アクセラの評価・レビュー

写真 概要 詳細
マツダ メーカー マツダ
車名 アクセラ
JC08モード燃費 17.8〜30.8km/L
エコカー減税 0〜100%減税
< 主要スペック >
全長 全幅 全高 乗車定員
4460〜4580mm 1795mm 1455〜1480mm 5人
室内長 室内幅 室内高 総排気量
1845mm 1505mm 1165〜1170mm 1496〜2188cc
新車価格 中古車相場価格
176.04〜309.96万円 150〜270万円

アクセラの評価・特徴

axelaデザイン

アクセラは、マツダが製造・販売する乗用車です。スポーツ、セダン、ハイブリッドの3シリーズがあり、それぞれに複数のグレードを設けています。

クリーンディーゼルで有名なマツダですが、アクセラではスポーツとセダンの一部に設定があるのみで、他のモデルはガソリンエンジンを採用しています。

スポーツとセダンに使用するガソリンエンジンは1.5Lと2.0Lの2種類ありますが、いずれも環境性能と出力を両立させたテクノロジーである“SKYACTIV-G”が採用されています。

他のマツダ車同様、アクセラは“走る歓び”を味わえるドライバーズカーです。

ヨーロッパ車のようなデザインに最新技術を投入

axela最新技術

このところ、マツダのセールスが好調です。マツダは、「スカイアクティブテクノロジー」の名の下、エンジンや車体といった自動車の基本部分に関する技術を磨き、環境に配慮しながらも運転して楽しい自動車の開発に力を注いできました。アクセラは、その技術を早くに導入したモデルです。

アクセラに対するスカイアクティブテクノロジーは、2011年にガソリンエンジンとミッションに関するものが投入されたのが最初でした。

しかし、その後も技術は進化し、ボディ、シャーシへと導入が進みました。現在のアクセラには、マツダが持つスカイアクティブテクノロジーが全面的に投入されています。

現行モデルのアクセラには、スポーツ、セダン、ハイブリッドの3シリーズが用意されています。

いずれもヨーロッパ車のような美しいデザインのモデルが揃ったシリーズですが、スポーツとセダン、ハイブリッドではボディタイプが異なります。

セダンとハイブリッドは流麗なセダンタイプ、ハイブリッドはハッチバッグタイプとなっています。

3シリーズの中で1番車両モデルのバリエーションが多いのは、スポーツシリーズです。

ディーゼルエンジンモデルは1種類ですが、ガソリンエンジンモデルは1.5Lモデルと2.0Lモデルが用意され、シリーズ全体としては7グレードが用意されています。いずれのグレードにもマニュアルモデルが用意されているのが特徴です。

セダンシリーズは、ディーゼルエンジングレードが1種類と、ガソリンエンジンの車両が3グレード用意されています。スポーツシリーズと違い、こちらのシリーズでは2.0Lエンジンはありません。しかし、どのグレードにもマニュアルミッションは用意されています。

気分を盛り上げる、ドライバーのための車内デザイン

シートアレンジや荷物の積載能力などをアピールするモデルが多い中、マツダの自動車はドライバーの運転する楽しみに重点を置いたデザインを貫いています。アクセラにも、この思想は健在です。

axela車内デザイン

アクセラでは、運転に必要な情報と快適さや便利さに関する情報を峻別し、それぞれの情報にアクセスするスペースを分けています。

たとえば、アクセラのドライバーズシートでは、メーターパネルの中央にタコメーターがあり、走行スピードやナビゲーションのルート誘導などはメーターパネル上部に立ち上がるディスプレイ上に表示されます。

このディスプレイは、ドライバーの約1.5m先に焦点が来るように表示されます。このため、運転中のドライバーは焦点調節が少なくて済み、長時間の運転でも目の疲れが軽減できます。

また、視線の移動がないので運転に集中でき、より確実で安全な運転ができるようにもなります。

axelaディスプレイ

アクセラでは、スイッチ類の配置に関しても配慮がなされ、運転中の姿勢から自然に手を下ろした場所に頻繁に使うコマンダーコントロールの操作部を配置しています。

その他、アクセルやブレーキペダルの位置やハンドルの調整範囲、高いデザイン性を備えながらも必要なホールド性と座り心地の良さを備えたシートなど、その配慮は広範囲に渡っています。

このようなマツダのデザイン思想は、自動車を運転して楽しいという本来の位置に再設定するものです。

マツダの自動車が内外で高い評価を得ているのは、このように自動車本来の価値を見据え、それを高める技術を持つマツダならではの社風が大きく影響しているようです。

アクセラは中古車も検討してみよう!

現行モデルのアクセラは、2013年11月に販売開始となった3代目です。

販売開始からそこそこ時間は経過していますが、中古車市場には現行モデルの数はあまり多くはありません。

特にディーゼルモデルは、ほぼ皆無の状態にあります。価格も高めなので、目的の車両に出会うにはそれなりの努力と時間が必要です。

一方、ハイブリッドモデルは数が多く、全中古車中で6割以上の数を占める状態にあります。

ちなみに、現行アクセラのハイブリッド車は、170万円程度の車両価格から選べる状態になります。車両価格で200万円を下回るものもそこそこあるので、時間を惜しまなければ理想のモデルが選べるはずです。

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定

車を売る際の買取査定についてはこちら

他車種の口コミ・評判

※ 英数字 → アイウエオ順で掲載しております(^^)


【英数字】
1シリーズ 1シリーズ 2シリーズ 2シリーズ
3シリーズ 3シリーズセダン 718ケイマン 718ケイマン
86 86 911 911
A3 A3 A4アバント A4アバント
Aクラス Aクラス AD AD
bB bB BRZ BRZ
Cクラスワゴン Cクラスワゴン C-HR C-HR
CR−V CR−V CR-Z CR-Z
CT200h CT200h CX-3 CX-3
CX−5 CX−5 CX-8 CX-8
Cクラスセダン Cクラスセダン CLA CLAクラス
デイズDAYZ DAYZ(デイズ) DAYZ ROOX DAYZ ROOX
eKスペース eKスペース ekワゴン ekワゴン
e-NV200バン e-NV200バン e-NV200 e-NV200
FJクルーザー FJクルーザー GS GS
GT-R GT-R HS HS
HUSTLER HUSTLER i3 i3
iQ iQ IS IS
IS C IS C JADE JADE(ジェイド)
LS LS MRワゴン MRワゴン
N BOX N BOX N BOX+ N BOX+
N-BOXスラッシュ N-BOXスラッシュ N-ONE N-ONE
N-VAN N-VAN N-WGN N-WGN
NSX NSX NV350キャラバン NV350キャラバン
NV100クリッパー NV100クリッパー NX NX
rc RC / RC F RX RX
rx-8 RX-8 SAI SAI
S60 S60 s660 S660
SX4 S-CROSS SX4 S-CROSS ttクーペ TTクーペ
V40 V40 V90 V90
wrxS4 WRX S4 wrx-sti WRX STI
XV XV    
【ア行】
アイシス アイシス i-miev アイミーブ
アウトランダー アウトランダー アウトランダーPHEV アウトランダーPHEV
アクア アクア アクセラ(新型) アクセラ
アクセラスポーツ アクセラスポーツ アクセラセダン アクセラセダン
アクセラハイブリッド アクセラハイブリッド アクティトラック アクティトラック
アコードハイブリッド アコードハイブリッド アコードプラグインハイブリッド アコードプラグインハイブリッド
アテンザセダン アテンザセダン アテンザワゴン アテンザワゴン
アトレーワゴン アトレーワゴン アベンシス アベンシス
アリオン アリオン アルト アルト
アルトエコ アルトエコ アルトラパン アルトラパン
アルファード アルファード イグニス イグニス
イスト イスト インサイト インサイト
インプレッサG4 インプレッサG4 インプレッサスポーツ インプレッサスポーツ
ヴァンガード ヴァンガード ウィッシュ ウィッシュ
ウィングロード ウィングロード ヴィッツ(新型) ヴィッツ
ウェイク ウェイク ヴェゼル ヴェゼル
ヴェルファイア ヴェルファイア ヴォクシー(新型) ヴォクシー
エクシーガ エクシーガ エクシーガクロスオーバー7 エクシーガクロスオーバー7
エクストレイル(新型) エクストレイル(新型) エクリプスクロス エクリプスクロス
エスクァイア エスクァイア エスクード エスクード
エスティマ エスティマ エブリィ エブリィ
エリシオン エリシオン エルグランド エルグランド
オデッセイ(新型) オデッセイ オーリス オーリス
【カ行】
カイエン カイエン カムリ カムリ
カローラアクシオ カローラアクシオ カローラフィールダー カローラフィールダー
カローラルミオン カローラルミオン キャスト キャスト
キャリィ キャリィ キューブ キューブ
クラウンアスリート クラウンアスリート クラウンマジェスタ クラウンマジェスタ
クラウンロイヤル クラウンロイヤル クラリティ フューエル セル クラリティ フューエル セル
グレイス グレイス クロスビー クロスビー
golfゴルフ ゴルフ(Golf) コペン(新型) コペン
【サ行】
ザ・ビートル ザ・ビートル シエンタ シエンタ
シフォン シフォン シルフィ シルフィ
シーマ(CIMA) シーマ(CIMA) シャトル
ジムニー ジムニー ジムニーシエラ ジムニーシエラ
ジャスティ ジャスティ ジューク ジューク
スイフト スイフト スカイライン(SKYLINE) スカイライン(SKYLINE)
スカイラインクーペ スカイラインクーペ ステップワゴン ステップワゴン
ストリーム ストリーム スプラッシュ スプラッシュ
スペイド スペイド スペーシア スペーシア
スペーシアカスタムZ スペーシアカスタムZ セレナ セレナ
センチュリー(Century) センチュリー(Century) ソリオ ソリオ
【タ行】
タント タント タンク タンク
ティアナ ティアナ デリカD:2 デリカD:2
デリカD:5 デリカD:5 トレジア トレジア
トール トール デミオ
【ナ行】
ノア(新型) ノア ノート(NOTE) ノート
【ハ行】
ハイエース ハイエース ハイエースワゴン ハイエースワゴン
ハイゼットトラック ハイゼットカーゴ ハイゼットカーゴ
ハイラックス ハイラックス バネットバン バネットバン
ハリアー(新型) ハリアー パッソ パッソ
パジェロ(PAJERO) パジェロ(PAJERO) パレット パレット
バレーノ バレーノ ピクシスエポック ピクシス エポック
ピクシスジョイ ピクシス ジョイ ピクシススペース ピクシス スペース
ピクシストラック ピクシス トラック ピクシスバン ピクシス バン
ピクシスメガ ピクシス メガ ビアンテ ビアンテ
ファミリアバン ファミリアバン フィットシャトル フィットシャトル
フィット フィット フェアレディZ フェアレディZ
フォレスター フォレスター フリード フリード
フレア フレア フレアクロスオーバー フレアクロスオーバー
プリウス プリウス プリウスα プリウスα
プリウスPHV プリウスPHV プレマシー プレマシー
プレオ プレオ プレミオ プレミオ
フーガ(FUGA) フーガ(FUGA) ブーン(BOON) ブーン(BOON)
ベリーサ ベリーサ ポルテ ポルテ
ポロ ポロ(Polo) ボンゴバン ボンゴバン
【マ行】
マークX マークX マークXジオ マークXジオ
マーチ マーチ ミラ(Mira) ミラ(Mira)
ミライ(MIRAI) ミライ(MIRAI) ミラ イース ミラ イース
ミラトコット ミラトコット ミラージュ ミラージュ
ミラココア ミラココア ムーヴ ムーヴ
ムーヴキャンバス ムーヴキャンバス ムーヴコンテ ムーヴコンテ
モコ モコ    
【ヤ行】
       
【ラ行】
ライフ(Life) ライフ(Life) ラクティス ラクティス
ラッシュ ラッシュ ラティオ ラティオ
ラパンショコラ ラパンショコラ ラフェスタハイウェイスター ラフェスタハイウェイスター
ランサーエボリューション ランサーエボリューション ランドクルーザー ランドクルーザー
ランドクルーザープラド ランドクルーザープラド リーフ リーフ
ルークス ルークス ルーミー ルーミー
レガシィB4 レガシィB4 レガシィアウトバック レガシィアウトバック
レガシィツーリングワゴン レガシィツーリングワゴン レヴォーグ レヴォーグ
レジェンド レジェンド ロードスター ロードスター
ロードスターRF ロードスター RF    
【ワ行】
ワゴンR ワゴンR    

ページの1番上へ戻る

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2019 Freeb Inc.