車の燃費を決める要因

車の燃費を決める要因
〜 運転方法で良くも悪くもなる燃費効率 〜

ふんわりアクセルが燃費向上の秘訣!

燃費のいい運転現在の新車はアイドリングストップ機能や直噴エンジンの採用で、燃費効率が向上していますが、どれほど優秀なエンジンと軽量化されたボディを持っていても、燃費効率は運転の仕方で大きく変わります。

加速時にエンジン回転数を高くキープすれば極端に燃費が悪くなりますし、減速する時もエンジンブレーキを使わずに急停車、急減速するとアイドリングストップの働く時間が短くなり、これも燃費を悪くします。

車の燃費を決めるもっとも大きな要因は運転の仕方であるということを、覚えておきましょう!

基本はスタートとストップです。信号待ちから発進する時は緩やかにアクセルを踏み、最初の5秒で20q/hに達するくらいの速度を保つと、燃費効率が10%上がると言われています。

これは国土交通省がオブザーバーになり、日本自動車工業会や日本自動車連盟、日本損害保険協会などが集まってできた「エコドライブ普及推進協議会」から発表された資料で、この発進方法を協議会では「ふんわりアクセルeスタート」と呼んでいます。

エンジンブレーキの多用も燃費に大きく関与

ストップ時にエンジンブレーキを活用すると、2%燃費が向上するといわれています。

坂道でエンジンブレーキを使うとよく分かりますが、エンジンの回転数が加速時のように高くなります。

しかし減速時はアクセルを踏んでいないのでガソリンの供給が停止され、回転数が高くても実際はガソリンを消費していません。

車種によっては減速時の摩擦を回生エネルギーとして蓄電できる車もあるので、停止前はできるだけエンジンブレーキの使用をお勧めします。

他にも協議会では、以下のような事項で燃費効率の向上性を認めています。

  • 余裕のある車間距離やエアコンの適切使用
    ※ 走行中は加減速を少なくするため
  • タイヤの空気圧チェック
    ※ 不適正な空気圧だと最高4%も悪くなります
  • エンジンオイルの定期的な交換

しかしこれらの事項は、燃費効率の向上性というよりは車社会における基本的な運転マナーですね。

燃費効率も大切ですが、車社会は見知らぬ者同士が同じ道を走ることであり、迷惑を及ぼすこともあれば危険と感じることもあります。

自分と同乗者の安全を確保する優しい運転が、最終的には燃費効率に結びつくのです(^^)

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定
車選びコンサルティング

同カテゴリ「車購入関連情報」内の記事一覧

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2017 Freeb Inc.