車の購入見積書に書かれている用語の意味

車を購入する際には、ディーラーや中古車販売店など、販売店に出向くことが一般的です。

販売店では、営業マンからまずは「お見積り書」を提示されます。

また、わざわざお店に出向かなくても、各メーカーのホームページから、各車種で購入総額はいくらかかるのか、詳しい見積書をシミュレーションすることもできます。

購入見積書には、一般の方はなかなか聞きなれないさまざまな用語がかかれていますので、それぞれの用語の意味を、以下の表にまとめています。

用語の意味と解説

用語 意味
自動車税 自動車の排気量(cc)に応じてかかる税金です。毎年4月に課税されます。年度途中の購入の場合は、月割りで計算されます
自動車取得税 自動車購入時にかかる税金です。車両本体価格の90%×5%(軽は3%)かかります。車種によってはエコカー減税で減額又は免除されます
自動車重量税 自動車の重量に応じてかかる税金です。購入時と車検毎にかかります。車種によってはエコカー減税で減額又は免除されます
自賠責保険料 絶対加入しなければならない強制保険です
検査登録手続き代行費用 購入した車を陸運局又は軽自動車検査協会で登録するための代行手数料です
検査登録法定費用 購入した車を陸運局又は軽自動車検査協会で登録する際にかかる、必ず必要な税金などの法定費用です
車庫証明手続き代行費用 車庫証明を取得するための代行手数料です
下取車手続き代行費用 下取り車がある場合に、ナンバープレートの抹消手続きや名義変更をするための代行手数料です
下取り車査定料 下取り車を査定するための費用です
納車費用 購入した車を販売店から自宅まで届ける費用です
法定費用 登録や車庫証明などをするときの、税金など必ずかかる法定費用です。

以上が、車の購入見積書に書かれている用語の意味です。

しかしすべての用語が必ず書かれているわけではなく、販売店によっては手数料としてとっていないところもありますし、少し名前を変えて表記している場合もあります。

場合によっては、あえて購入者にわかりにくいように表記して、手数料をふんだくろうとしているケースもみられます(^^;)

いずれにせよ、もしどういった意味なのかわからない場合は、詳しく営業マンに聞いてみることが大切です!

聞いてみてきちんと説明してくれない営業マンからは、購入しない方が賢明だと思います。お店は他にもいくらでもありますから。

また、これらの費用の中に、代行手数料と書かれている項目があります。

これらの費用は代行手数料と書いているだけあって、自分でやれば節約できるものもあるため、値引き交渉の際に聞いてみるとよいでしょう!

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定
車選びコンサルティング

同カテゴリ「車購入関連情報」内の記事一覧

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2017 Freeb Inc.