お願い攻撃ではなく理屈で勝負!

車の値引き交渉のうまい人と下手な人というのは、決定的な違いがあります。

それは、、、"お願い!とごり押しをしているか、理屈で勝負しているか"という違いです。

どういうことかといいますと、「お願い!後1万円でいいから負けて〜!」と、営業マンに泣きつくのはあまりうまいやり方とはいえません。お願い攻撃をしても、結局はそれほど負けてもらえない場合がほとんどです。

営業マンはできるだけ値引きをしたくありませんから、大幅な値引きを狙う場合は、値引きできる理屈が必要なのです!

例えば、「あそこのお店はこの額にしてくれるって言ったけど、 このお店で買いたいから負けてくれない?」と、営業マンに言うような場合です。

【他のお店の方が安い→でも気に入ったこのお店で買いたい →だから値引きして】と、きちんと理論的に説明しているし、筋が通っているでしょ? こういう風に理論的に交渉していくと、営業マンも値引きしやすいんです。

理屈でどんどん値引きしてもらって、お願い攻撃は最後の最後で使います。もう+1万円だけ!というような時だけお願い攻撃を使います。

以上のように、車の値引き交渉は、"お願い攻撃ではなく理屈で勝負!"ということを覚えておきましょう!

デキる営業マンを探せ!

新車購入の際、販売担当者は誰でも良いというわけではなく、どのディーラーにも営業マンがいます。

ユーザーがディーラーのショールームへ突然に訪問、その時に担当した営業マンが運良く販売できるというケースは稀で、通常はDMや買い替え、査定や車検を扱ったユーザーへの戸別訪問という(さすがに車販売での飛び込み営業こそ少なくなりましたが)地道な営業活動を行っています。

この営業マン選びも車の購入価格を下げられる重要なポイントとなります。経験値が浅かったり、営業努力を怠ったりしている営業マンは情報が乏しく判断力が欠けています。

したがって値引きを希望しても上司に伺いを立てなければ決められない、という人が多く、また値引きをすれば自分のインセンティブが減ってしまうことを気にする人もいて交渉が長引く可能性は大きくなります。

一方、営業成績優秀の営業マンはユーザー目線に立っている人が多く、少しでも安い価格を求めている顧客には、これ以上値引きができないというほど価格を下げた上で、たとえば不人気のボディカラーを紹介してさらに値引きを行ったり、利益率の高いディーラーオプションの価格を下げたり、とさまざまな奥の手を自分の裁量で行います。

ただし、これら成績優秀な営業マンは顧客数も多いので、すべての顧客に奥の手を使うというわけではありません。

少しでも値引き幅を大きくするためには、ディーラーのショールームへ頻繁に通い、優秀な営業マンを見つけ出して顔見知りになることが必要です。

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定

車を売る際の買取査定についてはこちら

ページの1番上へ戻る

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2019 Freeb Inc.