ロードスターの評価・レビュー

写真 概要 詳細
メーカー マツダ
車名 ロードスター
JC08モード燃費 17.2km/L
エコカー減税 0%減税
< 主要スペック >
全長 全幅 全高 乗車定員
3915mm 1735mm 1235mm 2人
室内長 室内幅 室内高 総排気量
940mm 1425mm 1055mm 1496cc
新車価格 中古車相場価格
249.4〜319.6万円 145〜285万円

新技術で原点回帰を実現させた4代目ロードスター

2シーターオープン・ライトウェイトスポーツカーとしては国産車唯一の存在となるマツダのロードスターは2015年にフルモデルチェンジを行い、4代目となりました。

ボディデザインからエンジン、シャーシやトランスミッションにいたるまでSKYACTIV技術が全面的に導入され、徹底的な軽量化とダウンサイジング化が図られています。

溶接部分にいたるまで1g単位の軽量化を図る

1989年に登場した初代ロードスターは直列4気筒1600ccの自然吸気エンジンを搭載、マニュアルシフト車の車両重量は1tを切る940kgで、伝統的なライトウェイトスポーツカーの設計を踏襲していました。

しかし二代目以降になるとエンジンの排気量が大きくなり、ターボチャージャーが装着され、車重も最終的には1140kgまで増えています。

2015年のフルモデルチェンジではエンジンを1.5L自然吸気型にして車両重量を990kg(Sグレード)まで削り落としました。

いわば原点回帰のモデルといえます。初代と違って電子部品や安全装置が多くなった現在の車種で、1tを切る車重の実現は特筆すべき点です。

先代モデルよりも100kg以上軽量化できたのは、すべての部品を刷新できるSKYACTIV技術によるところが大きいといえるでしょう。

ボディでは全長から全高、フロントやリアのオーバハングなど全体的なコンパクト化を実行、さらに骨格の補強部材には強度上の影響が及ばない部分に肉抜きの穴を開け、1g単位での軽量化を行なっています。

細部を見ると、いかに軽量化のための工夫が凝らされているか、よく分かります。たとえば各部溶接部分は周囲が波型にカットされています。

この部分はストレートであっても強度や走行に問題はありませんが、あえて波型にカットすることで数グラムの軽量化が図れるわけです。

その手間を考えると効率的とは言えませんが、効率よりも軽量化を優先したところにロードスターの価値があるといえるでしょう。

ロードスター専用にチューニングした1.5Lエンジン

搭載されているSKYACTIV-G 1.5エンジンはアクセラと共通のP5?VP型ですが、ロードスター専用のチューニングが施されています。

クランクシャフトをフルカウンターウェイトのスチール製鍛造とし、フライホイールも部分的に削除して軽量化、レスポンス性能の向上を果たしています。

その他、吸気/排気マニホールド独立管長の短縮や吸気系の抵抗低減など細部まで改良が行われた結果、エンジン回転全域でのトルクアップと最高出力96kW(131PS)を7000回転で発揮する高回転型エンジンに仕上がりました。

またエンジンカバーには肉薄1.7mmのアルミダイキャスト製ヘッドカバーを採用しています。これは軽量化を果たすだけでなく、ボンネットを開けた時のオーナーの愉悦感を高める効果も期待できます。

ロータスやトライアンフなど英国が生み出した往年のライトウェイトスポーツカーを彷彿させる姿がボンネット内に広がっています。

コクピットに加えられた細かい改良点

ロードスターのタイトなコクピットはライトウェイトスポーツカーに相応しいデザインと高い評価を得ていますが、マツダはさらに改良を加え、操縦性を向上させると同時に「運転する楽しさ」を高めています。

ヒップポイントとエンジンをそれぞれ20mm、13mm下げ、ボンネット高を低くしたことによって視認性が良好になり、併せて低重心化も進化させました。

運転席シートは前のスライドさせた時の座面が上がる角度を6度から10度に変えています。またステアリングホイールは半径を2mm短縮、チルトステアリング量を10mm拡大しています。

この変更により小柄な人でも、より適切なドライビングポジションが取れるようになりました。

その他、Aピラーの位置を後退させたりシフトノブのフィット感を向上させたり、と細部に至るまで改良が施されています。マツダの新技術が凝縮したスポーツカーといえるでしょう。

ロードスターは中古車市場で人気車種のため高値傾向

ロードスターは中古車市場で人気車種だけに高値傾向が続いています。とくに統一デザインが導入された4代目は新車価格からの値下がり幅が少なくなっているのが現状です。

2015年登録モデルで走行距離1〜2万km車種の相場は250〜270万円になっており、新車販売価格とほとんど同じです。

また先代モデルはハイパワーモデルであったことからライトウェイトスポーツカーファン以外のユーザーに人気があり、依然として高値傾向にあります。

2011年登録モデル走行距離2〜3万kmであっても相場は220〜250万円、200万円を切る車種は2009年登録モデルで走行距離4万km以降になります。

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定
他車種の評価・レビュー

※ 英数字 → アイウエオ順で掲載しております(^^)


【英数字】
1シリーズ 1シリーズ 3シリーズ 3シリーズセダン
86 86 Aクラス Aクラス
AD AD bB bB
BRZ BRZ C-HR C-HR
CR−V CR−V CR-Z CR-Z
CT200h CT200h CX-3 CX-3
CX−5 CX−5 デイズDAYZ DAYZ(デイズ)
DAYZ ROOX DAYZ ROOX eKスペース eKスペース
ekワゴン ekワゴン e-NV200バン e-NV200バン
e-NV200 e-NV200 FJクルーザー FJクルーザー
GS GS GT-R GT-R
HS HS HUSTLER HUSTLER
iQ iQ IS IS
IS C IS C JADE JADE(ジェイド)
LS LS MRワゴン MRワゴン
N BOX N BOX N BOX+ N BOX+
N-BOXスラッシュ N-BOXスラッシュ N-ONE N-ONE
N-WGN N-WGN NSX NSX
NV350キャラバン NV350キャラバン NV100クリッパー NV100クリッパー
NX NX rc RC / RC F
RX RX rx-8 RX-8
SAI SAI s660 S660
wrxS4 WRX S4 wrx-sti WRX STI
XV XV    
【ア行】
アイシス アイシス i-miev アイミーブ
アウトランダー アウトランダー アウトランダーPHEV アウトランダーPHEV
アクア アクア アクセラ(新型) アクセラ
アクセラスポーツ アクセラスポーツ アクセラセダン アクセラセダン
アクセラハイブリッド アクセラハイブリッド アクティトラック アクティトラック
アコード アコード アコードハイブリッド アコードハイブリッド
アコードプラグインハイブリッド アコードプラグインハイブリッド アテンザセダン アテンザセダン
アテンザワゴン アテンザワゴン アベンシス アベンシス
アリオン アリオン アルト アルト
アルトエコ アルトエコ アルトラパン アルトラパン
アルファード アルファード アルファードHV アルファードハイブリッド
イグニス イグニス イスト イスト
インサイト インサイト インプレッサG4 インプレッサG4
インプレッサスポーツ インプレッサスポーツ ヴァンガード ヴァンガード
ウィッシュ ウィッシュ ウィングロード ウィングロード
ヴィッツ ヴィッツ ヴィッツ(新型) ヴィッツ(新型)
ウェイク ウェイク ヴェゼル ヴェゼル
ヴェルファイア ヴェルファイア ヴェルファイアHV ヴェルファイアハイブリット
ヴォクシー ヴォクシー ヴォクシー(新型) ヴォクシー(新型)
エクシーガ エクシーガ エクシーガクロスオーバー7 エクシーガクロスオーバー7
エクストレイル エクストレイル エクストレイル(新型) エクストレイル(新型)
エスクァイア エスクァイア エスクード エスクード
エスティマ エスティマ エブリィ エブリィ
エリシオン エリシオン エルグランド エルグランド
オデッセイ オデッセイ オデッセイ(新型) オデッセイ(新型)
オーリス オーリス    
【カ行】
カムリ カムリ カムリHV カムリハイブリッド
カローラアクシオ カローラアクシオ カローラフィールダー カローラフィールダー
カローラルミオン カローラルミオン キャスト
キャリィ キャリィ キューブ キューブ
クラウンアスリート クラウンアスリート クラウンマジェスタ クラウンマジェスタ
クラウンロイヤル クラウンロイヤル クラリティ フューエル セル クラリティ フューエル セル
グレイス グレイス コペン(新型) コペン
golfゴルフ ゴルフ(Golf)    
【サ行】
シエンタ シエンタ シルフィ シルフィ
シーマ(CIMA) シーマ(CIMA) シャトル
ジムニー ジムニー ジャスティ ジャスティ
ジューク ジューク スイフト スイフト
スカイライン(SKYLINE) スカイライン(SKYLINE) スカイラインクーペ スカイラインクーペ
ステップワゴン ステップワゴン ストリーム ストリーム
スプラッシュ スプラッシュ スペイド スペイド
スペーシア スペーシア スペーシアカスタムZ スペーシアカスタムZ
セレナ セレナ センチュリー(Century) センチュリー(Century)
ソリオ ソリオ    
【タ行】
タント タント タンク タンク
ティアナ ティアナ デリカD:2 デリカD:2
デリカD:5 デリカD:5 トレジア トレジア
トール トール デミオ デミオ
デミオ(新型)    
【ナ行】
ノア ノア ノア(新型) ノア(新型)
ノート(NOTE) ノート(NOTE)    
【ハ行】
ハイエース ハイエース ハイエースワゴン ハイエースワゴン
ハイゼットトラック ハイゼットカーゴ ハイゼットカーゴ
バネットバン バネットバン ハリアー ハリアー
ハリアー(新型) ハリアー(新型) パッソ パッソ
パジェロ(PAJERO) パジェロ(PAJERO) パレット パレット
バレーノ バレーノ ビアンテ ビアンテ
ファミリアバン ファミリアバン フィットシャトル フィットシャトル
フィット フィット(旧型) フィット フィット
フェアレディZ フェアレディZ フォレスター フォレスター
フリード フリード フリードスパイク フリードスパイク
フリードハイブリット フリードハイブリット プリウス プリウス
プリウスα プリウスα プリウスPHV プリウスPHV
プレマシー プレマシー プレオ プレオ
プレミオ プレミオ フーガ(FUGA) フーガ(FUGA)
ブーン(BOON) ブーン(BOON) ベリーサ ベリーサ
ポルテ ポルテ ポロ ポロ(Polo)
ボンゴバン ボンゴバン    
【マ行】
マークX マークX マークXジオ マークXジオ
マーチ マーチ ミラ(Mira) ミラ(Mira)
ミライ(MIRAI) ミライ(MIRAI) ミラ イース ミラ イース
ミラージュ ミラージュ ミラココア ミラココア
ムーヴ ムーヴ ムーヴキャンバス ムーヴキャンバス
ムーヴコンテ ムーヴコンテ モコ モコ
【ヤ行】
       
【ラ行】
ライフ(Life) ライフ(Life) ラクティス ラクティス
ラッシュ ラッシュ ラティオ ラティオ
ラパンショコラ ラパンショコラ ラフェスタハイウェイスター ラフェスタハイウェイスター
ランサーエボリューション ランサーエボリューション ランドクルーザー ランドクルーザー
ランドクルーザープラド ランドクルーザープラド リーフ リーフ
ルークス ルークス ルーミー ルーミー
レガシィB4 レガシィB4 レガシィアウトバック レガシィアウトバック
レガシィツーリングワゴン レガシィツーリングワゴン レヴォーグ レヴォーグ
レジェンド レジェンド ロードスター ロードスター
ロードスターRF ロードスター RF    
【ワ行】
ワゴンR ワゴンR    

運営元:Freeb株式会社 お問い合わせ
当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 車の選び方・購入ガイド! Since 2011/12/27-