車を新車で一括購入(現金又はクレジットカード)するためには!?

車を新車で一括購入するためには?
〜 現金支払時期をディーラーと確認すること 〜

車の一括購入の原則は、車台番号作成時

車の一括購入新車を購入する際、多くはディーラー系の信販会社(クレジットカード会社)による分割払いの購入が勧められます。

これは信販会社からディーラーへ、紹介料というキャッシュバックがあること、それから全額が納金されるまで車の所有者が信販会社であるため、販売した車でも担保(保証)としての価値があることからです。

現金による一括購入はまったく問題ありません。ただし、支払い時期に関してはディーラー側に要望があります。

新車に車台番号が割り振られると車の所有者が決まり、その後にキャンセルされると新車でも新古車扱いとなり、車の価値が下がってしまいます。

また納車後の一括現金払いには、車を納車後に盗難される恐れもあるので、納車後の一括現金払いはディーラー側に断られます。

したがって、一括現金払いの原則は、車台番号が作成された時点で行うのがもっともスムーズな取引になります。

ディーラーとの関係にもよりますが、ディーラーによっては税金などの諸費用と手付金を、身分証明のできるもの(住民票や印鑑証明など)と一緒に渡し、納車後に残金を一括で支払う方法を受け付けているところもあります。

現金による一括購入は、ディーラーの担当者と支払い方法についてご相談することをお勧めします。

クレジットカードによる車の一括購入は不可能

クレジットカードによる一括購入はほとんど断られると思って間違いありません。

ディーラー系には専門のクレジットカードがありますが、それに加入しても30万円、50万円と上限が定められています。

たとえダイナースのプラチナでも、アメックスのブラックでも同じことが言えます。

これはディーラーがクレジット会社に取られる手数料が大きいことが原因で、新車を売却したディーラーの利益がすべて手数料に持っていかれる、という事情からクレジットカードは敬遠されています。

ディーラー系信販会社は金利が高いので、他の金利の安いところからお金を借りて一括購入する方法もありますが、必ず信販会社との契約前に行ってください。

たとえば信販会社と契約後、1ヶ月分支払って残金を他から借りたお金で支払おうとしても、残金に対する金利は変わらないので意味のないことになってしまいます。

これは借入時の元金全体に金利をかけて、それを月別に金利を割り振るアドオン方式によって計算されているためです。

金融公庫やろうきんなど、車購入に対する貸付(マイカーローン)を行っているところがいろいろあるので、それらを利用することで、高い金利を支払わずに済みます

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定

同カテゴリ「車購入関連情報」内の記事一覧

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2017 Freeb Inc.