レガシィ ツーリングワゴン・B4・アウトバック比較

レガシィ ツーリングワゴン・B4・アウトバック比較
〜 スバルのフラッグシップがアウトバックな理由 〜

レガシィ・アウトバックに搭載された3.6Lエンジン

スバルのフラッグシップ、レガシィにはセダンのB4、荷物をたっぷり詰めるツーリングワゴン、悪路走行に強いアウトバックの3車種があります。

B4 ツーリングワゴン アウトバック
レガシィB4 レガシィツーリングワゴン レガシィアウトバック

ニーズに合わせてそれぞれ開発されており、単にエクステリアだけを変えた車種ではないところが、技術力を誇るスバルらしいところです。

◯ 搭載エンジンを比較

搭載エンジン
B4 ツーリングワゴン アウトバック
レガシィB4 レガシィツーリングワゴン レガシィアウトバック
DOHC2.5L DOHC2.5L DOHC2.5L
DOHC直噴ターボ2.0L DOHC直噴ターボ2.0L DOHC3.6L

搭載されているエンジンはB4、ツーリングワゴンともに共通ですが、アウトバックだけに3.6Lという、スバル最大の排気量エンジンが搭載されています。

スバルは基本的に水平対向エンジンを搭載していますが、2.5Lも直噴ターボ2.0Lも4気筒であることに対して、3.6Lだけは6気筒を採用しました。

水平対向は振動の少ないエンジンですが、6気筒にすることでさらにバランスの取れた滑らかなエンジン性能を発揮します。

2.5Lは新設計エンジンであり、2.0L直噴ターボもこれまで定評のあったFA20型に改良を加えたもので、どちらも十分なパワーを発揮しますが、アウトバックのキャラクターである悪路走行でも優れた走破性を実現するために、大排気量で高いトルクを発生させる3.6Lを搭載したのです。

これは同時に、スバルの持つ悪路走行に強い4WDという、自他ともに認めるイメージをさらに際立たせる意味もあります。

レガシィには三者三様の特徴あり

車体サイズを比較

主要スペック
  B4 ツーリングワゴン アウトバック
  レガシィB4 レガシィツーリングワゴン レガシィアウトバック
全長 4745mm 4790mm 4790mm
全幅 1780mm 1780mm 1820mm
全高 1505mm 1535mm 1605mm
車両重量 1560kg 1600kg 1580kg
JC08モード 12.4km/L 12.4km/L 9.2km/L

それぞれ三者三様のボディサイズであることが分かります。

基本構造はモノコックボディと、エンジン取り付け部分にフレームを採用したクレードル機構であることに変わりありませんが、ツーリングワゴンは荷物が詰めるように全長を伸ばし、アウトバックは悪路走行性能を高めるために全高を上げています。

アウトバックの燃費が2車種に比べて悪いのは、排気量が大きいことによる影響なので仕方ない面があります。

しかしホイールベースを若干短くする、ステアリングギア比を広く取って悪路でも操舵性を高める、など2車種とは大きく違った特徴を持っています。

シルキーなフィーリングを持つ水平対向6気筒は、アウトバックにしか搭載されていないだけに、もっともスバルらしい性能を体感できる車といえます。

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定

同カテゴリ「車購入関連情報」内の記事一覧

ページの1番上へ戻る

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2018 Freeb Inc.