CX-5の評価・レビュー

写真 概要 詳細
メーカー マツダ
車名 CX-5
JC08モード燃費 14.6〜18.4km/L
エコカー減税 20〜100%減税
< 主要スペック >
全長 全幅 全高 乗車定員
4545mm 1840mm 1690mm 5人
室内長 室内幅 室内高 総排気量
1890mm 1540mm 1265mm 1997〜2488cc
新車価格 中古車相場価格
246.2〜321.3万円 138.9〜299.9万円

SUVらしい安定感を強調したオンロード志向のCX-5

マツダのミドルサイズSUV、CX-5が2017年2月にフルモデルチェンジを行いました。

基本構造は発売からわずか4年弱で世界累計生産台数100万台を超えた初代モデルを継承していますが、台形フォルムをさらにワイド化して安定感を高め、マツダが全車種装備に積極的な新世代車両連動制御技術、G-Vectoring-Controlを搭載し、走行性能を向上させていることが大きな特徴となっています。

ボディへの映り込みまで計算した局面構成のフォルム

エクステリアは初代のイメージを残しながらも大胆な変化を遂げています。

前後のトレッド(左右の車輪の中心距離)を10mm拡大し、路面をしっかり踏みしめるスタンスの良さを表現して安定感を強調、ボディサイドは映り込みまで計算した面造形にデザインされています。

マツダのアイコンとなっているラジエターグリルのシグネチャーウイングは横方向に広げてヘッドライトとの境目を取り除き、やや前方へ突き出すことによって立体感を強めた造形になっています。

また2代目となった現行車から新たな赤系のボディカラー、ソウルレッドクリスタルメタリックが加わりました。

初代に設定さえていたソウルレッドプレミアムメタリックに替わる特別塗装色で、鮮やかさと深みのある透明感がボディフォルムを艷やかに見せています。

ゴルフバッグ4個が入る容量を確保したラゲッジルーム

インテリアはマツダ共通のブラックとシルバーを組み合わせた水平基調のデザインが採用されており、SUVを感じさせない上質な空間に演出されています。

センターコンソールのドライバー側には電動パーキングブレーキとオートホールド機能のスイッチが装備されています。

電動パーキングブレーキは軽い力でも確実にパーキングブレーキをかけることができ、また解除の方法もスイッチを押す、または発進のためにアクセルを踏むだけで済むので、女性でも力を使うことなく坂道でも安心して駐停車できます。

オートホールド機能は停車後にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保つ装置で、アクセルペダルを踏むとこちらも自動的に解除される仕組みになっています。

ドライバーの負担を軽減する2つの装置は全グレードに標準装備されました。

SUVはセダンのようにフロントノーズがあるのでラゲッジルームは狭くなるのが一般的ですが、CX-5は505Lの容量を確保しました。

定員乗車時でもゴルフバッグ4個を積載することができ、ラゲッジルームのフロア下には洗車用具などを収納できるサブトランクボックスが備わっています。

リアシートは中央席のシートバックだけを前倒させることができるので、スキー板やスノーボードといった長尺の荷物も4人乗車のまま積載可能です。

4輪への荷重を統合的にコントロールするGベクタリング

走行面ではすでにアテンザやアクセラで高い評価を受けているG-Vectoring-Control(Gベクタリングコントロール)が全グレードに搭載されました。

この機能はドライバーのステアリング操作に応じてタイヤにかかる駆動力を制御するシステムで、ドライバーが意図したコーナーラインを正確に走行できるようになります。

クルマはコーナーを走行するとコーナー外側に横Gが発生し、コーナー内側のタイヤ接地面積が少なくなります。

速度が上がるとこの現象が顕著になり、ドライバーは無意識のうちにタイヤを接地させようとステアリングを修正操作します。

Gベクタリングコントロールはコーナーに入ると横方向と前後方向のGを統合的にコントロール、4輪への荷重を最適化するのでドライバーは修正操作量を減少させることができ、運転の疲労が軽減するとともに同乗者も身体の揺れが減るので乗り心地が良くなります。

CX-5はオンロード走行を主体とした都会的なSUVといえるでしょう。

中古車市場ではガソリンモデルよりディーゼル仕様の方が安い!

CX-5の初代は2012年2月に販売開始、2015年5月には世界累計生産台数が100万台に達した人気車種だけに中古車市場には豊富な車数が流通しています。

2代目が発売されたこともあって、流通する車数は今後、さらに増えることが予想されます。

ボリュームゾーンとなっている価格帯は200〜300万円で、クリーンディーゼルを搭載した人気のXDグレードは2016年式で走行距離1万km前後の場合、300万前後で販売されています。

同じXDグレードでも2012〜2013年式で走行距離3万km前後になると価格が一気に下がり、180万円前後が中心価格帯となります。

CX-5の中古車はそのほとんどがXDグレードで、ガソリンエンジンを搭載した20S、25Sは極端に少ない車数となっています。

したがって状態の良し悪しや好みのボディカラーなどに関して選択の余地が少ないことを予め想定しておく必要があります。

販売価格もXDに比べると高く、2012年式で走行距離4〜5万kmの場合、180万円前後が相場となっています。

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1ガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定

前モデル

写真 概要 詳細
マツダ メーカー マツダ
車名 CX-5
JC08モード燃費 14.6〜18.4km/L
エコカー減税 25〜100%減税
< 主要スペック >
全長 全幅 全高 乗車定員
4540mm 1840mm 1705mm 5人
室内長 室内幅 室内高 総排気量
1910mm 1530mm 1220〜1280mm 1997〜2488cc
新車価格 中古車相場価格
244.62〜348.84万円 140〜330万円

CX-5の評価・特徴

cx-5デザイン

CX-5は、マツダが製造・販売するクロスオーバーSUVです。マツダには“SKYACTIV-D”と呼ばれる、独自のディーゼル環境技術があります。この技術を使ったエンジンを最初に搭載したのがCX-5です。

CX-5は、洗練された力強さを形にしたヨーロッパ車のようなデザインと、高い走行性能を備えているのが特徴です。

環境と走行性能を両立させる“SKYACTIV-D”テクノロジーの採用と相まって、2012年の販売開始から既に100万台以上のグローバル販売台数を誇るヒットモデルとなっています。

マツダが広告で“オールラウンダー”と表記するように、CX-5は様々なシーンで実力を発揮する使いやすいSUVでもあります。

環境性能に優れたエンジンを搭載

cx-5エンジン

最近のマツダは、ディーゼルエンジンに関して高い環境技術を持つことで注目されています。CX-5にも、次世代のクリーンディーゼル技術である“SKYACTIV-D”を投入したディーゼルエンジンが搭載されています。

しかし、CX-5が搭載するのはディーゼルエンジンだけではありません。CX-5にはガソリンエンジンを搭載したモデルもあり、こちらにはスカイアクティブ技術のガソリエンジン版である“SKYACTIVE-G”という技術が投入されています。

“SKYACTIVE-G”は、出力と環境性能を両立する技術です。CX-5に搭載されるガソリンエンジンは、従来以上に高い熱効率を実現するため、14.0という高い圧縮比で設計されています。

また、この圧縮比でも正常な燃焼をさせるために排気システムやピストン形状など、様々な方策が試されました。

“SKYACTIVE-G”は、これらの個々の取り組みの総和が実現した、総合的な環境技術です。

この技術によって、CX-5に搭載されるガソリンエンジンでは、燃費と中低速のトルクを従来型エンジンに比べてそれぞれ15%も改善しています。

また、エンジン動作中の振動やこもり音なども軽減され、より静粛性の高いエンジンに仕上がっています。

最新の先進安全装備“i-ACTIVSENSE”を搭載

マツダの先進安全技術には、“i-ACTIVSENSE”という名前が付いています。CX-5は、この技術の搭載によって、予防安全性能アセスメントにおいて安全性能の高い車両に贈られる最高ランクの「ASV+」を獲得しています。

cx-5先進安全装備

“i-ACTIVSENSE”には様々な機能が含まれます。その中でも、ハイビームでありながら対向車のドライバーに眩惑を与えない“アダプティブ・LED・ヘッドライト”や、ステアリングのアシスト機能が付いた“レーンキープ・アシスト・システム”、“車線逸脱警報システム”などは特筆すべきものです。

cx-5ヘッドライト

“アダプティブ・LED・ヘッドライト”は、ヘッドライトのハイビームを4ブロックに分けて配置したLEDによって、部分的に点灯/消灯できるシステムです。

フロントガラスに搭載されたカメラが対向車や先行車を認識すると、その車両にだけ光が当たらないようLEDのブロックを制御します。

これによって、周囲を明るく照らしたまま、相手方車両のドライバーには眩しさを感じさせないことが可能になりました。

“レーンキープ・アシスト・システム”も、フロントガラスに搭載されたカメラの映像によって制御を行います。

カメラが道路上の車線を認識し、そこからの逸脱を予測すると、望ましい位置に車両を戻そうとするドライバーのハンドル操作をトルクでアシストします。

これにより、ドライバーは少ない力で車両を正しい位置に戻すことができます。また、この機能では道路がカーブしている状況に合わせて、理想的なハンドル操作へとドライバーを導く機能も搭載されています。

“車線逸脱警報システム”もユニークです。同様の機能を搭載する車両は他社にもありますが、多くの場合、メーターパネル内のランプとブザー音などによってドライバーの注意を促すものが一般的です。

cx-5車線逸脱警報システム

しかし、CX-5の場合はさらに1歩進んでいます。CX-5では、危険が迫るとステアリングを振動させたり、スピーカーからランブルストリップス音やビープ音を出すことによってドライバーに危険を知らせます。

ちなみに、ランブルストリップス音は、車両が左側に逸脱しそうな場合は左のスピーカーから、右側の場合は右のスピーカーから発せられます。

これによってドライバーは車両の状態を直感的に判断でき、素早い反応で事故を回避することができるようになります。

CX-5は中古車も検討してみよう!

CX-5は、2012年2月に発売となった車種です。既にある程度の時間が経過しており、また販売が好調なモデルでもあり、中古車市場には多くの車両が存在する状況にあります。

ディーゼルエンジンモデルとガソリンエンジンモデルがあるCX-5ですが、中古車市場ではディーゼルが多く、割合ではガソリン車を1とするとディーゼル車は3となります。

車両価格としては、ガソリン車もディーゼル車も140万円前後からあります。数が多い分バリエーションが豊かなのはディーゼル車で、そのためにディーゼル車には300万円を大きく超える車両も少なからず存在します。

ハイブリッド車が存在しないCX-5ですが、もしガソリン車とディーゼル車で迷うのであれば、ディーゼル車がおすすめです。

CX-5に搭載されたディーゼルエンジンは、燃費・パワーともにガソリンエンジンを上回ります。

特にトルクは圧倒的で、ガソリン車が4000回転で発生する最大トルク(20.0kgf・m)の2倍以上(42.8kgf・m)を、たった2000回転で発生します。

また、軽油はガソリンよりも安いので、購入後のランニングコストも低く抑えられるはずです。

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定
他車種の口コミ・評判

※ 英数字 → アイウエオ順で掲載しております(^^)


【英数字】
1シリーズ 1シリーズ 2シリーズ 2シリーズ
3シリーズ 3シリーズセダン 718ケイマン 718ケイマン
86 86 911 911
A3 A3 A4アバント A4アバント
Aクラス Aクラス AD AD
bB bB BRZ BRZ
Cクラスワゴン Cクラスワゴン C-HR C-HR
CR−V CR−V CR-Z CR-Z
CT200h CT200h CX-3 CX-3
CX−5 CX−5 CX-8 CX-8
Cクラスセダン Cクラスセダン CLA CLAクラス
デイズDAYZ DAYZ(デイズ) DAYZ ROOX DAYZ ROOX
eKスペース eKスペース ekワゴン ekワゴン
e-NV200バン e-NV200バン e-NV200 e-NV200
FJクルーザー FJクルーザー GS GS
GT-R GT-R HS HS
HUSTLER HUSTLER i3 i3
iQ iQ IS IS
IS C IS C JADE JADE(ジェイド)
LS LS MRワゴン MRワゴン
N BOX N BOX N BOX+ N BOX+
N-BOXスラッシュ N-BOXスラッシュ N-ONE N-ONE
N-VAN N-VAN N-WGN N-WGN
NSX NSX NV350キャラバン NV350キャラバン
NV100クリッパー NV100クリッパー NX NX
rc RC / RC F RX RX
rx-8 RX-8 SAI SAI
S60 S60 s660 S660
SX4 S-CROSS SX4 S-CROSS ttクーペ TTクーペ
V40 V40 V90 V90
wrxS4 WRX S4 wrx-sti WRX STI
XV XV    
【ア行】
アイシス アイシス i-miev アイミーブ
アウトランダー アウトランダー アウトランダーPHEV アウトランダーPHEV
アクア アクア アクセラ(新型) アクセラ
アクセラスポーツ アクセラスポーツ アクセラセダン アクセラセダン
アクセラハイブリッド アクセラハイブリッド アクティトラック アクティトラック
アコードハイブリッド アコードハイブリッド アコードプラグインハイブリッド アコードプラグインハイブリッド
アテンザセダン アテンザセダン アテンザワゴン アテンザワゴン
アトレーワゴン アトレーワゴン アベンシス アベンシス
アリオン アリオン アルト アルト
アルトエコ アルトエコ アルトラパン アルトラパン
アルファード アルファード イグニス イグニス
イスト イスト インサイト インサイト
インプレッサG4 インプレッサG4 インプレッサスポーツ インプレッサスポーツ
ヴァンガード ヴァンガード ウィッシュ ウィッシュ
ウィングロード ウィングロード ヴィッツ(新型) ヴィッツ
ウェイク ウェイク ヴェゼル ヴェゼル
ヴェルファイア ヴェルファイア ヴォクシー(新型) ヴォクシー
エクシーガ エクシーガ エクシーガクロスオーバー7 エクシーガクロスオーバー7
エクストレイル(新型) エクストレイル(新型) エクリプスクロス エクリプスクロス
エスクァイア エスクァイア エスクード エスクード
エスティマ エスティマ エブリィ エブリィ
エリシオン エリシオン エルグランド エルグランド
オデッセイ(新型) オデッセイ オーリス オーリス
【カ行】
カイエン カイエン カムリ カムリ
カローラアクシオ カローラアクシオ カローラフィールダー カローラフィールダー
カローラルミオン カローラルミオン キャスト キャスト
キャリィ キャリィ キューブ キューブ
クラウンアスリート クラウンアスリート クラウンマジェスタ クラウンマジェスタ
クラウンロイヤル クラウンロイヤル クラリティ フューエル セル クラリティ フューエル セル
グレイス グレイス クロスビー クロスビー
golfゴルフ ゴルフ(Golf) コペン(新型) コペン
【サ行】
ザ・ビートル ザ・ビートル シエンタ シエンタ
シフォン シフォン シルフィ シルフィ
シーマ(CIMA) シーマ(CIMA) シャトル
ジムニー ジムニー ジムニーシエラ ジムニーシエラ
ジャスティ ジャスティ ジューク ジューク
スイフト スイフト スカイライン(SKYLINE) スカイライン(SKYLINE)
スカイラインクーペ スカイラインクーペ ステップワゴン ステップワゴン
ストリーム ストリーム スプラッシュ スプラッシュ
スペイド スペイド スペーシア スペーシア
スペーシアカスタムZ スペーシアカスタムZ セレナ セレナ
センチュリー(Century) センチュリー(Century) ソリオ ソリオ
【タ行】
タント タント タンク タンク
ティアナ ティアナ デリカD:2 デリカD:2
デリカD:5 デリカD:5 トレジア トレジア
トール トール デミオ
【ナ行】
ノア(新型) ノア ノート(NOTE) ノート
【ハ行】
ハイエース ハイエース ハイエースワゴン ハイエースワゴン
ハイゼットトラック ハイゼットカーゴ ハイゼットカーゴ
ハイラックス ハイラックス バネットバン バネットバン
ハリアー(新型) ハリアー パッソ パッソ
パジェロ(PAJERO) パジェロ(PAJERO) パレット パレット
バレーノ バレーノ ピクシスエポック ピクシス エポック
ピクシスジョイ ピクシス ジョイ ピクシススペース ピクシス スペース
ピクシストラック ピクシス トラック ピクシスバン ピクシス バン
ピクシスメガ ピクシス メガ ビアンテ ビアンテ
ファミリアバン ファミリアバン フィットシャトル フィットシャトル
フィット フィット フェアレディZ フェアレディZ
フォレスター フォレスター フリード フリード
フレア フレア フレアクロスオーバー フレアクロスオーバー
プリウス プリウス プリウスα プリウスα
プリウスPHV プリウスPHV プレマシー プレマシー
プレオ プレオ プレミオ プレミオ
フーガ(FUGA) フーガ(FUGA) ブーン(BOON) ブーン(BOON)
ベリーサ ベリーサ ポルテ ポルテ
ポロ ポロ(Polo) ボンゴバン ボンゴバン
【マ行】
マークX マークX マークXジオ マークXジオ
マーチ マーチ ミラ(Mira) ミラ(Mira)
ミライ(MIRAI) ミライ(MIRAI) ミラ イース ミラ イース
ミラトコット ミラトコット ミラージュ ミラージュ
ミラココア ミラココア ムーヴ ムーヴ
ムーヴキャンバス ムーヴキャンバス ムーヴコンテ ムーヴコンテ
モコ モコ    
【ヤ行】
       
【ラ行】
ライフ(Life) ライフ(Life) ラクティス ラクティス
ラッシュ ラッシュ ラティオ ラティオ
ラパンショコラ ラパンショコラ ラフェスタハイウェイスター ラフェスタハイウェイスター
ランサーエボリューション ランサーエボリューション ランドクルーザー ランドクルーザー
ランドクルーザープラド ランドクルーザープラド リーフ リーフ
ルークス ルークス ルーミー ルーミー
レガシィB4 レガシィB4 レガシィアウトバック レガシィアウトバック
レガシィツーリングワゴン レガシィツーリングワゴン レヴォーグ レヴォーグ
レジェンド レジェンド ロードスター ロードスター
ロードスターRF ロードスター RF    
【ワ行】
ワゴンR ワゴンR    

ページの1番上へ戻る

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2019 Freeb Inc.