルは22.5度と高いグランドクリアランス性能を持っています。インテリアは三菱らしく高級感があり、多彩なシートアレンジがレジャーの楽しみを広げてくれます。

搭載しているエンジンはガソリン仕様の他に低回転でも高トルクを発揮するクリーンディーゼルが設定されており、グレードによっては三菱がラリーで培った電子制御の4WDシステム装着車もあります。

一般走行ではFFになる2WD、路面状況を的確に判断して駆動力を配分する4WDオート、滑りやすい路面で力強さを発揮する4WDロックの3パターンを選べるドライブモードセレクターがあり、これを操作すれば燃費効率を高めることもできます。大人数でスキーや自然の中でキャンプをする時に最適な車種です。

オフロード王者の風格を持つランドクルーザー

ランドクルーザー

スペック

新車価格 473.9〜684.7万円
中古車価格 238.0〜538.0万円
燃費(JC08モード) 6.7〜6.9km/L
乗車定員 5〜8名
室内の広さ(長さ×幅×高さ) 2690mm×1640mm×1200mm
最小回転半径 5.9m

おすすめのポイント

日本国内だけでなく過酷な道路条件の海外でも広くその実力が認められているトヨタのSUVフラッグシップモデルです。4WD性能や足回り、ボディの堅牢さなど悪路走破性はもちろんのこと、室内装備は高級セダン並に豪華で、3列シートの最後部でも快適性が約束されています。

都市圏を走っていても圧倒的な存在感を示しており、オフロード派であれば1度は所有してみたい最高級のSUVです。

人気の理由

悪路走破性は国内で匹敵するライバルがいないほど突出した性能を持っています。最先端技術の4WD、マルチテレインセレクトは滑りやすい路面や岩石の多い路面など状況に応じて5つのパターンを選べる機能で、ブレーキ油圧を自動的に制御して駆動力を4輪へ最適に配分します。

その他、ハンドル操作だけで極低速走行ができるクロールコントロール、深い角度で切り返しができるターンアシスト機能、オンロード走行の快適性を高めるキネティックダイナミックサスペンションシステムなど、トヨタの最先端技術が盛り込まれていることが人気の大きな要因となっています。

2列シート5人乗りと3列シート8人乗りが設定されており、どちらも多彩なシートアレンジで乗員の快適性を向上させたり荷室容量を増やしたりすることが可能です。

唯一のデメリットは燃費効率が悪いことなので、この車のユーザーになるならば「燃費は関係ない!」と言い切る潔さが必要です。

【クロスオーバー派】レジャー・遊びにおすすめの人気車3車種!

普段は都市圏の運転が主だけれどレジャーはアウトドアスポーツが趣味というユーザーに最適なのがクロスオーバーSUVです。目的地や乗車人数に合わせたボディサイズや走行性能が選択肢の検討材料になります。

軽サイズでもしっかりオフロード性能を備えたキャストアクティバ

キャストアクティバ

スペック

新車価格 122.5〜170.6万円
中古車価格 85.0〜115.8万円
燃費(JC08モード) 24.6〜30.0km/L
乗車定員 4名
室内の広さ(長さ×幅×高さ) 2005mm×1320mm×1245mm
最小回転半径 4.7m

おすすめのポイント

少人数でアウトドアスポーツに出かけるのであればオフロードでも十分にパフォーマンスを発揮する SUVです。後部席背もたれを前倒させればラゲージスペースが格段に広くなり、バックドアの開口部は幅が925mm、高さが805mmあるので大きな荷物もラクに積み込むことができます。

またラゲージスペース床下には大容量の深底ボックスが設置されているので背の高い荷物も積み込むことができます。

人気の理由

基本的なデザインやエンジン性能は他のキャストと同じですが、アクティバ専用装備としてダウンヒルアシストコントロール制御(DAC)とグリップサポート制御があります。

DACは滑りやすい下りの路面でブレーキを自動制御して車速を一定にする機能です。ドライバーはハンドル操作に集中でき、タイヤロックする心配がないので安全に下ることができます。

グリップサポート制御は同じく滑りやすい未舗装路や雪道でタイヤが空転した際、空転タイヤに制動力をかけて接地しているタイヤに駆動力をかける機能です。

オフロードで頼りになる機能を備えていることが人気につながっています。エクステリアにはアンダーガードや樹脂ガードが下回りに装備されており、見た目もクロスオーバーSUVのイメージを強く打ち出している車種です。

クーペとSUVを融合させたデザインのヴェゼル

ヴェゼル

スペック

新車価格 207.5〜292.6万円
中古車価格 145.8〜209.9万円
燃費(JC08モード) 19.6〜27.0km/L
乗車定員 5名
室内の広さ(長さ×幅×高さ) 1930mm×1485mm×1265mm
最小回転半径 5.3〜5.5m

おすすめのポイント

流麗なラインを描くルーフと塊感のあるボディフォルムは都市圏や自然の中など場所を問わずスタイリッシュに見えます。インパネ回りは高級セダンを思わせるシックな雰囲気でまとめられ、後部席はミニバンに匹敵するほどのゆとりを実現しました。

また高遮音性のフロアカーペットや防音材を随所に配置して車内の成熟性を高めています。ハイセンスなライフスタイルを目指すユーザーにおすすめのSUVです。

人気の理由

発売翌年となる2014年度ではSUV販売台数で第1位を獲得、5年経過した今でもトヨタのC-HRと激しく首位争いをするほどの人気車種です。スタイリッシュな内外装に加え、ハイブリッド車の燃費が良いことも人気要因になっています。

Sport Hybrid i-DCDと呼ばれるホンダ独自のシステムで、アクセルを緩く踏み込んだ時はモーター主体の走行で低燃費になり、強く踏み込むとエンジンパワーが加わって爽快な走りを楽しめます。燃費と力強い走りを両立させたハイブリッドです。

4WDは電子制御でトルク配分をコントロールするシステムです。普段の走行は燃費効率の良いFF、オフロードやコーナーを抜ける時は4WDへ自動的に切り替わるのでドライバーは運転に集中することができます。デザインや機能などトータルにクロスオーバーな性能を体現した車種といえます。

見た目も走行性能も優れているハリアー

ハリアー

スペック

新車価格 249.9〜405.0万円
中古車価格 149.8〜299.9万円
燃費(JC08モード) 13.0〜21.4km/L
乗車定員 5名
室内の広さ(長さ×幅×高さ) 1965mm×1480mm×1220mm
最小回転半径 5.4〜5.7m

おすすめのポイント

ラグジュアリーな内装、オンロードでもオフロードでも高い走行性能を特徴とするクロスオーバーSUVの歴史はハリアーから始まり、今では世界的な定番カテゴリーとなりました。

先駆的なポジションとラグジュアリー感は健在で、迫力あるフロントマスクと流麗なフォルム、快適性と上質感を重視したインテリアはクロスオーバーSUVのトップクラスを維持しています。存在感を強くアピールしたいユーザーにおすすめしたい車種です。

人気の要因

外装の迫力や室内のラグジュアリー感といった見た目だけでなく、優れた走行性能も人気の要因です。

2.0Lターボモデルはタービンに使う排気ガス温度を低くするエキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドや低回転から高回転まで高いトルクを引き出すツインスクロールターボなどを装備しており、トランスミッションにはマニュアルポジションを持つ6速ATが採用されました。シフトチェンジを楽しみながら爽快な気分で走行できます。

JC08モード21.4km/Lを記録したハイブリッド仕様もパワフルな走行性能を持っています。2.5L自然吸気の直列4気筒に加え、フロントに105kW(143P0S)の2JMモーター、リアには50kW(68PS)の2FMモーターを配置、低燃費と高出力を両立させています。

性能をフルに引き出さなくても十分な満足感を与えてくれるSUVです。

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定

ページの1番上へ戻る

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2018 Freeb Inc.