値引きしてもらいやすい時期

車は生ものとよく言われますが、購入する時期によって、値引きをしてもらいやすい時期というものがあります。

1番熱いのが決算期!

自動車業界には決算期というものが存在し、毎年9月と3月が決算期です。

決算というのは、 4〜9月の6ヶ月(上半期)と10〜3月の6ヶ月(下半期)にわかれていて、上半期・下半期の最後の月である、9月と3月にどれだけ車が売れたか、販売店がメーカーに報告することになっています。

販売台数が多ければ多いほど、販売店はメーカーから支援金や対策金がもらえます。販売店はそのお金を元にして、キャンペーンを行ったり、値引き幅を大きくしたりできるので、より業績をUPさせることができます。

ですから販売店は、決算期である9月と3月には、最後の追い込みとしてできるだけ車を売りたいのです!特に年度の終わりである3月が熱いです!

ボーナス商戦も熱い!

民間の会社の場合、一般的に夏のボーナスが7月、冬のボーナスが12月にあります。

車というのは高額な買い物ですので、まとまったお金が財布に入る時期には、車の売れ行きも好調になります。

販売店はこのボーナス時期を狙って、何かキャンペーンをしたり値引き幅を大きくしたりして、車を買ってもらおうとするわけです!

モデルチェンジ直前が熱い!

車というのはモデルチェンジをすることがあります。モデルチェンジというのは、同じ車種にさらに改良や修正を加えて、より満足度の高い車に変更して販売するということです。

モデルチェンジをすると、同じ車種でもさらに良くなっていますので、普通1つ前の古いモデルは、同じ車種であっても売れ行きが悪くなります。

自動車メーカーとしても、古いモデルの車をいつまでも在庫として抱えておきたくはないので、古いモデルはさっさと売ってしまいたいわけです。

よって、古いモデルになるであろうモデルチェンジ直前の車種は、値引き幅が大きくなるのです!

月末が熱い!

販売店の営業マンには必ずノルマというものがあります。ノルマは毎月設定されていて、今月は○○台売りなさいという目標設定があります。

ノルマは月末〆が一般的ですので、月の始めは強気な営業マンでも、月末までにもう1台か2台売りたいという状況になれば、値引きもがんばってくれやすいのです!

以上が車の値引きをしてもらいやすい時期です。

車は高価な買い物ですので、値引きをしてもらいやすい時期を狙って交渉すれば、大幅な値引きが期待できるのです!

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定

車を売る際の買取査定についてはこちら

ページの1番上へ戻る

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2019 Freeb Inc.