シエンタの評価・レビュー

写真 概要 詳細
シエンタ メーカー トヨタ
車名 シエンタ
JC08モード燃費 15.4〜27.2km/L
エコカー減税 50〜100%減税
< 主要スペック >
全長 全幅 全高 乗車定員
4235mm 1695mm 1675mm 5〜7人
室内長 室内幅 室内高 総排気量
1850〜2535mm 1470mm 1280〜1290mm 1496cc
新車価格 中古車相場価格
168.9709〜232.9855万円 150〜250万円

シエンタの評価・特徴

シエンタデザイン

シエンタは、トヨタが製造・販売している5〜7人乗りのミニバンです。最近の一般的なミニバンは、箱型のデザインが普通です。しかし、シエンタはそれらとは違って丸みを帯びたボディをしています。

また他の箱型ミニバンよりも車高もずっと低く、ボディ全体が流線型をしているのが大きな特徴です。

2015年、シエンタは初代の登場から12年を経て初のフルモデルチェンジを行い、大きくデザインを変更しました。

“トレッキングシューズ”や“スポーツバッグ”をイメージしたとされるそのデザインには賛否がありますが、上品なデザインだった初代とはうって変わったインパクトのあるモデルとなり、自動車好きの話題を集めることとなりました。

コンパクトな車体に3列シートを装備

シエンタは、とてもインパクトがあるミニバンです。車体は小さいながらも独特なセンスのデザインで、目にした人に強い印象を残します。

シエンタの全長は、4235mmしかありません。これは、3列のシートを備えるミニバンとしては短い部類で、シエンタがいかに室内空間を無駄なく使っているのかが分かるポイントでもあります。

シエンタ真横

シエンタを真横から見ると、前部が低く、車体後部に向かって徐々に屋根が高くデザインされているのが分かります。

このように車体を前傾させたデザインは、シエンタにスポーティで敏捷な印象を与えています。また、このような前傾したデザインは、車内の座席レイアウトにも有効的に利用されています。

シエンタでは運転席/助手席から車体後部に向けて、シートの着座位置が徐々に高くなるよう座席が配置されています。トヨタでは、これを“シアターレイアウト”と呼んでいます。

このようにシートの座面を設定することで、2列目や3列目に座った人にも前方が見やすくなり、小さな子どもなどは自動車酔いしにくくなると説明しています。

シエンタ座席

シエンタでは、座席シート関係に多くの工夫が凝らされています。特に面白いのは2列目のシートです。

リアドアからの乗り降りで邪魔になることが多い2列目シートですが、シエンタでは、この2列目シートがワンタッチのレバー操作で簡単に折りたためるようになっています。

しかも、この操作には力が入りません。片手でひとつレバーを操作するだけで、背もたれが座面側に倒れ、その後シート全体が前転するように前方にまとまるのは愉快です。

また3列目のシートは、折りたたんだ後に2列目のシートがあった場所に移動ができます。こうすることでフラットな荷室が作れ、箱物の荷物でも積み下ろしが楽になります。

また、折りたたんだシートがスペースを無駄に消費しないので、たとえば2台の自転車も収納可能な広い積載スペースを実現しています。

高い経済性と安全性を実現

特徴的なデザインで注目を集めるシエンタですが、トヨタの車らしく、自動車としての基本性能では高いレベルを実現しています。

シエンタにはガソリン車とハイブリッド車の設定がありますが、ガソリン車でもJC08モードで20.6km/Lという良好な燃費性能を備えています。

ハイブリッド車では27.2km/Lですが、ハイブリッド車は車両価格も高いので、日常の走行距離によっては、導入から運用を考えたトータルコストではガソリン車がお得になる場合も少なくありません。

シエンタ安全装備

安全装備としては、衝突回避支援パッケージである「Toyota Safety Sense C」(以下、TSSC)が全車にメーカーオプションの設定がされています。

TSSCは、多くの事故の統計を分析し、その発生割合の高い事故に対応する3つの安全機能をパッケージ化したものです。

TSSCには、自動ブレーキ、ハイビーム/ロービーム自動切り替え、車線逸脱警報の3つの先進機能がパッケージされています。

TSSCは、フロントガラスの上部に設置された単眼カメラとレーザーレーダーによって実現されています。

より先の状況まで認識できる単眼カメラと、昼夜の影響を受けにくく近距離を高精度で検知できるレーザーレーダーという性格の異なる2つのセンサーを両方使うことで、より広範囲を正確に認識できるのがTSSCの大きな特徴です。

事故統計を分析した結果を装備に反映させたTSSCは、事故の防止と被害の軽減に大いに役立つ機能といえます。

シエンタは中古車も検討してみよう!

現行モデルのシエンタは、2015年に発売開始となったモデルです。発売開始から一定の期間が経過しているモデルですが、その独特の車体デザインのためか、中古車市場にはあまり多くの車両はありません。端的にいえば、“不人気車”ということになるでしょう。

シエンタのように強烈な個性を持つモデルの場合、その個性を気に入ってわざわざそのモデルを購入した人は、簡単には手放さない傾向があります。シエンタの場合も、乗り換えなどで売りに出された車両はあまりないようです。

中古車としてラインナップされているのは、走行距離がほとんどない、展示車上がりのような車両ばかりです。そのため、価格は高めの傾向があります。

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定
他車種の評価・レビュー

※ 英数字 → アイウエオ順で掲載しております(^^)


【英数字】
1シリーズ 1シリーズ 3シリーズ 3シリーズセダン
718ケイマン 718ケイマン 86 86
Aクラス Aクラス AD AD
bB bB BRZ BRZ
C-HR C-HR CR−V CR−V
CR-Z CR-Z CT200h CT200h
CX-3 CX-3 CX−5 CX−5
デイズDAYZ DAYZ(デイズ) DAYZ ROOX DAYZ ROOX
eKスペース eKスペース ekワゴン ekワゴン
e-NV200バン e-NV200バン e-NV200 e-NV200
FJクルーザー FJクルーザー GS GS
GT-R GT-R HS HS
HUSTLER HUSTLER iQ iQ
IS IS IS C IS C
JADE JADE(ジェイド) LS LS
MRワゴン MRワゴン N BOX N BOX
N BOX+ N BOX+ N-BOXスラッシュ N-BOXスラッシュ
N-ONE N-ONE N-WGN N-WGN
NSX NSX NV350キャラバン NV350キャラバン
NV100クリッパー NV100クリッパー NX NX
rc RC / RC F RX RX
rx-8 RX-8 SAI SAI
s660 S660 SX4 S-CROSS SX4 S-CROSS
ttクーペ TTクーペ wrxS4 WRX S4
wrx-sti WRX STI XV XV
【ア行】
アイシス アイシス i-miev アイミーブ
アウトランダー アウトランダー アウトランダーPHEV アウトランダーPHEV
アクア アクア アクセラ(新型) アクセラ
アクセラスポーツ アクセラスポーツ アクセラセダン アクセラセダン
アクセラハイブリッド アクセラハイブリッド アクティトラック アクティトラック
アコードハイブリッド アコードハイブリッド アコードプラグインハイブリッド アコードプラグインハイブリッド
アテンザセダン アテンザセダン アテンザワゴン アテンザワゴン
アベンシス アベンシス アリオン アリオン
アルト アルト アルトエコ アルトエコ
アルトラパン アルトラパン アルファード アルファード
イグニス イグニス イスト イスト
インサイト インサイト インプレッサG4 インプレッサG4
インプレッサスポーツ インプレッサスポーツ ヴァンガード ヴァンガード
ウィッシュ ウィッシュ ウィングロード ウィングロード
ヴィッツ(新型) ヴィッツ ウェイク ウェイク
ヴェゼル ヴェゼル ヴェルファイア ヴェルファイア
ヴォクシー(新型) ヴォクシー エクシーガ エクシーガ
エクシーガクロスオーバー7 エクシーガクロスオーバー7 エクストレイル(新型) エクストレイル(新型)
エスクァイア エスクァイア エスクード エスクード
エスティマ エスティマ エブリィ エブリィ
エリシオン エリシオン エルグランド エルグランド
オデッセイ(新型) オデッセイ オーリス オーリス
【カ行】
カムリ カムリ カローラアクシオ カローラアクシオ
カローラフィールダー カローラフィールダー カローラルミオン カローラルミオン
キャスト キャスト キャリィ キャリィ
キューブ キューブ クラウンアスリート クラウンアスリート
クラウンマジェスタ クラウンマジェスタ クラウンロイヤル クラウンロイヤル
クラリティ フューエル セル クラリティ フューエル セル グレイス グレイス
コペン(新型) コペン golfゴルフ ゴルフ(Golf)
【サ行】
ザ・ビートル ザ・ビートル シエンタ シエンタ
シフォン シフォン シルフィ シルフィ
シーマ(CIMA) シーマ(CIMA) シャトル
ジムニー ジムニー ジムニーシエラ ジムニーシエラ
ジャスティ ジャスティ ジューク ジューク
スイフト スイフト スカイライン(SKYLINE) スカイライン(SKYLINE)
スカイラインクーペ スカイラインクーペ ステップワゴン ステップワゴン
ストリーム ストリーム スプラッシュ スプラッシュ
スペイド スペイド スペーシア スペーシア
スペーシアカスタムZ スペーシアカスタムZ セレナ セレナ
センチュリー(Century) センチュリー(Century) ソリオ ソリオ
【タ行】
タント タント タンク タンク
ティアナ ティアナ デリカD:2 デリカD:2
デリカD:5 デリカD:5 トレジア トレジア
トール トール デミオ
【ナ行】
ノア(新型) ノア ノート(NOTE) ノート
【ハ行】
ハイエース ハイエース ハイエースワゴン ハイエースワゴン
ハイゼットトラック ハイゼットカーゴ ハイゼットカーゴ
ハイラックス ハイラックス バネットバン バネットバン
ハリアー(新型) ハリアー パッソ パッソ
パジェロ(PAJERO) パジェロ(PAJERO) パレット パレット
バレーノ バレーノ ピクシスエポック ピクシス エポック
ピクシスジョイ ピクシス ジョイ ピクシススペース ピクシス スペース
ピクシストラック ピクシス トラック ピクシスバン ピクシス バン
ピクシスメガ ピクシス メガ ビアンテ ビアンテ
ファミリアバン ファミリアバン フィットシャトル フィットシャトル
フィット フィット フェアレディZ フェアレディZ
フォレスター フォレスター フリード フリード
フレア フレア フレアクロスオーバー フレアクロスオーバー
プリウス プリウス プリウスα プリウスα
プリウスPHV プリウスPHV プレマシー プレマシー
プレオ プレオ プレミオ プレミオ
フーガ(FUGA) フーガ(FUGA) ブーン(BOON) ブーン(BOON)
ベリーサ ベリーサ ポルテ ポルテ
ポロ ポロ(Polo) ボンゴバン ボンゴバン
【マ行】
マークX マークX マークXジオ マークXジオ
マーチ マーチ ミラ(Mira) ミラ(Mira)
ミライ(MIRAI) ミライ(MIRAI) ミラ イース ミラ イース
ミラージュ ミラージュ ミラココア ミラココア
ムーヴ ムーヴ ムーヴキャンバス ムーヴキャンバス
ムーヴコンテ ムーヴコンテ モコ モコ
【ヤ行】
       
【ラ行】
ライフ(Life) ライフ(Life) ラクティス ラクティス
ラッシュ ラッシュ ラティオ ラティオ
ラパンショコラ ラパンショコラ ラフェスタハイウェイスター ラフェスタハイウェイスター
ランサーエボリューション ランサーエボリューション ランドクルーザー ランドクルーザー
ランドクルーザープラド ランドクルーザープラド リーフ リーフ
ルークス ルークス ルーミー ルーミー
レガシィB4 レガシィB4 レガシィアウトバック レガシィアウトバック
レガシィツーリングワゴン レガシィツーリングワゴン レヴォーグ レヴォーグ
レジェンド レジェンド ロードスター ロードスター
ロードスターRF ロードスター RF    
【ワ行】
ワゴンR ワゴンR    

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2018 Freeb Inc.