車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 車種別!車の人気ランキング > 全タイプの車人気ランキング!

全タイプ - 車の人気ランキング!【2017年】最新!

  • あらゆるタイプの車を販売台数順にランキングしてみると、10位中7車種に軽自動車がラインアップしている!
  • 中でもトールワゴンタイプの室内が広い軽自動車の人気が高く、次いでセミトールタイプの使いやすい軽自動車が人気がある!
  • 普通車はすべて燃費の良いハイブリッドカーがランキングしている!
  • 燃費を優先するならコンパクトカーやハイブリッドカー、車体価格や維持費をとるなら軽自動車がおすすめ!

現在、車を購入する方の約6割の方が、中古車を購入しています!最近の中古車は性能がよく壊れず保証もついているので、お買い得感が強い車が増えているためです!新車・中古車をご検討中の方は、中古車販売最大手の「ガリバー 」で、一度見積もりをとってみましょう!
既に車をお持ちの方はいくらで売れるのか、試しに買取査定をしてみましょう→「ガリバー

全タイプの車人気ランキング!【1位~10位】

販売台数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
  プリウス N BOX アクア タント シエンタ デイズ フィット ムーヴ ノート アルト
車名 プリウス N BOX アクア タント シエンタ デイズ フィット ムーヴ ノート アルト
メーカー トヨタ ホンダ トヨタ ダイハツ トヨタ 日産 ホンダ ダイハツ 日産 スズキ
室内長(mm) 2110 2180 2015 2200 2535 2085 1935 2080 2065 2040
室内幅(mm) 1490 1350 1395 1350 1470 1295 1450 1320 1390 1255
室内高(mm) 1195 1400 1175 1365 1280 1280 1280 1280 1255 1215
総排気量 1797cc 658cc 1496cc 658cc 1496cc 659cc 1496cc 658cc 1198cc 658cc
車両重量 1310kg 950kg 1050kg 920kg 1310kg 830kg 970kg 820kg 1040kg 610kg
乗車定員 5人 4人 5人 4人 6~7人 4人 5人 4人 5人 4人
最小回転半径 5.1m 4.5m 4.8m 4.4m 5.2m 4.4m 4.7m 4.4m 4.7m 4.2m
JC08モード燃費 40.8km/L 25.6km/L 37.0km/L 28.0km/L 27.2km/L 30.4km/L 36.4km/L 31.0km/L 26.8km/L 37.0km/L
エコカー減税 100%減税 60%減税 100%減税 80%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税 100%減税
車体価格帯 242万9000円

319万9000円
119万8000円

165万9000円
176万1000円

210万円
122万円

165万7000円
168万9000円

232万9000円
115万円

168万4000円
129万9000円

192万6000円
113万4000円

150万6000円
147万9000円

182万4000円
84万7000円

124万5000円
評価 プリウスの評価・レビュー N BOXの評価・レビュー アクアの評価・レビュー タントの評価・レビュー シエンタの評価・レビュー デイズの評価・レビュー フィットハイブリットの評価・レビュー ムーヴの評価・レビュー ノートの評価・レビュー アルトの評価・レビュー
中古車検索

新技術投入が目立った2016年乗用車全タイプの人気車種

乗用車全タイプの2016年度人気ランキングを見ると、昨年同様、ハイブリッド専用モデル、プリウスとアクアが年間を通じてワンツーフィニッシュを飾るなど相変わらずトヨタの強固な牙城が目立ちます。

他のメーカーのランキング入り車種を見てもホンダのフィットや日産のノートといったコンパクト2BOXハッチバックタイプ、またトヨタのヴォクシーや日産のセレナといったミニバンが強く、経済性とユーティリティ性がダイレクトに購入動機となる数年来の傾向は変わっていません。

しかし2015年度末から2016年度にかけて、各メーカーとも燃費効率の開発だけでなく走行性能の安全性や将来的なクルマ作りを考えた基幹技術を投入しています。これが2016年度における各自動車メーカーの大きなトレンドといえます。

かつての双璧メーカーが全タイプの人気車に新技術を投入した2016年

人気ミニバンに夢の自動運転機能が搭載される

新開発の技術でもっとも目立ったのがランキング常連である日産のミニバン、セレナにグレード別搭載されたプロパイロットです。

高速道路や自動車専用道路において、プロパイロット機能を作動させると車線中央と先行車との距離をクルマが判断、運転者はハンドルから手を離しても自動的に走行してくれるという、夢の自動運転が限定ではありますが実現しました。

レーダーセンサーや単眼カメラといった予防安全装置の応用技術ではあるものの、ミニバンクラスでは世界初となるだけにセレナが今後もランキング上位に位置することは十分に予想されます。

日産は2016年度末に、もうひとつの世界初となる技術を投入しています。ハイブリッドシステムではこれまで採用されなかったシリーズ方式を量産車として世界で初めてノートに搭載しました。e

-POWERと呼ばれるシリーズ方式はエンジンを発電専用とし、モーターだけで駆動するシステムです。環境性能と燃費性能に優れており、走行性能でもガソリンエンジン車に匹敵するパワーを発揮するノートe-POWERは日産に30年ぶりという月間販売台数第1位をもたらせました。

かつて日産は「販売のトヨタ」に対して「技術の日産」と呼ばれていました。この形容句が再び浸透する予感を与えてくれるのが、最近の日産です。

人気のハイブリッド車に新世代プラットフォームを採用

トヨタは不動の人気車種、4代目プリウスを新世代プラットフォームTNGAで開発しました。

TNGA(Toyota New Global Architecture:トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)は車種に合わせて煩雑になったプラットフォームを省略化、今後に開発される新型車に対して幅広く応用できる基幹技術です。

プリウスが第1号となり、走行安定性を高める低重心化やドライバーの自然で快適なドライビングポジションなどを実現しています。

TNGAによる開発第2号となったのが2016年末に発売されたハイブリッド仕様も設定されたクロスオーバーSUVのC-HRです。

プリウスと共通のプラットフォームでありながら、サスペンションやエクステリアを大幅に変更したことで、まったく別の車種に仕上がっています。

この応用性こそTENGAの新世代プラットフォームが持つ実力の証といえます。現在、全タイプ人気ランキングでクロスオーバーSUVはヴェゼルの独壇場となっていますが、C-HRが猛追することは間違いありません。

2016年の全タイプランキング外の人気車種にも注目!

G-ベクタリングを全車種に標準装備した2016年のマツダ

月間販売台数ランキングではコンパクト2BOXハッチバックのデミオが好調なマツダはG-ベクタリングを全車種に標準装備しました。

新SKYACTIV技術となるG-ベクタリングはコーナリングや道路の凹凸を乗り越える際、4輪に対して電子制御で的確なトルク配分を行い、運転者が描く走行ラインをできるだけ忠実にトレースさせる機能です。

この機能によってクルマにかかる負荷が分散されるため、ドライバーはステアリング操作を最小限に抑えることができ、同乗者は不快な身体の揺れを感じることが少なくなります。

一般的にはトルクベクタリングと呼ばれる機能でマツダが世界初というわけではありませんが、全車に標準装備したことで高く評価されています。

新プラットフォームで開発したインプレッサが人気急上昇!

全タイプでランキング入りすることは滅多にありませんが、純利益率ではトヨタを上回るほどの好調ぶりを見せているスバルも新世代プラットフォーム、SGP(Subalu Global Platform)を採用した第1号、インプレッサを2016年11月に発売しました。

SGPは将来の電動化にも対応しているプラットフォームで、今後開発される車種はすべてSGPになるという基幹技術です。これまでブランドバリューの低かったスバルですが、高い走行性能と安全性能が少しずつ浸透しており、インプレッサは発表後1ヶ月で月間販売台数目標2,500台を大きく上回る11,050台を受注しました。

2016年の自動車業界最大のニュース

2016年、自動車業界を大きく揺るがせたのはルノー=日産アライアンスへの傘下が決まった三菱自動車です。

かつてはコルトやランサーといった名車を生み出し、国内市場では第3位の座を保っていたメーカーですが、2000年からのリコール隠しに続いて2016年には燃費データ改ざんという問題を引き起こし、自社再生をルノー=日産アライアンスに委ねました。

リコール隠し以降、目立った車種を開発していない三菱ですが、電気自動車とそのノウハウを応用したPHEVに関しては他社より抜きん出た技術を持っています。

三菱自動車の新会長には、かつて倒産危機を迎えていた日産を再生したカルロス・ゴーン氏が就任しました。三菱自動車の再構築がどのように行われるのか、そして新生三菱自動車はどのような魅力的な車種を開発するのか、今後の成り行きが注目されています。

全タイプの人気トレンド

乗用車における人気トレンドは数年前より経済性が優先される車種がユーザーの支持を集めており、この潮流は現在も変わっていません。燃費性能の良いハイブリッドカーや維持費の安い軽自動車がランキングのほとんどを占めていることからも分かりますが、以前より少し傾向が変わってきているのは、燃費性能や維持費などの経済性だけではランク上位を確保するのが難しくなり、これに加えて車の個性や豪華装備といった付加価値が求められるようになってきていることです。

燃費性能や維持費といった経済性は各自動車メーカーが技術力を駆使して向上させた結果、どの車種も一定水準に達してきているので、ユーザーは経済性だけを購入の選択肢にするのではなく、いかに他の車にない個性や装備を持っているかという点に着目し始めました。

ハイブリッドカーとして(世界規模の販売台数を含めれば)名実ともにトップとして君臨しているプリウスは2015年12月にフルモデルチェンジを行い、これまでの空力抵抗を少なくするための実用的なフォルムからシャープなクーペスタイルとし、細部の装備にも高級感を与えています。またコンパクトハイブリッドカーのアクアにはチェリーパークやフレッシュグリーンなど多彩なボディカラーとスポーティなG`sを用意、若年層向けの仕様にしてプリウスとの差異化を図っています。

ファーストカーとしての最低条件に加えて付加価値のある車種が人気!

軽自動車になるとこの傾向はさらに顕著です。現在、軽自動車の主流を占めているのはファーストカーの資質を持つ車種であることから、車内は広くて当たり前、装備は小型車や普通車のミドルグレード以上であることがユーザーの求める最低条件となっています。したがって各メーカーはこの最低条件をクリアした上で付加価値を持ち、ライバル車と差異化が図れる車種を開発しています。

全タイプの人気ランキング上位常連のタントにはセンターピラーを取り払って広いサイドドアの開口部を持つミラクルオープンドアがあり、ダイハツとスズキの軽自動車メーカー2強の壁を崩したホンダのN-BOXはセンタータンクレイアウトで居住性を格段に向上させました。

日本経済の起爆剤となる材料が見つかっていない現在、今後も経済性の高い車種が人気トレンドとなる傾向は続くと予想されます。とくにハイブリッドカーや軽自動車は中古車市場でも高値で取引されているので、下取りや買い取りまで考えて購入するのであれば、経済性が高く、しかもライバル車と差異化を図っている車種の選択をお勧めします。

全タイプの車ランキング表の見方

こちらのページでは、全タイプを売れている順にランキングしています!
燃費価格エコカー減税」などの重要なスペックを比較しておりますので、皆様の車選びと購入ガイドにご活用ください(^v^)
並び順は、左から月の販売台数が多い順(人気順)となっております。

1)室内長・室内幅・室内高は、室内空間の広さを表します。
2)最小回転半径は、小回りの利きやすさです。
3)JC08モード燃費は、10・15モード燃費よりもより実燃費に近い数値がでます。
4)エコカー減税の「%」は、購入時に支払う取得税と重量税の割引率です。
5)価格帯では、グレード別の車体価格の幅がわかります。
車体価格ですので実際に購入する際の「支払総額」は、税金や諸費用、保険料なども含めると約10万~30万円増しになります。

現在、車を購入する方の約6割の方が、中古車を購入しています!最近の中古車は性能がよく壊れず保証もついているので、お買い得感が強い車が増えているためです!新車・中古車をご検討中の方は、中古車販売最大手の「ガリバー 」で、一度見積もりをとってみましょう!
既に車をお持ちの方はいくらで売れるのか、試しに買取査定をしてみましょう→「ガリバー

車の選び方・購入ガイド!【TOPページ】 > 車種別!車の人気ランキング > ハイブリッドカーの人気ランキング!

< ページの1番上へ > < サイトのTOPページへ >

運営会社情報
プライバシーポリシー
© 2011-2017 Freeb Inc.