インプレッサスポーツの評価・レビュー

写真 概要 詳細
インプッサスポーツ メーカー スバル
車名 インプレッサSPORT
JC08モード燃費 16.0〜18.2km/L
エコカー減税 20〜25%減税
< 主要スペック >
全長 全幅 全高 乗車定員
4460mm 1775mm 1480mm 5人
室内長 室内幅 室内高 総排気量
2085mm 1520mm 1200mm 1599〜1995cc
新車価格 中古車相場価格
192.2〜259.2万円 113.4〜199.9万円

操縦性能を向上させた新型インプレッサSPORT

スバルの中核モデル、インプレッサは2016年11月にフルモデルチェンジを行い、5代目となりました。

新型モデルより新世代プラットフォームの「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用、操縦安定性が格段に進歩していることが大きな評判を集めています。

ラインナップには4代目と同じくセダンと2BOXハッチバックのSPORTが用意されました。ここではSPORTを中心に紹介します。

プラットフォーム刷新で低重心化と高剛性化を実現

プラットフォームとはクルマの基礎となる車台のことです。かつてはシャーシと呼ばれていましたが、現在はモノコックボディのフロアパンやサスペンション、ステアリングなどが取り付けられていることから、この名称が使われています。

すべての車種にそれぞれのプラットフォームがあるわけではなく、車種のサイズによって共用されます。

ニューモデル開発の際、プラットフォームが古いとそれだけ設計が制限され、新しいエンジンやボディを換装してもプラットフォームに合わせた古い既存部品を使わなければならないため、性能をフルに引き出すことができません。

しかしプラットフォームを刷新すると、それまで蓄積してきた技術をすべて投入でき、クルマの性能を格段に進化させることができます。

スバルの水平対向エンジンと左右の重量バランスが最適なシンメトリカル機構は優れた操縦性能を持っていましたが、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」によってさらに低重心化と高剛性化を実現、クルマとの一体感をプラットフォームによって作り上げました。

この「SUBARU GLOBAL PLATFORM」の第1号がインプレッサで、今後、スバル車はこのプラットフォームから開発が始まります。

塊感と躍動感を強調したエクステリアとインテリア

エクステリアは「DYNAMIC×SOKID」をテーマにデザインされています。

金属的な塊感が信頼と安心を感じさせ、ダイナミックな躍動感がクルマの愉しさを表現しており、外観からもクルマとの一体感を与えるイメージにまとめられています。

フロントマスクはスバルのアイコンであるヘキサゴングリルを採用、ヘッドライトやフォグランプ回りにLEDライトのアクセサリーライナーを配してシャープな顔つきにまとめられています。

インテリアはブラック一色で統一しており、エクステリアと同じくインパネ回りからダッシュボードにいたるまで塊感と躍動感によってデザインされています。

コンビメーターやシフトノブなど主なパーツの周囲はシルバーモールで加飾するケーシングモチーフが採用されました。

ユーティリティ性を重視した車内空間

ミドルサイズの2BOXハッチバックタイプは走行性能だけでなく積載能力も優れていることが大きなメリットです。

SPORTもユーティリティ性を重視した設計になっており、後部シートを使用した状態でもカーゴルームの容量は385Lを確保、後方視界を妨げることなく9.5インチのゴルフバッグを3個積むことができます。

後部席は6:4の左右分割式なので、3名乗車時でも1631mmの荷室長となり、サーフボードなど長尺荷物を車内に持ち込むことも可能になります。

汚れた小物や工具をしまうのに便利なサブトランクもユーティリティ性を高める機能のひとつです。

バージョン3に進化して性能を向上させた予防安全装置EyeSight

国内ではもっとも先進的といわれるスバルの予防安全装置、EyeSightはバージョン3に進化しています。ステレオカメラにカラー機能を加えたことにより、さらに前方物の識別能力が高まって衝突回避・軽減能力が向上しています。

また国産車では初となる歩行者保護エアバッグが搭載されました。

これはバンパー内部の圧力センサーが歩行者との接触事故を検知すると瞬時にボンネット下からエアバッグが膨らみ、フロントガラスとAピラー下部を覆うことで歩行者の頭部ダメージを軽減するシステムです。

全グレードに標準装備している点は高く評価されるべきでしょう。

中古車で購入するなら現行車と同じエンジンを搭載している4代目がベスト!

インプレッサSPORTの5代目現行車は2016年10月発売のため、中古車市場にはほとんど出回っていません。インプレッサの2BOXハッチバックを中古車で購入するなら必然的に4代目以前のモデルとなります。

プラットフォームこそ異なりますが、2011年から販売された4代目は5代目のデザインに引き継がれた塊感と躍動感をテーマにデザインされており、エクステリアは5代目に近いイメージを保っています。

搭載されているエンジンも2010年に開発された新世代BOXERのFB16型とレガシィなどに採用されているFB20型なので走行性能でストレスを感じることはありません。

中心価格帯は160〜190万円で、2014年登録モデル走行距離2万km前後の2.0Lモデルは180万円前後、同程度の1.6Lモデルは160万円前後で購入可能となっています。

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定
他車種の評価・レビュー

※ 英数字 → アイウエオ順で掲載しております(^^)


【英数字】
1シリーズ 1シリーズ 2シリーズ 2シリーズ
3シリーズ 3シリーズセダン 718ケイマン 718ケイマン
86 86 911 911
A3 A3 A4アバント A4アバント
Aクラス Aクラス AD AD
bB bB BRZ BRZ
Cクラスワゴン Cクラスワゴン C-HR C-HR
CR−V CR−V CR-Z CR-Z
CT200h CT200h CX-3 CX-3
CX−5 CX−5 CX-8 CX-8
Cクラスセダン Cクラスセダン CLA CLAクラス
デイズDAYZ DAYZ(デイズ) DAYZ ROOX DAYZ ROOX
eKスペース eKスペース ekワゴン ekワゴン
e-NV200バン e-NV200バン e-NV200 e-NV200
FJクルーザー FJクルーザー GS GS
GT-R GT-R HS HS
HUSTLER HUSTLER i3 i3
iQ iQ IS IS
IS C IS C JADE JADE(ジェイド)
LS LS MRワゴン MRワゴン
N BOX N BOX N BOX+ N BOX+
N-BOXスラッシュ N-BOXスラッシュ N-ONE N-ONE
N-VAN N-VAN N-WGN N-WGN
NSX NSX NV350キャラバン NV350キャラバン
NV100クリッパー NV100クリッパー NX NX
rc RC / RC F RX RX
rx-8 RX-8 SAI SAI
S60 S60 s660 S660
SX4 S-CROSS SX4 S-CROSS ttクーペ TTクーペ
V40 V40 V90 V90
wrxS4 WRX S4 wrx-sti WRX STI
XV XV    
【ア行】
アイシス アイシス i-miev アイミーブ
アウトランダー アウトランダー アウトランダーPHEV アウトランダーPHEV
アクア アクア アクセラ(新型) アクセラ
アクセラスポーツ アクセラスポーツ アクセラセダン アクセラセダン
アクセラハイブリッド アクセラハイブリッド アクティトラック アクティトラック
アコードハイブリッド アコードハイブリッド アコードプラグインハイブリッド アコードプラグインハイブリッド
アテンザセダン アテンザセダン アテンザワゴン アテンザワゴン
アトレーワゴン アトレーワゴン アベンシス アベンシス
アリオン アリオン アルト アルト
アルトエコ アルトエコ アルトラパン アルトラパン
アルファード アルファード イグニス イグニス
イスト イスト インサイト インサイト
インプレッサG4 インプレッサG4 インプレッサスポーツ インプレッサスポーツ
ヴァンガード ヴァンガード ウィッシュ ウィッシュ
ウィングロード ウィングロード ヴィッツ(新型) ヴィッツ
ウェイク ウェイク ヴェゼル ヴェゼル
ヴェルファイア ヴェルファイア ヴォクシー(新型) ヴォクシー
エクシーガ エクシーガ エクシーガクロスオーバー7 エクシーガクロスオーバー7
エクストレイル(新型) エクストレイル(新型) エクリプスクロス エクリプスクロス
エスクァイア エスクァイア エスクード エスクード
エスティマ エスティマ エブリィ エブリィ
エリシオン エリシオン エルグランド エルグランド
オデッセイ(新型) オデッセイ オーリス オーリス
【カ行】
カイエン カイエン カムリ カムリ
カローラアクシオ カローラアクシオ カローラフィールダー カローラフィールダー
カローラルミオン カローラルミオン キャスト キャスト
キャリィ キャリィ キューブ キューブ
クラウンアスリート クラウンアスリート クラウンマジェスタ クラウンマジェスタ
クラウンロイヤル クラウンロイヤル クラリティ フューエル セル クラリティ フューエル セル
グレイス グレイス クロスビー クロスビー
golfゴルフ ゴルフ(Golf) コペン(新型) コペン
【サ行】
ザ・ビートル ザ・ビートル シエンタ シエンタ
シフォン シフォン シルフィ シルフィ
シーマ(CIMA) シーマ(CIMA) シャトル
ジムニー ジムニー ジムニーシエラ ジムニーシエラ
ジャスティ ジャスティ ジューク ジューク
スイフト スイフト スカイライン(SKYLINE) スカイライン(SKYLINE)
スカイラインクーペ スカイラインクーペ ステップワゴン ステップワゴン
ストリーム ストリーム スプラッシュ スプラッシュ
スペイド スペイド スペーシア スペーシア
スペーシアカスタムZ スペーシアカスタムZ セレナ セレナ
センチュリー(Century) センチュリー(Century) ソリオ ソリオ
【タ行】
タント タント タンク タンク
ティアナ ティアナ デリカD:2 デリカD:2
デリカD:5 デリカD:5 トレジア トレジア
トール トール デミオ
【ナ行】
ノア(新型) ノア ノート(NOTE) ノート
【ハ行】
ハイエース ハイエース ハイエースワゴン ハイエースワゴン
ハイゼットトラック ハイゼットカーゴ ハイゼットカーゴ
ハイラックス ハイラックス バネットバン バネットバン
ハリアー(新型) ハリアー パッソ パッソ
パジェロ(PAJERO) パジェロ(PAJERO) パレット パレット
バレーノ バレーノ ピクシスエポック ピクシス エポック
ピクシスジョイ ピクシス ジョイ ピクシススペース ピクシス スペース
ピクシストラック ピクシス トラック ピクシスバン ピクシス バン
ピクシスメガ ピクシス メガ ビアンテ ビアンテ
ファミリアバン ファミリアバン フィットシャトル フィットシャトル
フィット フィット フェアレディZ フェアレディZ
フォレスター フォレスター フリード フリード
フレア フレア フレアクロスオーバー フレアクロスオーバー
プリウス プリウス プリウスα プリウスα
プリウスPHV プリウスPHV プレマシー プレマシー
プレオ プレオ プレミオ プレミオ
フーガ(FUGA) フーガ(FUGA) ブーン(BOON) ブーン(BOON)
ベリーサ ベリーサ ポルテ ポルテ
ポロ ポロ(Polo) ボンゴバン ボンゴバン
【マ行】
マークX マークX マークXジオ マークXジオ
マーチ マーチ ミラ(Mira) ミラ(Mira)
ミライ(MIRAI) ミライ(MIRAI) ミラ イース ミラ イース
ミラトコット ミラトコット ミラージュ ミラージュ
ミラココア ミラココア ムーヴ ムーヴ
ムーヴキャンバス ムーヴキャンバス ムーヴコンテ ムーヴコンテ
モコ モコ    
【ヤ行】
       
【ラ行】
ライフ(Life) ライフ(Life) ラクティス ラクティス
ラッシュ ラッシュ ラティオ ラティオ
ラパンショコラ ラパンショコラ ラフェスタハイウェイスター ラフェスタハイウェイスター
ランサーエボリューション ランサーエボリューション ランドクルーザー ランドクルーザー
ランドクルーザープラド ランドクルーザープラド リーフ リーフ
ルークス ルークス ルーミー ルーミー
レガシィB4 レガシィB4 レガシィアウトバック レガシィアウトバック
レガシィツーリングワゴン レガシィツーリングワゴン レヴォーグ レヴォーグ
レジェンド レジェンド ロードスター ロードスター
ロードスターRF ロードスター RF    
【ワ行】
ワゴンR ワゴンR    
車人気ランキング

ページの1番上へ戻る

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2019 Freeb Inc.