ミライ(MIRAI)の評価・レビュー

写真 概要 詳細
ミライ メーカー トヨタ
車名 MIRAI
一充填走行距離 650km
エコカー減税 100%減税
< 主要スペック >
全長 全幅 全高 乗車定員
4890mm 1815mm 1535mm 4人
室内長 室内幅 室内高 使用モーター
2040mm 1465mm 1185mm 4JM
新車価格 中古車相場価格
723.6万円 ー万円

MIRAIは世界初の量産型水素燃料電池車

トヨタのMIRAIは水素を燃料にして発電を行い、モーターで走行する水素燃料電池車です。量産型セダンとしては世界初、登場から2年が経過した現段階でも他にはホンダのクラリティ フューエル セルしか販売されていません。

革新的な車種であることは間違いありませんが、現在、トヨタ側の量産体制が整っておらず、ユーザー受注から納車は2年後、燃料供給となる水素ステーションは2016年現在で100ヶ所程度と普及にはまだ時間がかかる見込みとなっています。

水素を使った駆動方式の仕組み

水素燃料で走行する仕組みは以下のようになっています。

  • Step1.水素を圧縮して水素タンクに充填する。
  • Step2.車両前方のインレットから空気を取りこむ。
  • Step3.水素と空気中の酸素をFCスタックと呼ばれる燃料電池に送り込む。
  • Step4.燃料電池で発電した電気をモーターに送って作動させる。
  • Step5.モーターの減速時に発生する回生エネルギーを補助バッテリーに蓄電する。

MIRAIは蓄電されたパワーだけで駆動することもできます。この技術はハイブリッドシステムを推進してきたトヨタだからこそ早急に実現できたといえるでしょう。

水素燃料による排出物は水だけで、ガソリン車のように CO2を排出しないことからハイブリッド車よりも地球環境にクリーンなクルマとして認められています。ちなみに水の排出量は4km走行で約240mlといわれています。

水素の安全性を高めるために開発された高圧タンク

水素と酸素を混ぜて着火させれば爆発が起こります。つまり車体から水素が漏れると空気中の酸素と混合されて爆発する危険性があります。

水素と空気の爆発する混合割合は4.1〜74.2%なので、わずかに漏れただけでも事故が起こるわけで、この知識から燃料に水素を用いることに不安を抱く人も多くいます。

MIRAIは水素を安全に扱うために特別製の高圧タンクを開発しました。

水素は金属脆化を引き起こすので素材には強化プラスチックとガラス繊維、炭素繊維が使われており、これらを3層にして通常大気圧の700倍に圧縮された水素を貯蔵しています。

トヨタらしいラグジュアリーな車内空間

MIRAIはエンジンこそ搭載していませんが、現段階では高圧水素タンク2個とFCスタック、さらにモーターと補助バッテリーによる駆動ユニットが大型のため、ユーティリティ性が低く、車内空間もけっして広いとは言えません。

しかし価格が700万円を超えるとあって車内装備はトヨタらしいラグジュアリー感を与えています。

シート地は合成皮革でウォームホワイトを標準とし、ヘッドレストや背もたれ部分をツートーンにしたブルーホワイトとブルーブラックが設定色として用意されています。

前席と後席にはすべてシートヒーターを標準装備しており、各シート別々に温度調整ができます。またステアリングにもヒーターが採用されているので、寒い冬でもすぐに手を温められます。

デジタル化が進んだインパネ回り

プリウスが登場した時のコクピットもかなり未来的でしたが、MIRAIはさらに進化、ダッシュボード中央にあるグラフィックメーターはアナログに慣れた人ではほとんど扱えないほどデジタル化しており、使いこなすまでには若干の時間と経験が必要です。

グラフィックメーターの右側には速度や水素残量、走行中の出力や回生状況を知らせるFCシステムインジケーターが表示され、左側のマルチインフォメーションディスプレイには駆動用バッテリー残量表示やFCスタックのパワーメーター、さらにチャージ状況などが表示されます。

またセンターコンソールに装着されているエアコン操作スイッチもボタン類は一切なく、フラットパネルの上をなぞって発生する静電気で空調操作を行います。

従来のガソリン車と同じ部分はステアリングとアクセル、ブレーキだけとなっており、まさにモータリゼーションの未来を先取りしているクルマといえるでしょう。

排出物ゼロの中古車を買うならリーフがオススメ!

MIRAIは2014年11月の発売ですが、2年以上経過した現在でも日本国内に販売された車数は400台強といわれているため、中古車市場では滅多に見かけることがなく、たまに見かけても価格は応相談になっています。

寿司屋の時価と同じで交渉するのも腰が引ける状態といえます。

MIRAIを中古車で購入するのは当分の間、無理です。どうしてもCO2などの有害物質排出を0にしたいクルマに乗りたいのであれば、日産の電気自動車リーフをオススメします。

充電所要時間や航続可能距離は水素燃料電池車に及びませんが、電気充電ステーションは一時に比べて格段に増えており、長距離ドライブをしても各地にあるので出先で充電切れの心配も要りません。

リーフは中古車市場に流通している車数が多くなったことから販売価格も下がり、値頃感が強くなっています。

価格のボリュームゾーンは150〜250万円で、2016年登録モデル走行距離1万km前後でも250万円、2011年登録モデルで走行距離2〜3万kmであれば130〜150万円の範囲内で購入が可能です。

中古車業界第1位の
中古車マッチング

最近の車は性能がよく壊れないので、車を購入する人の約6割もの人が、中古車を選択しています!

中古車販売シェアNO.1のガリバー では、欲しい車種を入力後、専門のコンサルが無料で非公開中古車を探してくれます。※氏名・電話番号は必ず正しいものを入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

査定業界第1位の
一括査定サイト

車選びに夢中になるばかりに古い車をそのままお店に「下取り」に出してしまうと、安く買い叩かれたり値引き額と調整されて結局損をするケースが多くなっています。

複数の買取専門業者に査定依頼をして価格を比較することが大切です!

車査定
他車種の口コミ・評判

※ 英数字 → アイウエオ順で掲載しております(^^)


【英数字】
1シリーズ 1シリーズ 2シリーズ 2シリーズ
3シリーズ 3シリーズセダン 718ケイマン 718ケイマン
86 86 911 911
A3 A3 A4アバント A4アバント
Aクラス Aクラス AD AD
bB bB BRZ BRZ
Cクラスワゴン Cクラスワゴン C-HR C-HR
CR−V CR−V CR-Z CR-Z
CT200h CT200h CX-3 CX-3
CX−5 CX−5 CX-8 CX-8
Cクラスセダン Cクラスセダン CLA CLAクラス
デイズDAYZ DAYZ(デイズ) DAYZ ROOX DAYZ ROOX
eKスペース eKスペース ekワゴン ekワゴン
e-NV200バン e-NV200バン e-NV200 e-NV200
FJクルーザー FJクルーザー GS GS
GT-R GT-R HS HS
HUSTLER HUSTLER i3 i3
iQ iQ IS IS
IS C IS C JADE JADE(ジェイド)
LS LS MRワゴン MRワゴン
N BOX N BOX N BOX+ N BOX+
N-BOXスラッシュ N-BOXスラッシュ N-ONE N-ONE
N-VAN N-VAN N-WGN N-WGN
NSX NSX NV350キャラバン NV350キャラバン
NV100クリッパー NV100クリッパー NX NX
rc RC / RC F RX RX
rx-8 RX-8 SAI SAI
S60 S60 s660 S660
SX4 S-CROSS SX4 S-CROSS ttクーペ TTクーペ
V40 V40 V90 V90
wrxS4 WRX S4 wrx-sti WRX STI
XV XV    
【ア行】
アイシス アイシス i-miev アイミーブ
アウトランダー アウトランダー アウトランダーPHEV アウトランダーPHEV
アクア アクア アクセラ(新型) アクセラ
アクセラスポーツ アクセラスポーツ アクセラセダン アクセラセダン
アクセラハイブリッド アクセラハイブリッド アクティトラック アクティトラック
アコードハイブリッド アコードハイブリッド アコードプラグインハイブリッド アコードプラグインハイブリッド
アテンザセダン アテンザセダン アテンザワゴン アテンザワゴン
アトレーワゴン アトレーワゴン アベンシス アベンシス
アリオン アリオン アルト アルト
アルトエコ アルトエコ アルトラパン アルトラパン
アルファード アルファード イグニス イグニス
イスト イスト インサイト インサイト
インプレッサG4 インプレッサG4 インプレッサスポーツ インプレッサスポーツ
ヴァンガード ヴァンガード ウィッシュ ウィッシュ
ウィングロード ウィングロード ヴィッツ(新型) ヴィッツ
ウェイク ウェイク ヴェゼル ヴェゼル
ヴェルファイア ヴェルファイア ヴォクシー(新型) ヴォクシー
エクシーガ エクシーガ エクシーガクロスオーバー7 エクシーガクロスオーバー7
エクストレイル(新型) エクストレイル(新型) エクリプスクロス エクリプスクロス
エスクァイア エスクァイア エスクード エスクード
エスティマ エスティマ エブリィ エブリィ
エリシオン エリシオン エルグランド エルグランド
オデッセイ(新型) オデッセイ オーリス オーリス
【カ行】
カイエン カイエン カムリ カムリ
カローラアクシオ カローラアクシオ カローラフィールダー カローラフィールダー
カローラルミオン カローラルミオン キャスト キャスト
キャリィ キャリィ キューブ キューブ
クラウンアスリート クラウンアスリート クラウンマジェスタ クラウンマジェスタ
クラウンロイヤル クラウンロイヤル クラリティ フューエル セル クラリティ フューエル セル
グレイス グレイス クロスビー クロスビー
golfゴルフ ゴルフ(Golf) コペン(新型) コペン
【サ行】
ザ・ビートル ザ・ビートル シエンタ シエンタ
シフォン シフォン シルフィ シルフィ
シーマ(CIMA) シーマ(CIMA) シャトル
ジムニー ジムニー ジムニーシエラ ジムニーシエラ
ジャスティ ジャスティ ジューク ジューク
スイフト スイフト スカイライン(SKYLINE) スカイライン(SKYLINE)
スカイラインクーペ スカイラインクーペ ステップワゴン ステップワゴン
ストリーム ストリーム スプラッシュ スプラッシュ
スペイド スペイド スペーシア スペーシア
スペーシアカスタムZ スペーシアカスタムZ セレナ セレナ
センチュリー(Century) センチュリー(Century) ソリオ ソリオ
【タ行】
タント タント タンク タンク
ティアナ ティアナ デリカD:2 デリカD:2
デリカD:5 デリカD:5 トレジア トレジア
トール トール デミオ
【ナ行】
ノア(新型) ノア ノート(NOTE) ノート
【ハ行】
ハイエース ハイエース ハイエースワゴン ハイエースワゴン
ハイゼットトラック ハイゼットカーゴ ハイゼットカーゴ
ハイラックス ハイラックス バネットバン バネットバン
ハリアー(新型) ハリアー パッソ パッソ
パジェロ(PAJERO) パジェロ(PAJERO) パレット パレット
バレーノ バレーノ ピクシスエポック ピクシス エポック
ピクシスジョイ ピクシス ジョイ ピクシススペース ピクシス スペース
ピクシストラック ピクシス トラック ピクシスバン ピクシス バン
ピクシスメガ ピクシス メガ ビアンテ ビアンテ
ファミリアバン ファミリアバン フィットシャトル フィットシャトル
フィット フィット フェアレディZ フェアレディZ
フォレスター フォレスター フリード フリード
フレア フレア フレアクロスオーバー フレアクロスオーバー
プリウス プリウス プリウスα プリウスα
プリウスPHV プリウスPHV プレマシー プレマシー
プレオ プレオ プレミオ プレミオ
フーガ(FUGA) フーガ(FUGA) ブーン(BOON) ブーン(BOON)
ベリーサ ベリーサ ポルテ ポルテ
ポロ ポロ(Polo) ボンゴバン ボンゴバン
【マ行】
マークX マークX マークXジオ マークXジオ
マーチ マーチ ミラ(Mira) ミラ(Mira)
ミライ(MIRAI) ミライ(MIRAI) ミラ イース ミラ イース
ミラトコット ミラトコット ミラージュ ミラージュ
ミラココア ミラココア ムーヴ ムーヴ
ムーヴキャンバス ムーヴキャンバス ムーヴコンテ ムーヴコンテ
モコ モコ    
【ヤ行】
       
【ラ行】
ライフ(Life) ライフ(Life) ラクティス ラクティス
ラッシュ ラッシュ ラティオ ラティオ
ラパンショコラ ラパンショコラ ラフェスタハイウェイスター ラフェスタハイウェイスター
ランサーエボリューション ランサーエボリューション ランドクルーザー ランドクルーザー
ランドクルーザープラド ランドクルーザープラド リーフ リーフ
ルークス ルークス ルーミー ルーミー
レガシィB4 レガシィB4 レガシィアウトバック レガシィアウトバック
レガシィツーリングワゴン レガシィツーリングワゴン レヴォーグ レヴォーグ
レジェンド レジェンド ロードスター ロードスター
ロードスターRF ロードスター RF    
【ワ行】
ワゴンR ワゴンR    

ページの1番上へ戻る

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
© 2011-2019 Freeb Inc.