車庫証明のとり方・取得方法は簡単!

車庫証明のとり方自動車を新車や中古車で購入する場合、必ず必要になる書類が車庫証明です!

車庫証明というのは、購入した車をどの車庫(駐車場)に駐車するのかを警察署に届け出るもので、放置自動車を減らすために設けられた制度です。

しかしこの車庫証明、販売店に手続きの代行を頼むと、約10,000〜30,000円程度かかります...。物入りなのに結構な金額です(^^;)

車庫証明は非常に簡単な手続きで取得できますので、自分でやって代行費用を浮かせましょう!

車庫証明のとり方手順

まずは以下の書類を準備します。

  • 自動車保管場所証明申請書
  • 保管場所標章交付申請書
  • 自認書又は保管場所使用許諾書
  • 保管場所の所在図、配置図

これらの書類は、警察署の交通課に直接出向いてもらうか、インターネットからダウンロードすることもできます。

次に4つの書類に記入します。

車体番号や駐車場の配置図などを記載します。車検証や自宅の駐車場の見取り図などを元に記入しますが、とても簡単です。

駐車場の配置図は、メジャーで寸法を測って手書きで簡単に書いてもいいです。私はけっこう簡単に書きましたが通りました。

駐車場を借りている場合には、駐車場の持ち主から「使用承諾書」を書いてもらう必要があります。マンションの場合は管理会社に聞きましょう!

書類を警察署に提出します。

最寄りの警察署に書類一式を提出します。訂正箇所がある場合もありますので、印鑑と車検証なども持参しておくと安心です。

申請手数料は、約2,000〜2,500円程度です。身分証明のための免許証も持参しておきましょう!

おおむね1週間程度で車庫証明の交付

書類を提出すると、警察官が申請した車庫(駐車場)に間違いはないか、実際に見に来て確認します。

問題なければ「保管場所標章のステッカー」と「自動車保管場所証明書」・「保管場所標章番号通知書」がもらえます。これで車庫証明の手続きは完了です!簡単でしょ?

この内、「自動車保管場所証明書」を販売店に渡しましょう!販売店はこれを持って、車のナンバーの交付申請に行きます。


たったこれだけの手続きで、数万円が浮かせられますので、少しでも購入費用を安くしたい方は、車庫証明は自分でとった方がお得です。

ちなみに、軽自動車でも車庫証明が必要になる地域はありますが、手順は上記手順と同じなので、知っておいて損はないと思います(^^)

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定

同カテゴリ「車購入関連情報」内の記事一覧

運営元:Freeb株式会社 お問い合わせ
当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 車の選び方・購入ガイド! Since 2011/12/27-