新車なのに「在庫車」?得する方法

「在庫車」と聞けば漠然と悪いイメージを浮かべる人もいますが、車の販売において在庫車は新車とほぼ同じ意味を持っています。

メーカーは量販タイプの車種を受注ベースではなく見込みベースで製造してストック、ディーラーからの要望に合わせて配車します。一般的な物品と同じ流通方式で、ストックしてある状態を単に在庫車と呼んでいるだけです。

したがって通常の商談では在庫車だからといって大幅な値引きは期待できません。しかし商談の誘導次第では十分な値引き額を引き出すこともできます。こちらのページでは在庫車の値引き交渉を有利に運ぶ方法を紹介します。

1.営業スタッフが在庫車を優先的に売りたがる理由

車は各メーカーの工場で製造された後、遠距離の場合は貨物船で、近距離の場合は陸送でディーラーの親会社に送られます。遠距離の場合は貨物船から下ろして港にあるモータープールに一時保管されます。

メーカーによって若干、異なりますが、保管されている車種はほとんどがボンネットやルーフに保護用シートが貼られているため品質に問題はありません。問題となるのは製造から保管されている期間です。

1-1.完成検査修了証は9ヶ月を過ぎると失効する

製造した新車が工場から出荷される時、メーカーは完成検査終了証を発行します。

これは陸運支局で行う車検と同等の検査を工場で行なっているという証明書で、新車を登録する際、陸運支局にこの証書と付帯する必要書類を持っていくだけでナンバープレートの交付、つまり登録が完了します。

ディーラーとしては手続きを簡略化できる大切な証書となりますが、この完成検査証明書は9ヶ月以内に登録しないと効力を失います。

ちなみに新車購入する際の諸費用には、検査登録手続代行料が含まれていることがありますが、9ヶ月以内の在庫車であれば書類提出で済むので、値引き交渉の余地が十分にあります。

1-2.早期納車を値引きの材料にする

新車は工場出荷後、9ヶ月を過ぎて売却する際は該当する在庫車を陸運支局に持ち込んで車検を受けなければなりません。

この手続は手間がかかるだけでなく、購入者への納車も遅くなる可能性があります。営業スタッフが在庫車を早めに売りたいのは完成検査終了証の期限が理由のひとつとなっています。

したがって「早めに納車して欲しい」と営業スタッフに告げれば営業スタッフは期限ギリギリの在庫車から選んで売却することができます。

その上で、購入対象車が在庫車であることを確認できれば、営業スタッフとの値引き交渉の材料にすることができます。

ただしボディカラーやグレードにこだわると、その車種の完成検査修了証が期限ギリギリでないこともあるので、逆に期限が迫っている車種を聞き出す方が効果的です。

2.スタンダードな車種やボディカラーを外して攻める

在庫車は見込み生産なので、売れ筋の車種、売れ筋のグレードやボディカラーから多くストックしていきます。同じ車種でもホワイトやシルバーメタリックなどの方がストックされていくわけです。

またメーカーオプション装着車はストックしておくことができないので在庫車は極端に少なくなります。在庫車を少しでも安く購入するなら、ストックされていない仕様から攻めるのも方法のひとつです。

2-1.営業スタッフが誘導したらチャンス

基本的に、どのメーカーのディーラーも在庫車から先に売っていくように指導されています。メーカーオプション装着車や特別色の車種は在庫車にないので商談における値引き交渉は在庫車よりも難しくなります。

そこで最初は在庫車にない車種を希望、営業スタッフが難色を示したり値引きを渋ったりしてきたら、少しずつ在庫車に譲歩します。

譲歩の姿勢が見えれば営業スタッフは在庫車に誘導を始めるので、それに乗じて値引き交渉を始めましょう。

最終的に「納車時期は早い方がうち(購入客)もそちら(ディーラー側)も得だよね」と言えば、営業スタッフも購入者が在庫車を求めていることが分かるので、値引きの上乗せが期待できます。

なお、ディーラーオプション車の下取りや買取価格は高くなりますが、個性的なボディカラーは中古車市場で必ず人気が出るとは限りません。下取りや買取を考慮するなら、むしろ在庫車のボディカラーの方が無難です。

2-2.展示車両を避けたいなら事前に注文を

在庫車でも避けたいのが展示車両とネガティブ在庫車です。展示車両は文字通りショールームに展示されていた車、ネガティブ在庫車とは顧客と注文書を交わした後にキャンセルされた車を主に指します。

どちらも機能的に問題はありませんが、やはり多くの人が触ったり座ったりした展示車両、登録前に問題が発生したネガティブ在庫車では新車気分が損なわれます。

事前に、営業スタッフへこれらの車種は避けるように明言しておきましょう。

これらの在庫車でも安ければ購入する、という人は営業スタッフへ単刀直入に「早く納車できる車種はある?」と切り出してください。

展示車両は一定の期間、ショールームに展示しておく必要があり、ネガティブ在庫車があることは稀ですが、それでも営業スタッフが商談を進めるようであれば通常よりも高い値引率を引き出すことが可能です。

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定
車選びコンサルティング

同カテゴリ「車購入関連情報」内の記事一覧

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2017 Freeb Inc.