車にかかる諸経費は約30万円ほど

車を購入する際には、車の車体価格を目安に購入できる車を選ぶ方が多いと思います。

車体価格というのは、オプションや諸経費などをすべて省いた、車そのものの車両本体価格のことです。

しかし車両本体価格だけを目安に購入すると、オプション代諸経費などが追加でかかりますので、予算オーバーになってしまうこともよくある話です(^^;)

そうならないために、車を購入する費用を計算する際には、車両本体価格だけでなく、オプション代や諸経費を考慮に入れておく必要があります。

以下に、新車を購入する際にかかる諸経費についてまとめています。

新車を購入する際にかかる諸経費一覧

車体以外にかかる諸経費
オプション代 カーナビやマットなど、自分で選んで車に付けるオプションのことです。つければつけるほど高くなります
自動車税 毎年4月に課税されます。年度途中で車を購入する場合は月割りとなります
自動車取得税 車両本体価格×90%×5%(軽は3%)かかります
自動車重量税 購入時と車検毎にかかります
消費税 車両本体価格や代行料などに課税されます
自賠責保険 購入時と車検毎にかかります
任意保険 加入期間に応じてかかります
納車費用 車を販売店から自宅まで届ける費用
登録代行手数料 ナンバープレートの取得を代行するための費用
車庫証明取得費用 車庫証明の取得を代行するための費用
下取り査定料 下取り車がある場合にかかることがあります
リサイクル料金 リサイクル法に伴いかかります

車を購入する際には、以上のような諸経費が車体価格に追加してかかってきます。

それぞれの項目がいくらぐらいかかるのかについては、車種ごとに様々ですので一概にはいえません。

しかし、一般的な価格帯の車腫であれば、

支払い総額=車体価格+車体価格の15〜30%

というのを、1つの目安にするといいと思います。

例えば、車体価格が300万円の車であれば、300万円以外に、45万円〜90万円かかるということです。オプション代以外の諸経費については、約30万円程度になります。

車にどれくらいオプションをつけるのか、エコカー減税は受けられるかなどによっても異なりますので、これぐらいの幅でみておくといいと思います(^^)

車選びで困ったときは
中古車という選択肢も!

車選びで「欲しい車の購入予算が足りない。」「もう少しグレードの高い車が欲しい。」などで困ったら中古車を検討してみる!ということも1つの方法です。

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!中古車販売シェアNO.1のガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

もうひと手間でさらにお得に!

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。複数の買取専門業者に査定依頼をして自分の車の本当の価値を知りましょう!

車査定
車選びコンサルティング

同カテゴリ「車購入関連情報」内の記事一覧

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2017 Freeb Inc.